ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ブックレビュー  >  文学・評論 >  江戸川乱歩と横溝正史

江戸川乱歩と横溝正史

表紙   表紙

中川右介『江戸川乱歩と横溝正史』(集英社)
内田隆三『乱歩と正史 人はなぜ死の夢を見るのか』(講談社選書メチエ)

■ お互いを意識し合った作家人生
 戦前から戦後の長い期間にわたり、日本のミステリー界を牽引した江戸川乱歩と横溝正史。今回は乱歩と正史の二大巨匠に焦点を当てた書籍を2冊紹介したい。

 1冊目は中川右介氏の『江戸川乱歩と横溝正史』。本書は二人の経歴と交友を詳細に書き表した評伝である。膨大な文献資料から事実と確認できるものをまとめている。乱歩は戦前に活躍した作家、正史は戦後に花開いた作家という漠然としたイメージがあったが、本書によって考え方を大きく改めることになった。
 戦前、雑誌の編集者と作家の二足の草鞋を履いていた正史は、筆の進みが遅い乱歩を励ましながら様々な名作を書かせた。戦後、評論活動に軸足を移した乱歩は、療養明けの正史をサポートし、偉大な「金田一耕助」シリーズが生まれるきっかけを作った。利己主義の傾向が強い作家が多いなか、こうした二人の関係性は特に珍しいと思う。

 同時進行で二人の作家人生をたどっていくと、乱歩と正史はお互いを支え合いながら良い作品を生み出そうと切磋琢磨していたことが読み取れる。「金田一耕助」シリーズの第1作目の『本陣殺人事件』について、乱歩はいくつか不満を漏らしているが、こうした批判を糧にして正史は『獄門島』や『八つ墓村』などの傑作を書いたのであろう。
 正史がいなければ乱歩は存在せず、乱歩がいなければ正史は存在しなかった。二人は親友であり、好敵手でもあったのだ。

 2冊目は内田隆三氏の『乱歩と正史 人はなぜ死の夢を見るのか』。こちらは乱歩と正史の作品を、社会風俗の観点から掘り下げた評論である。どちらかと言えば乱歩作品の分析に重点を置いている。
 乱歩の『屋根裏の散歩者』は、鍵が掛けられるアパートの個室が天井裏ではつながっているという日本家屋の構造的欠陥なしには成立しない作品であった。正史の『獄門島』については、家庭という意味での「家の悲劇」を寓話的に写し取っていると解釈する。

 乱歩の『陰獣』には自分自身をモデルにした大江春泥という探偵小説作家が登場するが、このことにより読者は大江=乱歩、つまり大江は男性であるという先入観を持つ。これは後に乱歩が「トリック外トリック」と呼んだメタ・トリックの手法であった。
 また、乱歩の最高傑作と目されている幻想小説の『押絵と旅する男』の分析では、三つの物語世界が入れ子構造をなしていることに着目し、語り手の不安定さを浮き彫りにしていく。いずれも興味深い論考であり、読書欲を刺激された。

にほんブログ村 ゲームブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ