ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ゲームレビュー  >  ゲームボーイアドバンス >  プレイノベル サイレントヒル (GBA)

プレイノベル サイレントヒル (GBA)

タイトル画面
・機種ゲームボーイアドバンス
・メーカーコナミ
・ジャンルノベル
・発売日2001年3月21日
・価格5,800円



■ 『サイレントヒル』をノベル化した携帯ゲーム
 プレイステーションで発売された『サイレントヒル』のシナリオを、ゲームブックとしてまとめた二次加工作品です。ゲームボーイアドバンスでありながら、冒頭で一部プレステ版のCGムービーを使用するなど、なかなか凝った造りになっています。

 主人公のハリーが恐怖の街「サイレントヒル」で体験した物語を、プレイヤーは自分で選択肢を選びながら読み解いていきます。物語の随所に分岐点が現れ、選んだ結果によって先の展開が変化していきます。プレステ版とはまったく異なる結末も用意されており、ホラー短編小説を寝転がって読むように遊ぶことができます。
 メインの「ハリー編」に加え、女性警察官の「シビル編」も収録しているところがアドバンス版の最大のセールスポイントです。ハリーが右往左往している間、彼女はいったいどこで何をしていたのか、シビル視点で『サイレントヒル』の裏側を教えてくれるファンサービスが付いています。

 1話は30分程度で終了するため、やや駆け足な文章であるという印象を受けました。テキストの量はそれほど多くはありません。名作ノベルゲーム『かまいたちの夜』(SFC)のようにドキドキしながら読めるかというと、そんな緊張感のあるシーンは少なく、恐怖もほとんど感じません。元のゲームと比較すると毒気が抜かれて淡泊なテイストになっています。
 またエンディングの分岐点が分かりにくく、前に読んだストーリーに戻ることもしばしばで、もう少しうまく作れなかったのかなと残念に思います。

 これ単独で遊ぶノベルゲームではなく、プレステ版のシナリオを補完する、プレイ済みの人を対象にしたコレクターズアイテムだと割り切れば、落胆することもないでしょう。

シェリル      選択肢

■ 物語を完全な形にするためにはダウンロードが必要
 物語の途中にあるパズルのミニゲームが、コナミ独自のアレンジでしょうか。「ただのゲームブックじゃないぞ」とここでアピールしていますね。下右画面はパズルのひとつで、3種類のビーカーを使って1単位の液体を作る謎解きです。

 エンディングはハリー編・シビル編あわせて14種類ほどあり、1つの結末にたどり着くたびに、それに関連した「デジタルトレーディングカード」が出現します。カード全32種類を集めることを目標に、分岐点をしらみつぶしに調べていくのも一興でしょう。

 ただし、このゲームは「モバイルアダプタGB」という周辺機器を使って第3のシナリオである「少年編」をダウンロードしないと、すべてのシナリオとカードを出現させることはできません。現在「少年編」をダウンロードすることは事実上不可能であり、カートリッジのみだと不完全な商品になっています。
 うむむむむ、期間限定のダウンロードが必要だったとは困った事態になりましたなぁ。「春」「夏」「秋」「冬」の4つの追加シナリオがどんな内容なのか、いまとなっては脳内で想像するしかありません(悲)。

くぱぁ      ビーカーパズル

にほんブログ村 ゲームブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ