ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ゲームレビュー  >  Wii U >  スーパーマリオメーカー (Wii U)

スーパーマリオメーカー (Wii U)

タイトル画面
・機種Wii U
・メーカー任天堂
・ジャンルアクション
・発売日2015年9月10日
・価格5,700円



■ マリオメーカー職人の朝は早い。
 起床時刻は午前4時30分。今のような寒い季節だと外はまだ暗い。玄関のポストに朝刊が投函された音がする。さっそく職人は枕元に置いたアイディアノートを開く。夢で見たイメージを忘れないうちに書き写さなければならない。

 みんなをアッと驚かせたいなら、誰も見たことがないようなギミックが必要だ。しかし発売から5ヶ月経過して、まだ発見されていない新規ギミックを探すのは難しくなっている。ジャンプ台、砲台、Pスイッチ、ドッスン、ベルトコンベアー床をいろいろと組み合わせて試してはいるが、なかなか上手くいかない。職人は焦燥感に苛まれる。自分はここで終わってしまう人間なのかと。

 丈夫な体を維持するために朝のジョギングは欠かさない。いいね欲はなく、決して怒らず、いつもしずえさんのように笑っている。朝食には茸のソテーと桃のフルーツを食べ、あらゆる情報を収集し、おすすめのコースをチェックする。
 東に新しいコースを投稿した職人あればコースをセーブして解析し、西に新しいギミックを考案した職人あれば自分のコースに応用する。
 南にコース作りを止めてしまった職人あれば無理に引き留めず、北に伸び悩んでいる職人あればそっとコースにいいねを押す。
 一人のときはアイディアを練り、サラサランドで汗を流し、みんなには「マリオフリーク」と呼ばれ、褒められもせず、嫉妬もされず、そういうマリオメーカー職人にわたしはなりたい。

 『スーパーマリオブラザーズ』のコースを自由に作成して、作ったコースを全世界に公開することができる夢のソフト、『スーパーマリオメーカー』(Wii U)が昨年の9月に発売されました。
 私はコースを作りたいというよりも投稿作品をプレイしたいという気持ちで購入しましたが、本作は予想以上に楽しいゲームでした。アイディア満載・ギミック満載の良コースが続々と投稿されていて、アクションゲーム好きにとっては堪らないソフトです。
 任天堂がいつまでこのゲームのサーバーを維持するかは分かりませんが、現状では遊びきれないほどの膨大な数のコースが存在しています。コースのジャンルは多種多様。コストパフォーマンスが良すぎるソフトですね。

 これまでのWii Uソフトはゲームパッドを十分に使いこなせていなかった――うん、それは認めましょう。不自然な形で操作の一部をゲームパッドにしてしまい、逆に煩わしさを感じるソフトもありました。『マリオメーカー』のようなクリエイティブ系のソフトが早い時期に発売されていたら、Wii Uはもっと盛り上がっていたと思います。

初代マリオスキン  マリオ3スキン

■ 私の(潜在)いいね数は530000です。
 『マリオメーカー』で使用できるスキン(ゲームスタイル)は、初代『スーパーマリオブラザーズ』(FC)、『スーパーマリオブラザーズ3』(FC)、『スーパーマリオワールド』(SFC)、『Newスーパーマリオブラザーズ U』(Wii U)の4つ。ファミコン時代の懐かしいグラフィックから最新作の綺麗なグラフィックまで、ユーザーは自由に選択できます。

 4つのスキンはコース作成中にいつでも変更可能です。たとえば『マリオ3』スキンでコースを作っている途中で『ワールド』スキンに変えたいと思ったとき、わざわざブロック配置をやり直す必要はありません。左上のスキンアイコンをタッチすれば一瞬で変更できます。地上、地下、水中といったシーンの種類も同じように簡単に変えられます。

 コースに配置できるパーツは4つのスキンでほぼ共通ですが、初代『マリオ』スキンで使える「キャラマリオキノコ」は、『マリオ3』スキンでは「葉っぱ」(しっぽマリオ)、『ワールド』スキンでは「羽」(マントマリオ)、『New』スキンでは「プロペラキノコ」(プロペラマリオ)に変わります。
 また、初代『マリオ』と『マリオ3』のスキンで使える「くつクリボー」は、『ワールド』と『New』のスキンに変えると「ヨッシー」に置き換わります。これ以外にも、スキン変更によって敵キャラの挙動が微妙に変化するため、ゲームを始めたばかりの人は注意が必要でしょう。特に全自動コースはスキンを変えると正常に作動しなくなる可能性が高いです。

 不満点としては、まず第一に――これは多くの職人さんが抱いていることだと思いますが――斜線や曲線の地形を作れない点が挙げられます。これらはバグが発生しやすくなるので実装されなかったのかもしれません。
 幅が狭いリフト床や、上に消えて下から出現するリフト床も作れないですね。土管で接続できるステージ画面はメインとサブの2つだけで、一つのコースに3種類以上のシーンを盛り込むことも現時点では不可能です。縦に長いコースもシステム的に無理です。

 公式コースを再現しようとすると、どこかで妥協しなければならない、これは凝り性の職人さんにとっては歯痒いことだと思います。『Newスーパーマリオブラザーズ Wii』や『Newスーパーマリオブラザーズ U』のコースを確認してみると、地形自体が上下左右に動いたり回転したりしているコースが多いんですよね。ああ~、こういう仕掛けたっぷりのコースを作ることができたら・・・・・・

 もし大型アップデートで『スーパーマリオUSA』スキン&システムが追加されたら、ユーザーの不満も吹き飛ぶと思いますけど、・・・・・・やっぱり高望みなのかな?

マリオワールドスキン  マリオUスキン

にほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2016/02/08 22:00 ] ゲームレビュー Wii U | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ