ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ゲームレビュー  >  ファミコン >  じゃじゃ丸の大冒険 (FC)

じゃじゃ丸の大冒険 (FC)

タイトル画面
・機種ファミコン
・メーカージャレコ
・ジャンルアクション
・発売日1986年8月22日
・価格4,900円



■ 虚無僧がやられたようだな…
 前作『忍者じゃじゃ丸くん』(FC)で助け出したさくら姫は、なんと偽物だった! どうりで体がぴくりとも動かないと思っていましたよ(精巧な蝋人形かな?)。本物のさくら姫を救うため、じゃじゃ丸くんは再び妖怪軍団と戦うことになりました。本作『じゃじゃ丸の大冒険』(FC)は、『じゃじゃ丸くん』シリーズの第2弾ソフトです。

 前作はステージが横2画面のシンプルなアクションゲームでしたが、本作は『スーパーマリオブラザーズ』のような横スクロール型のアクションに進化しました。このゲームでは右方向に進む通常ステージ(奇数ステージ)と四天王・なまず太夫と戦うボス戦ステージ(偶数ステージ)が交互に出現する仕組みになっています。2面、4面、6面、8面の偶数ステージに中ボスの四天王が出現。10面で大ボスのなまず太夫と戦います。

 10面をクリアしてもゲームは終わらず、12面、14面、16面、18面の偶数ステージでは中ボスの数が1体から2体に増えます。20面のなまず太夫を倒すと1周クリア。21面になると1面のステージに戻り、以降はループします。このゲームを検証した攻略サイトによると、4周目が最高難易度になるそうです。つまり80面のなまず太夫を倒せば、実質的に"完全クリア"したことになりますね。

 第1の四天王は虚無僧。僧侶系の怪しい妖怪です。ぴょんぴょんとジャンプして爆弾を投げてきますが、奴は四天王の中でも最弱。ササッと手裏剣を3発当てて撃退しましょう。すべての中ボスは手裏剣を3発当てると倒せます。

 第2の四天王はカミナリパンツ。パンツというか縞模様のレオタードを着ている変態妖怪です。空中をフワフワと横移動して、名前のとおりカミナリを落としてきます。

 第3の四天王はザビエル。16世紀に日本にやってきたカトリック教会の宣教師フランシスコ・ザビエルをモデルにした不謹慎な妖怪です。どうしてキリスト教の聖人がなまず太夫の下僕に成り果てたのかは不明。能力的には虚無僧の強化版です。

 第4の四天王はらしゃ面。暴れん坊天狗のような顔だけの恐ろしい妖怪です。カミナリパンツと同じように空中を漂い、火炎攻撃をしてきます。地面に落ちた火炎はしばらくその場で燃え続けて危険です。

 そして大ボスは宿敵のなまず太夫。大ジャンプを繰り返して爆弾を何発も投げてきます。ガマパックンが吐く炎を5発当てると勝利。集中力が勝利の鍵となります。

ステージ1      虚無僧

■ 新技・木の葉隠れの術で敵を殲滅!
 横スクロールステージには、ジャンプで下から叩くと壊せる色違いのブロックがあります。この中に大判・小判などの得点アイテム、残機数が1UPする小丸くん、じゃじゃ丸くんをパワーアップさせる忍法アイテムが入っています。触れるとミスになる爆弾も頻繁に出現するので注意が必要です。

 忍法アイテムは以下の5種類があります。
・フラッシュ……Aボタン・Bボタン同時押しで妖怪たちをかなしばりにする。
・スーパー手裏剣……一定時間、貫通力がある強化手裏剣を使えるようになる。
・トロッコ……体当たりで妖怪を倒せるようになる。
・薬ビン……じゃじゃ丸くんが透明になって敵の攻撃を受けなくなる。
・パックン……敵を食べる忍法「ガマパックン」発動。

 前作『忍者じゃじゃ丸くん』では、4種類のアイテムのうち3種類を集めるか、残機数が4人に増えると忍法「ガマパックン」が発動していましたが、本作では仕様が異なります。パックン以外の4種類のアイテムのうち3種類を集めると、忍法「木の葉隠れの術」が発動します(下左画面参照)。画面上に出現する敵を次々と消し去る強力な必殺技です。

 このソフトについては、20面クリアを目標によくプレイしていたことを憶えています。個人的には愛着を持っているレトロゲームの1つですが、他社の同タイプの横スクロール型アクションと比べてみると、平凡な出来という印象です。
 ゲームバランスがあまり良くないのが欠点ですね。先に進むにつれて、横スクロール面でのザコキャラの攻撃が激しくなるうえに、タイムがゼロになると出現する無敵キャラの「火の玉」が実に鬱陶しいです。火の玉がじりじりとこちらに近づいてきて、プレイ中はストレスを感じることが多かったです。

 『スーパーマリオブラザーズ』シリーズのテレサにはまだ可愛らしさがありますが、永久パターン防止キャラの火の玉には慈悲の心はないですね。じっくりとブロック内のアイテムを回収できる作りだったら、もっと遊びやすいゲームになったと思います。
 『忍者じゃじゃ丸くん』が100点満点で80点のゲームだとしたら、『じゃじゃ丸の大冒険』は70点ぐらいのゲームかな? まあ、『スーパーマリオブラザーズ』や『ロックマン』のような有名ゲームと比較するのは無粋ということで、今回はお開き。

木の葉隠れの術      なまず太夫

にほんブログ村 ゲームブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ