ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ブックレビュー  >  新書・文庫 >  カササギ殺人事件

カササギ殺人事件

表紙表紙

アンソニー・ホロヴィッツ『カササギ殺人事件〈上〉』(創元推理文庫)
アンソニー・ホロヴィッツ『カササギ殺人事件〈下〉』(創元推理文庫)

■ ミステリー小説は、21世紀になっても進化する
 日本では毎年、宝島社が発行するムック本『このミステリーがすごい!』や『週刊文春』誌上の「ミステリーベスト10」コーナーなどで、その年に刊行されたミステリー小説のランキングが発表される。

 私はその中から自分の好み(本格物)に合うような作品を数冊選んで読んでいるのだが、ランキング上位の作品がすべて面白いと感じるわけではない。半数ほどの作品は、期待外れに終わってしまう。本格物を謳っているのにサスペンス色が強すぎたりすると、斜め読みに移行して、頭の中に内容が入ってこない。同業者や評論家の“絶賛の声”に騙されたと苦々しく思うことも多々ある。――「クソッ! こんな駄文に金を払うくらいなら、鰻丼でも食べに行った方がマシだったわ!」と、もちろんこんな下品なことを叫んだりはしないが、心にはモヤモヤとした感情が広がる。

 やたら面白いと評判になっていた『カササギ殺人事件』を書店で手に取る。紹介文には、「巨匠クリスティへの愛に満ちた完璧なオマージュ作品!」と書かれている。
 アガサ・クリスティ大好き人間の自分としてはすごく惹かれる……、でも上下巻あるし、騙されたときのダメージは大きい……、そんな期待と不安が入り交じった気持ちで、上巻をちびちびと読み進め、下巻に入ってからページをめくる指が止まらなくなり一気に読了。――本物の大傑作だった。

 エラリー・クイーンの『Yの悲劇』のような、死んだ人間が書き残した物語に犯人を特定する鍵がある、という筋書きは、ミステリーの世界では特に珍しくないが、小説内で抜粋という形で呈示される場合がほとんどである。本書のように長編を丸々一冊分載せるのは前例がなかったと思う。その小説内小説が傑作というなら尚更だ。
 小説内小説の『カササギ殺人事件』(上巻)だけでも、アガサ・クリスティの代表作を読んでいるような満足感に包まれる。『カササギ殺人事件』の結末部分を探す現実世界の物語(下巻)にも驚かされた。今後、オールタイムベスト100にリストアップされる可能性が高い作品であろう。

にほんブログ村 ゲームブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ