ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ゲームレビュー  >  ファミコン >  メタルマックス (FC)

メタルマックス (FC)

タイトル画面
・機種ファミコン
・メーカーデータイースト
・ジャンルロールプレイング
・発売日1991年5月24日
・価格7,800円



■ 戦車と人間のRPG
 今は亡き椎茸栽培会社データイーストから発売された近未来RPG『メタルマックス』(FC)。バイオレンスアクション映画『マッドマックス2』の世界観をベースにした、クルマと呼ばれる戦車が主役のゲームです。

 テレビCMのキャッチコピーは「竜退治はもう飽きた!」。ここでいう「竜退治」とは文字通りの意味ではなく、『指輪物語』などの西洋ファンタジーに影響を受けたロールプレイングゲーム(RPG)のことを指します。ファミコンの代表的なRPG『ドラゴンクエスト』もそのひとつですね。
 毎日毎日僕らは鉄板のファンタジー系RPGで遊んでいますが、たまには変わり種のRPGで遊んでみたくなるのが人情です。それはゲームを開発する側も同じこと。剣と魔法のRPGじゃあまりに平凡じゃないですか。

 『ドラゴンクエスト』の元ネタである『Wizardry』や『Ultima』は、ファンタジーの世界にどっぷりハマれる作品です。でも日本人が同じようなゲームを作ったところで、悲しいかな、亜流ゲームにしかなりません。ゲームの世界を司る西洋文化が、元々日本には存在しないからです。
 魔法だとか、妖精だとか、錬金術だとか、ファンタジーにありがちな要素はすべてが西洋起源のもの。「わしらどん百姓が南蛮の鎧を着て竜退治だあ? 馬鹿こくでねぇ!」――勇者になりたいなんて言ったら、父ちゃんに叱られちゃいますよ。

 洋風がダメなら和風にすればいいじゃない、という食べ物的(?)な発想から、ファミコン中期になると和テイストのRPGが登場。ハドソンの『桃太郎伝説』、ケムコの『真田十勇士』、SNKの『里見八犬伝』、ジャレコの『じゃじゃ丸忍法帳』と、RPGの世界を拡張する動きがこの時期に見られました。
 これらの作品は一定の成功を収めたものの、『ドラゴンクエスト』シリーズや『ファイナルファンタジー』シリーズの人気には及ばず、ファミコンユーザーの間では「異色のRPG」という扱われ方に終始していたと思います。

 1989年7月に発売された任天堂の『MOTHER』は、真の意味で斬新なRPG作品だったのではないでしょうか。現代のアメリカを舞台にした『MOTHER』は、いわゆる神話や昔話由来の伝統的なモンスターが出てこなくても、RPGとして成立することを証明しました。
 ストーリーの時代も過去にこだわる必要はなく、現代であっても未来であってもいい、つまり敵キャラと戦って自キャラを成長させる内容であれば、どんなRPGでも作ることが可能ということです。

 こうしたRPGの進化を経て誕生した作品が、この『メタルマックス』です。『メタルマックス』シリーズの生みの親である“ミヤ王”こと宮岡寛氏は、『ドラゴンクエスト』シリーズとは全く異なる世界観のRPGを提案。戦車に乗って敵キャラと戦うユニークな作品に仕上げました。

とうちゃん      WANTED

■ 戦車の煙って、男のコだよな
 『メタルマックス』の主人公は、リオラドの修理屋の息子で、「モンスターハンター」に憧れている少年。ある日、少年は父ちゃんに自分の夢を語ります。ところが「なにっ!! モンスターハンターになりたいだとっ! それはカプコンのゲームだろっ! いい加減にしろ!!」と父ちゃんに怒鳴られ、家の外に叩き出されてしまいます。
 この荒廃した世界で生きていくためには、生活の足であるクルマ=戦車が絶対に必要です。「リオラドの南にある洞穴に戦車が埋まっている」という噂を聞いた主人公は、戦車を探す冒険の旅に出かけます。

 戦車を手に入れたら北方面へ移動。イベントを進めていくと、メカニックの「いじる」と、ソルジャーの「アンヌ」が仲間になります。本作は『ドラゴンクエストII』と同じ3人パーティ制です。

 『メタルマックス』最大の特徴は、人間のキャラクター+戦車の「ダブルユニット」を採用している点です。従来のRPG作品だと、乗り物はあくまでも移動用であり、乗り物自体に攻撃力や耐久力を設定していることはまずありませんでした。
 本作では、人間の体力(HP)と戦車の耐久力(SP)が別々になっていて、戦車が完全に破壊されない限り、人間にはダメージが届かない仕組みになっています。戦車は人間を守る「鎧」であると同時に、強力な大砲を積んだ「兵器」でもあるのです。こういう画期的なシステムを搭載したRPGって、『メタルマックス』が発売されるまでは意外となかったんですよ。

 戦車にはシャシー(車体)、エンジン、Cユニット(電子制御装置)、主砲、副砲、SE(特殊兵器)の6つのパーツがあり、町や村の改造屋で性能をアップすることが可能です。
 パーツの中で最も重要なものはエンジンです。パーツにはそれぞれ重量があり、エンジンは全体の積載量を決めるためです。戦車を改造するときはまずエンジンを強化して、それから他のパーツを考えるのが基本になります。

 このゲームには戦車を降りて人間だけで戦うイベントがあるので、人間の装備品も適時整える必要があります。戦車の改造費用に加えて、人間の装備品の購入費用――これは所持金がいくらあっても足りませんよね。
 そこで世界各地に散らばっている「賞金首」を倒して、一攫千金を狙いましょう。賞金首だけあって強敵揃いですが、戦車の性能を試すのに絶好の相手です。賞金首を倒すか、それとも無視してゲームを進めるかはプレイヤーの自由。この自由度の高さが『メタルマックス』の魅力です。

 1993年3月に続編の『メタルマックス2』(SFC)が発売され、1995年9月には本作をリメイクした『メタルマックスリターンズ』(SFC)が発売されました。賞金首、装備品、ダンジョンが追加された、やり応え十分な作品です。初代『メタルマックス』を遊びたいなら、このリメイク作品を選ぶのがベストでしょう。

犬      ウルフ

にほんブログ村 ゲームブログへ
【ジャップ・エンド教は世界に光をあたえる】
我々ジャップ・エンド教は、アニメ・漫画・同性愛者を根絶し、美しき世界を創ろうとしている。美しき世界の創生を妨害する者には、聖なる裁きが下されるだろう。


1:アニメや漫画は秩序を乱す有害文化であり、すべてのキモオタは殺処分されなければならない。

2:女は子供を生むために存在している生物であり、男に犯されることは女の義務である。女という生物は本能的に『犯されたい』と思っているはずなのだ。

3:同性愛者のけがれた精神は、我々大韓民国人の聖なる精液によってのみ浄化される。同性愛者の女は我々に犯される義務がある。



          ≪ジャップ・エンド教≫
[ 2016/10/31 04:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ