ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ゲームレビュー  >  Wii U >  ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド (Wii U)

ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド (Wii U)

タイトル画面
・機種Wii U
・メーカー任天堂
・ジャンルアドベンチャー
・発売日2017年3月3日
・価格6,980円



■ ゼルダの伝説を超えるのは、ゼルダの伝説だけ!
 任天堂の新型ゲームNintendo Switchのロンチタイトルであり、旧型ゲーム機Wii Uの最後のソフトになった『ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド』(以下『BotW』)。
 ゲームファンのみなさん、楽しんでプレイしているでしょうか? 「凄い!」の一言で表現するのは簡単ですが、私はそれ以外に上手い言葉が浮かんできません。いやはや、久しぶりに凄いゲームに出会いましたよ。

 本来なら性能が高いNintendo Switch版の『BotW』をレビューすべきだと思いますが、Wii Uのラストを飾るという意味で、Wii U版の『BotW』を選びました(本作がWii U最後のソフトになるというのは、NOAのレジー氏の発言がソースであり、これ以降に発売される作品がまだあるかもしれません)。
 う~ん、それにしても、Wii Uは予想以上に短命なゲーム機でしたね……。私自身は『スーパーマリオメーカー』1本だけでも十分元が取れるハードだと認めていますけど、海外では『GTA』、『CoD』、『FIFA』などの有力タイトルが移植されないと、ハード事業は軌道に乗らないんですよ。あれ?Wii Uの初期ソフトには『CoD』と『FIFA』があったのに、おっかしいなぁ(すっとぼけ)。

 私が購入したのはディスク版の『BotW』です。現物に拘らないユーザーの人は、ダウンロード版を選んだ方がいいと思います。ディスク版はデータ読み込み時のディスクドライブ音が大きくて、本体が壊れないか不安になります。

 ゲームの進行状況はまだまだ序盤の段階です。上からラネール地方、ハテール地方、フィローネ地方のマップをオープンにして、水の神獣「ヴァ・ルッタ」のイベントをやっと終えたところです。解放したマップはワールド全体の4分の1程度で、まったく底が見えてきませんね。まだ行っていない山や谷や森がたくさんあり、すべてを観光するだけでも長い時間がかかりそうです。

 プロデューサーの青沼氏は、広大なフィールドを冒険する本作のコンセプトを、「オープンエアー」と呼んでいます。頭の固い私は、「わざわざ新しい用語を作らなくても、従来の“オープルワールド”でええやん。何か問題でもあるの?」と考えていました。
 しかし本作の肝である「パラセール(小型ハンググライダー)」を手に入れて、「始まりの台地」から外の世界へ飛び出すと、「ああ、なるほど。“エアー”とはそういう意味だったのか!」と、池上彰のニュース番組のように理解しました。

 空中を縦横無尽に滑空するときに感じる「風の流れ」は、今までのオープンワールド系ゲームでは味わうことができなかった新しい体験でした。遠くを見渡せる高台から飛び立ち、鳥のように地上へふわりと舞い降りる気持ち良さは格別です。

 本作の主人公リンクは、木や崖を(スタミナの許す限り)自由に登ることができます。雨が降ると手が滑りやすくなるのも実にリアル。『BotW』のように“ロッククライミング”の面白さと難しさを再現したオープンワールド系のゲームは、ほとんど例がなかったのではないでしょうか。

焚き火  女神像

■ アップデートで「収納庫」を追加してほしい
 『BotW』の総評を述べると、細かな不満点はいくつかあるものの、全体的な完成度という面から見て『スカイリム』を超えた「神ゲー」だと感じました。『BotW』と肩を並べるオープンワールド系の作品は、現時点では『ウィッチャー3』を含めて2本くらいしかないですね。まだ最後までクリアしていませんが、本作が『ゼルダの伝説』シリーズの最高傑作であるという判断は変わらないと思います。おそらく100人中98人は私と同意見でしょう。

 「今日はハテノ村から少し離れたこの森一帯を探索しよう!」とプレイを開始して、キノコや野草を採取して、シカやイノシシを狩って、コログ(森の精霊)がいるか探し回って、ライティングに凝った写真を撮っていると、あっという間に1時間が経過しているという恐ろしさw  「ハイラルの森は生きているんだなぁ~」(C・W・ニコル並感)

 公正を期すため、細かな不満点も少し書いておきましょうか。
その1 ユニーク武器を保存しておく収納庫がない
 ワールドマップの東に位置するハテノ村では、3000ルピーを支払うことで自宅を購入することができます。しかしそこには装備品をストックしておく「収納庫」がありません。「飾り棚」を追加で買うことはできますが、武器・弓・盾それぞれ3つまでで、倉庫と呼べるものではないです。
 イベントでもらったユニーク武器や魔力が秘められた属性武器は、いざという時まで保存しておきたい、と考えるのは人間の性です。自宅の階段下の空いたスペースに、アップデートで収納庫を追加していただけると有り難いのですが。

その2 自由なキーコンフィグができない
 コントローラーのキー設定は、Rが武器投げ、ZRが弓構え、Lがアイテム使用、ZLが盾構えになっています。このキー設定だと、激しい戦闘中に誤爆しやすいんですよ(弓矢で敵を狙おうとして、武器を投げるモーションになったり、盾を構えようとして、アイテム発動モーションになったり)。
 オプションではジャンプ(Xボタン)とダッシュ(Bボタン)を入れ替えることしかできない(他にできることはカメラ操作の変更)ので慣れるまで大変ですね。というか、このキー設定は本当にベストなのかな?

その3 大規模なダンジョンが少ない
 本作で「大型ダンジョン」と言えるものは、四体の神獣(の体内)とハイラル城だけというのは寂しいですね。ミニパズルの祠が120個あるよりも、神殿のような本格的なダンジョンが10個くらいあった方が、ユーザーの満足度は高かったと思います。

その4 ジャイロ機能を用いた一部の仕掛け・ギミックがク○ゲー
 こんな じゃいろに まじに なっちゃって どうするの 完

 さてさて、一ユーザーのしょうもない愚痴を書き連ねてしまいましたが、『BotW』は今年の夏と冬の2回に分けて、ダウンロードコンテンツが配信される予定です。つまりフリーザ様のようにパワーアップする「変身」をあと2回も残しているのです。
 国民よ待て!不満を期待に変えて、待てよ!国民よ!

始まりの塔  ハイラル王

にほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2017/03/15 22:00 ] ゲームレビュー Wii U | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ