ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ゲームレビュー  >  Steam >  Firewatch (PC)

Firewatch (PC)

タイトル画面  太陽がまぶしい

■ 森林火災監視王に、おれはなる!
 『Firewatch(ファイアー・ウォッチ)』は、アメリカ・ワイオミング州の自然保護区を舞台にした、1人称視点のミステリーアドベンチャーゲームです。ロッキー山脈中部にあるイエローストーン国立公園を散策しているような気分を味わえます。
 主人公のヘンリーは、森林火災監視員に採用されたアラフォーの男性。1人称視点であるため直接ヘンリーの姿を見ることはできませんが、監視員の山小屋に飾っている自分の写真を見ると、ヒゲもじゃのたくましい容姿をしています。キャプテン・アメリカも逃亡中にヒゲを生やしていたし、アメリカでは今ヒゲづらがトレンドのようです。まあ、このゲームの時代設定は現代ではなく、1980年代ですが。

 ヘンリーにはジュリアという名前の妻がいます。ジュリアは大学の研究者でしたが、不幸なことに若年性認知症を発症。ヘンリーと一緒に生活することが困難になってしまいました。物語の冒頭でジュリアをどうするか選択肢が出てくるものの、介護施設に入れても自宅で介護しても、ジュリアと離ればなれになる結果は変わらず。一体どうすればいいのさ?

 現実逃避をするように、ヘンリーは森林火災監視員の募集に応募します。人里離れた山小屋でたった1人、四六時中火災が発生していないかを監視する過酷な仕事です。しかし、ジュリアのことで心が傷ついたヘンリーにはうってつけの仕事でした。男には孤独になりたいときがあります。家に書斎を作りたがるのもその表れです。

 森の中の山道を進み、監視塔になった山小屋に到着。部屋に入ると、監督官のデリラから無線連絡が届きます。デリラはヘンリーよりも4歳ほど年上の女性で、この仕事を10年以上続けているベテランのようです。
 デリラとはゲーム中で一度も顔を合わせることがありません。無線での会話のみで交流します。デリラはおしゃべりな女性というか、話し好きの性格みたいですね。デリラの質問には選択肢が出現します。ジョークに対してはジョークで返答するのもよし、返答しにくい質問には無視を決め込むのもよし、プレイヤーの気分次第で会話の流れを変えることができます。『Firewatch』のウリがこの会話部分です。

 日本のゲーム会社が作るゲームの主人公は、たいていが10代の少年少女です。本作のようにアラフォー世代の男女が主人公である“枯れた”ゲームはまずないと思います。大人が共感できるゲームが少ないことが、ゲームが幼稚な趣味だと見られる原因の一つではないでしょうか。ゲームの世界は映画のようにもっと多様性があっても良いはず。

監視塔の中  人影

■ 監視している者が監視されていた件
 プレイヤーは無線で話しかけてくるデリラの指示に従い、イベントをクリアすることによって物語を進めます。食物を見つけたり薪を集めたりするサバイバル要素はなく、きちんとした筋がある中篇小説のようなゲームです。エンディングに到達したときの印象をまとめると、ミステリー小説でもホラー小説でもなく、純文学小説といった内容でした。
 IGN Japanのレビュー記事で、クラベ・エスラさんが「ポール・オースターの小説を読んでいる気持ちにさせられる」と書いていますが、上手い表現だなと思いました。オースターの小説は何か劇的な事件が起きるのではなく、新しい環境の中でトラブルに巻き込まれる話が多いんですよね。

 仕事開始1日目、「湖の近くで花火を打ち上げている馬鹿野郎がいる」との連絡を受けて、ヘンリーは花火を止めさせに行きます。「どうせウェーイ系の大学生か田舎のマイルドヤンキーの仕業だろう。あーしんど」と思いながら、現場に急行してみると、犯人は2人組の不良少女。花火に飽きたのか、すっぽんぽんになって湖の中ではしゃいでいます。少女たちに注意すると、「キモい」だの「ウザい」だの「クサい」だのと言って逆ギレ。やれやれ、僕は射精した。

 この珍事件を皮切りにして、ヘンリーの周辺ではおかしなことが発生するようになります。監視塔の窓ガラスを割られて室内が荒らされたり、電話線を切られたり、少女たちの嫌がらせにしては度を越しているように感じます。夜に懐中電灯を持った不審人物も目撃します。
 デリラからの情報によると、あの少女たちは行方不明になって自宅に戻っていないとのこと。「やべえ。レイクサイドで騒いでいる若い女性ほど、ジェイソンを苛立たせる者はいないからな。まさかあの不審人物が……」とぞわぞわする展開に。

 するとデリラはとんでもないことを告白します。「本部には少女たちを目撃していないと報告した」と言うのです。――「アホか、このアル中ババアwww 真実を伝えろやwww 俺が少女たちを襲って殺したように思われるやろwww 無実の罪で死刑にされちゃうwwwww」

 ヘンリーはデリラとの無線通信を盗聴している謎の人物を探すために、金網で封鎖された地域に侵入。発見したテントの中を捜索しているときが恐怖のピークでした。「これ、ゾディアック風の覆面をした男が背後から近づいてきているよねw」とビビって、後ろを何度も振り返りましたよ(笑)。
 前述したように、本作はあくまでも純文学風のシナリオであるため、ネタばらしの部分は拍子抜けしたというか、プレイヤーが驚愕するような結末ではありませんでした。クリアまでのプレイ時間は正味4時間くらいで、定価だと高いと感じるかも。割引セールで500円程度で買えるなら十分オススメできます。

地図を片手に  夕日

にほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2019/02/17 22:00 ] ゲームレビュー Steam | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ