ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ブックレビュー  >  アート・建築・デザイン >  ピカソになりきった男

ピカソになりきった男

表紙

ギィ・リブ『ピカソになりきった男』(キノブックス)

■ その朝、俺はピカソだった
 『週刊文春』の読書日記コーナーで、作家の池澤夏樹氏が紹介していた一冊。池澤氏は知人から今年いちばん面白かった本だと勧められたそうだが、確かに強く惹き付けられる内容だった。
 著者のギィ・リブは30年にわたり有名画家の贋作を制作していたフランス人で、本書は自身の数奇な半生を綴った自伝である。彼は贋作を売った罪で2005年に逮捕され、2010年に禁固4年、執行猶予3年の身となった。この事件は以前インターネットのニュースサイトで見た記憶がある。

 贋作というと、普通は他人の絵をそっくりに模写したものか、一部を改変したものだと思うかもしれないが、ギィが描いていた絵は巨匠の手法を真似た「~風」絵画である。
 たとえば、ピカソがある場所で10枚の絵を描いたという事実があるなら、ピカソが11枚目に描いたであろう絵を想像して描くのである。出来上がった絵画は、ピカソの絵によく似たギィのオリジナル作品である。

 ギィのとてつもない才能とは、ピカソ、シャガール、マティス、藤田嗣治など、何人もの画家の絵を描き分けることができることだ。贋作仲間の依頼に応じて、大量の偽絵画を生産していた手際の良さには惚れ惚れするほどである。画材も年代ものに拘り、画材店を探し回っている。一流の贋作師とは努力を欠かさないものだなと変な意味で感心してしまった。

 彼は正式な美術の教育を受けていない。ほぼ独学で巨匠のレベルに到達しているというのだから驚きである。ピエール・ルメートルのミステリー小説『悲しみのイレーヌ』のなかに、「フランス人の半分は作家のなりそこないで、残りの半分は画家のなりそこない」というユニークな表現があったが、フランス人のDNAには芸術家の血が流れているのだろう。

 ギィの天賦の才を見抜いて贋作を描くように促した画商たちとの交流や、贋作を売りさばいた金で放蕩三昧の日々を過ごした話は、そのまま映画やドラマの脚本になりそうな面白さである。
 彼が描いた絵はインターネットで数点確認できる。「贋作」という先入観を持って見ると、やはり本物には見えない。しかし鑑定書や証明書付きで「本物ですよ」と画商から見せられたら、はたして人は贋作だと看破することができるだろうか?

にほんブログ村 ゲームブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ