ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ゲームレビュー  >  ファミコン >  モアイくん (FC)

モアイくん (FC)

タイトル画面
・機種ファミコン
・メーカーコナミ
・ジャンルパズル
・発売日1990年3月9日
・価格4,800円



■ プチモアイの「プッチー」たちを、救い出せ!
 『グラディウス』や『沙羅曼蛇』など、1980年代のコナミ作品に敵キャラやオブジェとしてたびたび登場していたモアイ。コナミのマスコットキャラクターといえばモアイ、過去にはそういう時代がありました。コナミゲームのBGM作曲を担当していた佐々木嘉則氏がモアイのような風貌をしていたことから、モアイをゲームキャラクターとして出すようになったそうです。どれだけモアイに似ていたのか、佐々木氏の当時の顔写真を見てみたいですね。

 みなさんご承知のように、コナミのモアイの元ネタは、チリ領イースター島にある人面石像です。イースター島の住民たちがなぜモアイ像を作ったのか、その目的は現在でも完全に解明されてはいません。Wikipediaには複数の仮説が書かれていますが、私は祖先崇拝のために建てられたという仮説を聞いたことがあります。

 最大の謎は、モアイ像を石切場からどうやって海岸近くの設置場所まで運んだのか、という点です。YouTubeでは、立たせたモアイ像に三本のロープを引っかけて、大勢の人間の力でバランスを取りながら運んでいる検証動画を見ることができます。しかしこの実験で使用されたのは現代の頑丈なロープです。モアイ像が作られた中世時代、それも絶海の孤島のイースター島にはそんな優秀な道具は存在しなかったはずです。もしタイムマシンがあればタイムトラベルしてみたいスポットの一つですね。

 本作はモアイの「モアイくん」を主人公にしたアクションパズルゲームです。1988年1月に発売された『コナミワイワイワールド』では、「モアイ・アレキサンドリア」という名前のモアイがプレイアブルキャラクターになっていましたが、ついにゲームの主人公に出世しました(拍手)。本作のモアイくんはモアイ族の勇者という設定です。

 ゲームのルールは至ってシンプル。一画面で構成されたステージ内にいるプッチー(モアイ族の子供)をすべて救助(回収)して、扉がある場所にたどり着くとステージクリアです。全56ステージと、ボリュームはまあまあ。画面の右端と左端はつながっていて行き来することができます。昔のゲームあるあるですね。

 操作方法は、十字キーで左右に移動、Aボタンでジャンプ、Bボタンで頭突きです。頭突きで敵を攻撃したり、横方向にあるブロックを破壊することができます。
 ステージにある爆弾を拾うと、Bボタン+十字キーの下で爆弾を設置できます。爆弾は足元のブロックを爆破するときに使います。爆弾はステージ内使い切りで、次のステージに持ち越すことはできません。

ステージ1      ステージ2

■ 「笑点」と「吉本新喜劇」のテーマ曲
 モアイくんのジャンプ力は低く、1マス離れた1マス高い場所までしかジャンプが届きません。最初のステージ1の構造(上左画面参照)が、モアイくんの基礎能力とこのゲームのルールを物語っています。2マス分の高さがある場所に行きたいときは、丸い岩を押して移動させ、足場を作る必要があります。どことなく『フラッピー』と『バベルの塔』の影響を感じるパズルゲームです。

 プッチーたちをすべて救助してから扉に行くことがクリア条件ですから、最後に扉に行けるようにモアイくんが進むルートを考えなければなりません。何も考えず適当にブロックを破壊したり岩を下に落としたりすると、クリア不可能になって詰みます。詰んだ場合はセレクトボタンで「自滅」します。

 序盤のステージは簡単にクリアできますが、中盤以降になるとステージの構造が複雑になり、難易度が上昇します。手順は分かったとしてもモアイくんを攻撃する敵キャラがいるため、タイミングが少し狂うとミスになる場合が出てきます。
 敵キャラは頭突きで排除できますが、一定時間が経過すると同じ場所に復活します。時間制限もあって、ゆっくりと考えさせてくれないんですよ、このパズルゲームは。自力で全ステージをクリアした人は「えらいっ」と思います。

 『モアイくん』を語る上で欠かせないことといえば、このゲームに使用されているBGM。奇数ステージは「笑点」のテーマ曲、偶数ステージは「吉本新喜劇」のテーマ曲が流れます。理由は不明です(笑)。このゲームのプロデューサーはお笑い番組が好きだったのでしょうか。
 権利関係にうるさいコナミが勝手にテレビ番組の曲を使うはずはないので、もちろんJASRACの許可を得て使用していますよ~、……よね? まあ、既存の曲を使うのはいいとして、ラスボスのスカルキングがいる最終ステージくらいはコナミオリジナルのBGMにすべきだったのではないでしょうか。ここでも「吉本新喜劇」のテーマ曲が流れるので脱力しました(笑)。

 なお、このゲームにはステージセレクトの裏技が存在します。タイトル画面でセレクトボタンと十字キーの下を押しながらスタートボタンを押すと、ステージ選択画面に切り替わります。途中のステージからゲームを再開したいときは、この便利な裏技を使いましょう!

ステージ3      ステージ4

にほんブログ村 ゲームブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ