ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ゲームレビュー  >  ゲームキューブ >  天外魔境II MANJI MARU (GC)

天外魔境II MANJI MARU (GC)

タイトル画面
・機種ゲームキューブ
・メーカーハドソン
・ジャンルロールプレイング
・発売日2003年9月25日
・価格4,980円



■ PCエンジンの代表作をリメイク!
 1992年3月に発売された『天外魔境II 卍MARU』は、PCエンジン スーパーCD-ROM2の性能をフルに活かした規格外のRPGでした。アニメーションの演出を大胆に取り入れた『天外魔境II』は、ビジュアル面で他機種のRPGを圧倒。ドット絵で描かれた大きなキャラクターが動くわ喋るわで、「超豪華な作品だな~」と嘆息した思い出があります。まあ、私はPCエンジンを買わなかった、というか買えなかったので、指をくわえて見ているしかなかったのですが。
 同年の9月に発売されたスーパーファミコンの『ドラゴンクエストV』は、グラフィックにもうひと頑張りが欲しい作品でしたから、『天外魔境II』に対する強い憧憬はそのあたりから来ていると思います。

 PCエンジンの不朽の名作として名高い『天外魔境II』ですが、ゲーム雑誌『ファミコン通信』のクロスレビューでは、「9・6・9・8」の合計32点という微妙な評価に留まっています。オール9以上でも誰も文句は言わなかったと思いますけどね。
 6点の辛口レビューを書いた編集者はアルツ鈴木氏。アルツ鈴木氏は『真・女神転生』や『ファイナルファンタジーV』には9点を付けているので、特にRPGが嫌いというわけではなさそうですが……。

 PCエンジン版『天外魔境II』の売り上げ本数は、20万本弱と推定されています。50万本以上売り上げたという話は誇張だったようです。CD-ROM機のスーパーCD-ROM2は他のゲーム機と比べると高価で、持っている人が少なかったのでしょう。膨大な制作費を考えると、PCエンジン版『天外魔境II』の売り上げだけでは赤字だったのかもしれません。

 PCエンジンのソフトはアーケードゲームやパソコンゲームの移植作品が多く、コアゲーマーにとっては非常に魅力的なゲーム機でした。しかしPCエンジン本体とスーパーCD-ROM2のセット価格は、24,800円+47,800円=72,600円。一体型のPCエンジンDuoはバラで買うよりもお得ですが、それでも59,800円もしました。ファミリー層が気軽に買えるゲーム機ではなかったのです。

暗黒ラン      カブキ団十郎

■ 成長スピードが1.5倍に!
 本作の冒険の舞台は、日本のようで日本ではない架空の国「ジパング」。主人公が属する「火の一族」は、悪の集団である「根の一族」と昔から戦っているという設定です。簡単に言うと「火属性」と「土属性」の勢力争いみたいなものでしょうか。
 現在『天外魔境II』は複数のゲーム機で遊ぶことができます。DS版、PSP版(『天外魔境コレクション』に収録)、ゲームアーカイブスのDL版は、残虐描写が一部マイルドに修正されている点を除き、PCエンジン版をほぼそのままの形で移植したものです。

 GC版とPS2版は、町やフィールドのグラフィック表現をポリゴンによって3D化したリメイク作品です。ドット絵を動かしていたイベントシーンのアニメーションは、CGアニメのムービーに変更されました。
 私としてはPCエンジン版のドット絵アニメーションの方が好きなのですが、細密化されたCGアニメの方が好きという人もいるでしょう。見た目の変化については人によって評価が異なると思います。

 GC版(及びPS2版)『天外魔境II』の一番の問題点は、ゲームバランスの改悪ですね。戦闘で獲得できる経験値とお金をオリジナル版の1.5倍にしたため、絶妙だったゲームバランスが大きく崩れてしまいました。
 このゲームではレベルアップ時に体力が完全回復します。「レベルがどんどん上昇するため宿屋に戻る必要がない」と言えば本作のおかしさを理解してもらえるでしょうか。初見プレイであちこち見て回りながらボス戦へと進むと、自キャラは適正レベルの1.5倍に成長しています。強いボスをあっさり倒せて嬉しいのやら悲しいのやら。経験値1.5倍の特盛りはさすがに過剰サービスだったと思いますよ。

 その一方で、町やダンジョンで高速移動できる「ダッシュ機能」が搭載されたり、戦闘シーンでザコキャラも動くようになったり、確実に改良だと思える点もいくつかあります。
 オリジナル版にこだわりがなく、ストーリーを重点的に楽しみたいという人なら、リメイク版を遊んでみてもいいのではないでしょうか。基本的に良質のRPGであることは間違いないですからね。

弁天塔      死神将軍

にほんブログ村 ゲームブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ