ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ブックレビュー  >  ゲーム攻略本 >  週刊少年ジャンプ秘録! ! ファミコン神拳! ! !

週刊少年ジャンプ秘録! ! ファミコン神拳! ! !

表紙

「ファミコン神拳」伝承委員会・編『週刊少年ジャンプ秘録! ! ファミコン神拳! ! !』(ホーム社)

■ あたたたた! お前はすでにハマっている!
 1980年代に『週刊少年ジャンプ』で不定期連載されていたゲーム特集記事「ファミコン神拳」。ゆう帝(堀井雄二)、ミヤ王(宮岡寛)、キム皇(木村初)ら、伝説のファミコン神拳伝承者たちが作り上げた連載記事がここに大復活!!
 奥義袋とじ完全収録、あたたゲーム採点、伝承者インタビューなど、ファミコン世代どストライクの読み物がてんこ盛り! こいつは熱い! とてつもないゲーム愛を感じるぜ!!

 『スーパーマリオブラザーズ』の無限1UPの奥義(裏技)が、「ファミコン神拳」に掲載されていたのを、本書を読んで思い出した。ワールド3-1のゴール前の階段で、ノコノコを連続で踏む超有名なマリオ増殖技だ。この裏技を日本中に広めたのは「ファミコン神拳」で間違いないだろう。
 ただ、この裏技を初めて紹介したのが「ファミコン神拳」だったかは確証を持てない。この記事が出る前からすでに知っていたような気がするのだが、……うう、記憶が定かではない(泣)。

 ゆう帝たちのゲーム対する情熱は、他社のゲームを評価する「あたた独断採点拳」を見れば一目瞭然である。かなりの辛口レビューなのだ。悪いところは悪いとハッキリ指摘する。まったく遠慮がない。
 たとえば、任天堂の『メトロイド』について、ゆう帝はこう述べている。「エネルギーをいっぺんに回復できる場所が欲しかった」――そうだそうだ、なぜゲームを再開したときに、ザコ狩りに2、30分も費やしてエネルギーを満タンにしなければならないのだ。煩わしいだけじゃないか! 子供たちが感じた疑問を代弁してくれたゆう帝よ、本当に……本当に……「ありがとう」……。それしか言う言葉が見つからない……。

 ところが、『ファミコン神拳奥義大全書 特別編 キム皇のファミコン110番』に掲載されたコラムを読んで、私は目を疑った。キム皇は自力で『ウィザードリィII』のキャラクターを高レベルに育てたのに、ゆう帝はチートツールを使ってデータを書き換えしているというのだ。「なにぃ!? ゆう帝(=堀井さん)はチーターかよ! 汚い奴だな!
 この暴露のせいで、堀井さんに対する信頼が著しく低下したことを、ここで告白しておこうと思う(笑)。

にほんブログ村 ゲームブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ