ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ブックレビュー  >  ゲーム攻略本 >  NINTENDO64パーフェクトカタログ

NINTENDO64パーフェクトカタログ

表紙

前田尋之『NINTENDO64パーフェクトカタログ』(ジーウォーク)

■ ×ニンテンドー64 ○ニンテンドウ64
 最近、出版スピードが加速し、次々と新刊が出ている「パーフェクトカタログ」シリーズ。その最新刊の『NINTENDO64パーフェクトカタログ』が先月末に発売された。業界初となる、ニンテンドウ64用ソフトのカタログ本である。もちろんソフトだけではなく、本体のバリエーションから周辺機器に至るまで、名機ニンテンドウ64を余すところなく紹介している。

 一般的に、ニンテンドウ64は“失敗ハード”と認識されている。これは販売元の任天堂自身も認めていることだ。日本国内で発売されたニンテンドウ64のソフト数は200本程度。スーパーファミコンのソフト数(1450本)と比べて激減している。
 ゲームの種類もアクションものやスポーツものに偏っていて、コアゲーマーが好むロールプレイングゲームやシミュレーションゲームはほとんど発売されなかった。多くのサードがニンテンドウ64ではなく、プレイステーションを選択したためである。

 ニンテンドウ64はファミコン、スーパーファミコンと同じROMカセットを採用したせいで、CD-ROMを採用したプレイステーションに容量の面で大きく水をあけられ、映像を重視するスクウェアなどの有力ソフトメーカーの離反を招いてしまった。
 その結果、ファン待望の『ファイナルファンタジーVII』と『ドラゴンクエストVII』は、プレイステーション用ソフトとして出てしまう。関ヶ原の戦いにたとえるなら、小早川秀秋のみならず宇喜多秀家も裏切ったようなもので、石田三成=任天堂は負けるべくして負けたのである。はっきり言ってしまうと、すべては社長だった山内溥氏の判断ミスが原因である。映像や音声を垂れ流すことすらできなかったニンテンドウ64は、時代のニーズを読めていなかったのだ。

 だが、ちょっと待って欲しい。ニンテンドウ64は本当にダメハードだったのだろうか? プレイディアやピピンアットマークと同列に扱っていいハードだったのだろうか?
 否!決してそんなことはない! 断じてあり得ない! ニンテンドウ64には『スーパーマリオ64』がある、『ゼルダの伝説 時のオカリナ』がある。『大乱闘スマッシュブラザーズ』もあるし、『ゴールデンアイ 007』や『不思議のダンジョン 風来のシレン2』もある。ゲーム史に燦然と輝く名作ばかりではないか!

 私が特に強調したいことは、『実況パワフルプロ野球』と3Dスティックの相性は最高ということだ。『パワプロ』シリーズは3Dスティックを抜きにしては語れない。新作は64コントローラーとセットにして売って欲しい。たとえそれがプレステ用ソフトであったとしても……

にほんブログ村 ゲームブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ