ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ゲームレビュー  >  ゲームボーイ >  星のカービィ (GB)

星のカービィ (GB)

タイトル画面
・機種ゲームボーイ
・メーカー任天堂
・ジャンルアクション
・発売日1992年4月27日
・価格2,800円



■ ピンクで丸いカービィが初登場!
 本作はアクションゲーム『星のカービィ』シリーズの記念すべき第1作目です。『大乱闘スマッシュブラザーズ』で有名な、HAL研究所出身のゲームクリエイター桜井政博氏のデビュー作として知られています。
 『星のカービィ』シリーズは、第1作目がゲームボーイ用ソフト、第2作目の『星のカービィ 夢の泉の物語』がファミコン用ソフトです。そして第3作目の『星のカービィ2』は再びゲームボーイ用ソフトとして発売されました。『2』はシリーズ3作目なのでお間違えなく。

 主人公は子供たちに大人気のキャラクター「カービィ」。ピンク色の丸い体に大きな目と口があり、それに短い手足が生えたかわいらしい姿をしています。人間がかわいいと感じる特徴だけで形作られたような、ある種の“あざとさ”すら感じるキャラクターです。
 あまりにも子供っぽいキャラクターであるため、幼稚園児から小学生くらいまでを対象にしたキッズゲームのように感じるかもしれませんが、いやいやどうして、「見た目は大人、中身は子供」のシャザムみたいなピュアな成人でも楽しめる作品です。

 開発当初は主人公を「ポポポ」という名前にするつもりだったそうです。作品のタイトルも『星のカービィ』ではなく、『ティンクル☆ポポ』になる予定だったとか。しかし、任天堂の宮本茂氏による恒例の「ちゃぶ台返し」があり、発売直前になって作り直しに。その際、タイトルも変更されました。
 もし『ティンクル☆ポポ』のまま発売されていたら、タイトルを略したときに卑猥な響きがする「ティンポ」になりますからね。変更されて良かった(笑)。

 日本人は商品名を3文字か4文字に省略して言うのが常ですから、省略された場合に変な名前にならないか、商品開発者はチェックするのが一般的です。ソニーの「プレイステーション」も、「プレステ」と略されるのは発売前から予想されていて、「プレステ」の「ステ」が「捨て」につながるのは問題ないだろうかと議論になったそうですね。
 『ダークソウル』は略すと「ダクソ」、つまり「駄糞」になります。だから最初は『ダークリング』というタイトルにしようと考えていたのではないでしょうか。
 インターネット上では、『ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド』のことを「ブスザワ」と略す人がいますが、いや、それは普通に略すと「ブレワイ」でしょう(笑)。

吸い込み      ホバリング

■ 吾輩はカービィである。コピー能力はまだない。
 ゲームの舞台は、地球から遠く離れた小さな星にある、小さな国の「プププランド」。ある日、「デデデ山」のお城に住む「デデデ大王」がプププランドを侵略し、プププランドの食べ物と、秘宝の「きらきらぼし」を盗んでしまいました。
 そこにやって来た旅人が、勇敢な若者・カービィ。人々の苦しみを耳にしたカービィは、食べ物を取り返すためにデデデ山へ向かいました。

 プププやデデデといった奇妙なネーミングは、主人公の名前がポポポであった頃の名残ですね。デデデ大王は、赤いガウンコートを着た、巨大なペンギンのような生き物です。激安の殿堂「ドン・キホーテ」のマスコットキャラクター「ドンペン」によく似ています。
 時系列的には、ドンペンの方が先に誕生しています。するとデデデ大王はパクリキャラ……かどうかは分かりませんが、ドン・キホーテがHAL研究所を訴えたという話は聞いたことがないので、たぶん関係はないのでしょう。

 ステージ数は全部で5つ。最終ステージがデデデ大王がいるデデデ山です。アクションゲームのステージ数は7つくらいあるのが普通ですので、ボリューム的にはやや少なめと言えます。
 それでは物足りないというプレイヤーのために、HAL研究所は「2周目」を用意しています。ゲームクリア後に表示される隠しコマンドを入力すると、難易度が大幅に上昇した「エクストラモード」を遊ぶことができます。このモードのデデデ大王は大人でも苦戦するほど強いですよ~。

 本作のカービィの得意技は、敵やブロックを口から吸い込んで、それを星弾に変えて飛ばす「吸い込み」と、体を膨らませて空中に浮く「ホバリング」の2つです。
 カービィといえば、吸い込んだ敵の性質をコピーする「コピー能力」が有名ですが、初代『星のカービィ』では、コピー能力を使うことはできません。コピー能力のシステムは、第2作目の『星のカービィ 夢の泉の物語』から導入されました。ただし、アイテムに「カレー」というものがあり、それを取ると一定時間、炎を吐くことが可能です。

 『星のカービィ』のカービィには、『スーパーマリオブラザーズ』のマリオにはできないホバリングのアクションがあります。口に何も含んでいないときに十字キーの上を押すと、体が膨らんでふわふわと空中に漂います。ゲームにまだ慣れていない間は、普通のジャンプとホバリングの瞬時の切り替えが難しいと感じました。
 子供向きのゲームに見えて、意外と難しいステージ箇所がある、というのが『星のカービィ』に対する感想です。見た目のかわいらしさに騙されてはいけない(教訓)。

アイテム      ウィスピーウッズ

にほんブログ村 ゲームブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ