ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ブックレビュー  >  新書・文庫 >  世界はなぜ「ある」のか?

世界はなぜ「ある」のか?

表紙

ジム・ホルト『世界はなぜ「ある」のか? 「究極のなぜ?」を追う哲学の旅』(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

■ 人類は「存在」の謎を解けるのか?
 17世紀末、ライプニッツによって定式化された哲学上の難問――「なぜ世界は存在するのか?」は、のちの時代の哲学者たちを悩まし続けてきた。ある者は「神」が根本原因だと説き、ある者は人間の理性が答えられる問題ではないから議論しても無駄だと考え、またある者は問いそのものが「無意味」だと一蹴する。この難問について明確に答えられた人間は、今までに一人もいない。

 私たちが住む地球には様々な物質があり、私たちの太陽系がある天の川銀河には1000億から2000億個の恒星があり、観測可能な宇宙には同じような銀河が2兆個もあるという。「なぜこのような宇宙が存在しているのだろうか?」と生まれてから一度も疑問に思わない人間はいないだろう。
 最もシンプルな常態は「何もない」、つまり「無」であるはずだ。しかしこの世界はそれに反して、銀河や恒星や人類が存在し得るように、まるで神がかり的な物理定数を持った宇宙として存在している。「なぜ何もないのではなく、何かがあるのか?」――哲学者であり作家のジム・ホルトは、本書でこの究極の問いに挑んでいる。

 ホルト氏は本書を執筆するために、数多くの知識人にインタビューを行っている。哲学者のアドルフ・グリュンバウム、リチャード・スウィンバーン、ジョン・レスリー、デレク・パーフィット、物理学者のデイヴィッド・ドイッチュ、スティーブン・ワインバーグ、ロジャー・ペンローズ、作家のジョン・アップダイクと実に豪華な顔ぶれだ。
 彼らと対話を重ねながら、ホルト氏は「手紙による幕間 証明」のなかで、世界が存在している理由を、「論理的」に導き出す。「論理的」とは一体どういう意味なのか、それは実際に本書を読んで確かめて欲しい。おそらくホルト氏本人はこの答えに満足してはいないのではないか、と感じた。

 癌になった飼い犬を安楽死させたエピソードが途中で挿入され、最後の章で同じく癌になった母親を看取ったエピソードが語られる。多くの人がそうであるように、存在の謎を考えるきっかけとなるのは、身近な者の死である。
 私の祖父や祖母はもう亡くなってしまったが、世界は祖父や祖母が生きていたときと同じように存在している。それならば私が死んだとしても、世界は同じように存在しているに違いない。できることなら世界の実在性を外部から確認してみたいものである。

にほんブログ村 ゲームブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ