ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ゲームレビュー  >  ニンテンドウ64 >  ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 (N64)

ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 (N64)

タイトル画面
・機種ニンテンドウ64
・メーカー任天堂
・ジャンルアドベンチャー
・発売日2000年4月27日
・価格5,800円



■ あなたはまだ、月の怖さを知らない…
 『ゼルダの伝説 時のオカリナ』(N64)の発売から1年と半年、2000年4月に発売された続編の『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』(N64)。『時のオカリナ』のシステムデータを用い、「もう一回遊べるドン!」と追加で開発されたゲームです。
 本作を遊ぶためには、周辺機器の「メモリー拡張パック(ハイレゾパック)」をニンテンドウ64本体にセットする必要があります。メモリー拡張パックと64本体をドッキングさせることで、64本体のメモリ容量は約2倍の9MBにパワーアップ。ええ、単位はGBではなく、MBで正しいです。

 魔獣ガノンを倒して子供の姿に戻ったリンクは、大事な友人を捜すため、愛馬のエポナと共に旅を続けていました。リンクが迷い込んだ世界は、ハイラルの住人によく似た人々が生活を営む不思議な地域「タルミナ」。
 タルミナの中心地「クロックタウン」の上空には不気味な人面月が浮かんでいます。ゲーム内の時間で3日が経過すると月はクロックタウンに落下。リンクはそのときの衝撃に巻き込まれて死亡……するはずが、時の狭間に落ちて最初の日に戻されます。

 『時のオカリナ』の仕組みは、過去と未来を行き来する「タイムトラベルもの」でしたが、『ムジュラの仮面』の仕組みは、ゲーム内の3日間を繰り返す「タイムループもの」です。
 最初の日に戻るとすべてのイベントの進行状況がリセットされます。ただし入手したアイテムや仮面は手元に残るため、次の3日間では冒険の過程を省略することができます。同じ3日間を何度も何度も繰り返して、時のループから抜け出す方法を見つける、というのがこのゲームの趣旨です。

 ストーリーの冒頭、森の中を彷徨っていたリンクは、ムジュラの仮面を付けた小鬼「スタルキッド」に襲われ、その魔力によってデクナッツの姿に変えられてしまいます。ムジュラの仮面は元々お面屋の所有物でしたが、スタルキッドによって盗まれていました。月を操っているのもムジュラの仮面の力。タルミナの滅亡を阻止するためには、スタルキッドからムジュラの仮面を取り返すしかなさそうです。

 まずはデクナッツの姿から元のリンクの姿に戻るのが最初の目標になりますが、この過程がかなり長い。デクナッツのアクションは初心者にとっては小難しいものが多く、ゲーム序盤は「ダルいな~」と感じる部分もありました。まあ、苦しい序盤を乗り越えれば、『ムジュラの仮面』の面白さが実感できるはず。ここはじっと我慢の子です(ボンカレー並感)。

スタルキッド      お面屋

■ ゲームはタイムループを内包している
 『ムジュラの仮面』のような「タイムループもの」には名作が多いですよね。漫画なら手塚治虫『火の鳥 異形編』、SF小説ならケン・グリムウッド『リプレイ』、筒井康隆『時をかける少女』、ミステリ小説なら西澤保彦『七回死んだ男』、北村薫『ターン』、乾くるみ『リピート』といった作品が例に挙げられます。
 映画なら『恋はデジャ・ブ』、『バタフライ・エフェクト』、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(原作は桜坂洋のライトノベル)、アニメなら『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』、『魔法少女まどか☆マギカ』、ゲームなら『ひぐらしのなく頃に』、『シャドウ・オブ・メモリーズ』、『シュタインズ・ゲート』などがあります。まさに「タイムループもの」にハズレなし、です。

 浅羽通明氏の著書『時間ループ物語論』によると、「タイムループもの」の大雑把な分類方法として、「リプレイ型」と「ターン型」の二つに分けるという考え方があるそうです。
 前者の「リプレイ型」とは、何度も失敗を繰り返しながら自分の人生を大成功に導くタイプの物語、後者の「ターン型」とは、時間の反復という“時の牢獄”から抜け出すことに主眼を置くタイプの物語です。

 「リプレイ型」の物語は、ループのスタート時刻に自分の意思で戻れるもの・強制的に戻ってしまうもの、ループできる回数は1回のみ・複数回・回数に制限なし、というようにループの設定は作品によって様々だと思いますが、全体としては「あちらを立てればこちらが立たず」の凡ミスを繰り返すパターンが多いように感じます。
 たとえば前回のループでAという友人を死なせてしまったので、今回のループではAを助けることに集中していたら、今度はBという友人を死なせてしまった――う~ん、実にベタな展開ですよね(笑)。でも、自分の選択が未来の出来事に影響を与えるのを認識できるというのは、とても刺激的な体験だと思いますよ。

 「ターン型」の物語は、比較的短い時間を繰り返すパターンが多いです。反復する時間の長さは数時間から1日、長くても数日程度。何かを成功させてもすぐに元の状態に戻ってしまうので、徒労感が激しいです。そこで何とかループを終わらせる方法を探しますが、見つからなくて苦悩する――こちらは何万回とループを繰り返す間に脳が死んでしまいそうで恐ろしいですね(笑)。

 この分類方法に従えば、『ムジュラの仮面』はターン型のループものになります。類似作品が少ない珍しいタイプのゲームだと思います。しかしよく考えてみてください。ゲームのジャンルにかかわらず、コンピュータゲームそのものがループ構造になっている、とは言えないでしょうか。

 『スーパーマリオブラザーズ』はミスをした場合に再開ポイントからやり直すループもの(「残機数」という回数制限あり)、『ときめきメモリアル』は意中の女の子を落とすまで延々と学生生活をやり直すループものです。
 『ファイナルファンタジー』でパーティが全滅したらセーブポイントからやり直し、『かまいたちの夜』でバッドエンドになったら分岐点からやり直し……、なぜ現実の人生はやり直しが利かないんですかね?(真顔)

人面月      デクナッツ

にほんブログ村 ゲームブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ