ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ゲームレビュー  >  スーパーファミコン >  メタルマックス2 (SFC)

メタルマックス2 (SFC)

タイトル画面
・機種スーパーファミコン
・メーカーデータイースト
・ジャンルロールプレイング
・発売日1993年3月5日
・価格9,500円



■ 戦車と犬と人間のRPG
 ファミコンの後継機として登場したスーパーファミコンは、ロールプレイングゲーム(RPG)に特化したハードと言われるほど、RPGソフトの百花繚乱を生み出しました。
 スーファミの三大RPGシリーズ(『ドラゴンクエスト』シリーズ、『ファイナルファンタジー』シリーズ、『真・女神転生』シリーズ)の他に、『ウィザードリィ』シリーズ、『イース』シリーズ、『ロマンシング・サガ』シリーズ、『聖剣伝説』シリーズ、『ブレス・オブ・ファイア』シリーズ、『ヘラクレスの栄光』シリーズなど様々な種類があり、それ以外にも『クロノ・トリガー』、『MOTHER2』、『スーパーマリオRPG』といった時代を超える名作が存在しています。

 スーファミのRPGの中で最も優れた作品は何か?という質問に対しては、『ドラゴンクエストV』や『ファイナルファンタジーV』のタイトルを挙げる人が多いかもしれません。まあ、無難な選択だとは思いますが、全く面白味がない回答ですね。あなたが知っている名作映画は?と訊かれて、『ショーシャンクの空に』と答えるくらい面白味がない。「にわかゲームファン」と思われても仕方がないですよ。

 それでは、何と答えたら「真のRPG通」と一目置かれる人間になれるのか、(いや、別にRPG通とか思われたくないからという声は無視して)……フフフ、その答えはこの記事のトップに出ているじゃないですか。「この『メタルマックス2』こそが至高であり、スーファミのNO.1ロールプレイングゲームである」――ちょっと大胆すぎる主張ですかね? でも、実際にエンディングまでプレイすれば、私の主張があながち誇張ではないことを実感できると思います。販売本数では『ドラゴンクエストV』や『ファイナルファンタジーV』に大きく水をあけられているものの、ユーザーの満足度では決して負けてはいません。

 本作は、乗り物の戦車を改造しながら世界を冒険する『メタルマックス』シリーズの第2弾です。ファミコンからスーパーファミコンにプラットフォームが移り、グラフィックやサウンドが大幅に強化されました。
 グラフィックについては――使える色数が増えて当然だと思いますが――画面全体が明るくなりました。暗いストーリーとは対照的な鮮やかさです。戦闘モードの背景も、初代『メタルマックス』では真っ暗だったのが、『メタルマックス2』では色付きの絵に進化。ボス戦で流れる戦闘曲「お尋ね者との戦い」を聴き比べれば、サウンドの進化もハッキリと分かります。音の厚みが全然違いますね。

最期のお別れ      WANTED

■ 宿敵テッド・ブロイラーとの死闘!
 ストーリーの冒頭、主人公の母親代わりだったマリアと用心棒の仲間たちは、テッド・ブロイラー率いる武装集団「バイアス・グラップラー」に戦いを挑み、全員が殺されてしまいます。グラップラー四天王の1人であるテッド・ブロイラーの驚異的なパワーと残虐性! なんとも憎たらしい敵キャラではないですか。プレイヤーは「こいつだけは絶対に倒さなきゃ」と使命感に燃えることでしょう。

 テッド・ブロイラーとの戦闘で瀕死の重傷を負った主人公は、村人たちに助けられて奇跡的に回復します。主人公の冒険の目的はマリアを殺したテッド・ブロイラーに復讐すること、そのおまけにグラップラー総統のバイアス・ブラドを倒すこと、です。あまりにもテッド・ブロイラーのインパクトが強すぎて、その他のボスキャラの影が薄くなってしまいました(笑)。なお、テッド・ブロイラーの「テッド」を「デッド」と間違える人が多いようなので、注意が必要だと思います。

 シナリオを進めていくと、男性メカニックと女性ソルジャー、そして戦闘犬のポチが仲間になります。『メタルマックス2』は初代『メタルマックス』よりも1人多い「4人パーティ制」です。犬が人間と同じパーティの仲間になるという設定は非常に面白いですね。
 犬だけは戦車に乗ることはできず、また戦闘時の行動も直接命令することはできませんが、人間以上の高い攻撃力と守備力を持った頼もしい仲間です。本作以降、『メタルマックス』シリーズはパーティにペットが加わることがお約束となり、「戦車と犬と人間のRPG」と呼ばれるようになりました。

 戦車に乗らなくても強いというポチのありがたみをしみじみと感じたのが、ゲーム終盤で実現するテッド・ブロイラーとの復讐戦。この戦闘はなんと戦車なしで戦わなければならないのです。
 「3人+1匹 対 1人なら戦車に乗らなくても勝てるんじゃないの? こっちは経験値を積んでレベルアップしているわけだし」と甘く見たプレイヤーの心をへし折る、テッド・ブロイラーの強烈な火炎放射攻撃! 常軌を逸した強さに悶絶。ここは戦車ありでも十分ゲームバランスが取れていますよ(笑)。

 『メタルマックス2』は戦闘モードをAからDの4つに切り替えられます。デフォルト設定の「モードB」はいわゆる『ファイナルファンタジー』タイプ。各キャラクターが順番に攻撃してアニメーションとメッセージが表示される仕組みです。いちばん派手で処理速度が速いのは「モードD」。一斉攻撃アニメーションでメッセージ表示なしという豪快さ。レベル上げのときに最適なモードですね。

 一癖も二癖もある賞金首との熱いバトル、フィールドに埋められたアイテム探し、デスクルスの「ドラム缶押しイベント」など、『メタルマックス2』の魅力は語り尽くせぬほど多いです。硬派な世界観に彩られたやり込み要素たっぷりの『メタルマックス2』。メジャー作品だけがRPGじゃないですよ!

テッドブロイラー      生き残り

にほんブログ村 ゲームブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ