ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ゲームレビュー  >  ニンテンドウ64 >  ゼルダの伝説 時のオカリナ (N64)

ゼルダの伝説 時のオカリナ (N64)

タイトル画面
・機種ニンテンドウ64
・メーカー任天堂
・ジャンルアドベンチャー
・発売日1998年11月21日
・価格6,800円



■ ゲームの世界を一変させた傑作中の傑作
 『ゼルダの伝説』シリーズ初の3Dグラフィック作品であり、シリーズ最高傑作との呼び声が高い『ゼルダの伝説 時のオカリナ』(N64)。『時のオカリナ』は『パックマン』や『テトリス』といったコンピュータゲームの代表作と肩を並べる、ゲーム史上最も重要な作品の一つです。映画作品になぞらえると、『2001年宇宙の旅』や『ゴッドファーザー』のような記念碑的存在でしょう。

 もし将来ゲームミュージアムなるものが開設されるなら、殿堂入りソフトとして展示されることは間違いありません。任天堂贔屓であろうとなかろうと、ゲームファンならこの作品については認めざるを得ないような気品に満ちています。『週刊ファミ通』のクロスレビューで初めて40点満点を獲得したのは伊達じゃないです。まあ、最近では40点満点のバーゲンセールでその価値が大きく下がっていますけど。

 『スーパーマリオワールド』(SFC)から『スーパーマリオ64』(N64)への進化の形を追うように、『ゼルダの伝説』シリーズもゲームの表現方法が2Dドット絵から3Dポリゴンへと進化しました。『時のオカリナ』は現在のゲームソフトでは当たり前となった3D空間の箱庭世界(オープンワールド)をいち早く実現したのです。

 スタート地点の「コキリの森」を飛び出して、冒険の舞台の中心である「ハイラル平原」へ進んだときの感動は忘れられないですね。「広い! だだっ広い! 任天堂はなんちゅうゲームを作ってくれたんや・・・・・・」――私の目と鼻からは滂沱の涙が堰を切ったように流れ始めました。ハイラル平原に広がる温かな空気、太陽の日差し、生命の息吹を感じます。それはゲームの仮想空間がまた一歩現実の空間に近づいた瞬間でした。

 マップの広さをウリにしたオープンワールド系のゲームが増えた今となっては、『時のオカリナ』のハイラル平原は小規模な大きさになってしまいましたが、馬のエポナに乗ってぐるりと平原を一周する楽しさは健在です。マップ中央部にあるロンロン牧場の場所が丘になっていて、実際の面積よりも広く感じるように工夫してありますね。

ミド      スタルチュラ

■ 手強い難易度と心地よい操作性
 主人公はコキリ族の子供であるリンク。彼は森の妖精ナビィに導かれ、森の守護神・デクの樹のもとへ行きます。リンクはデクの樹の話から、聖地ハイラルが黒き砂漠からやってきた魔盗賊ガノンドロフによって支配されようとしていることを知ります。ガノンドロフの野望を打ち砕く力を持ったゼルダ姫を助け、ハイラルの地に平和を取り戻すことがリンクの使命です。

 ストーリーはリンクの子供時代から始まりますが、ゲームの中盤、ハイラル城下町の「時の神殿」にあるマスターソードを台座から引き抜くと、リンクは未来のハイラルにタイムスリップし、大人の姿に変わります。そこはすでにガノンドロフがハイラルを支配してしまった暗黒の時代でした。
 過去と未来の二つの時間軸を行き来して、ハイラルの運命を変える――それができる勇者はリンク、すなわちリンクを操作するプレイヤーだけなのです。

 任天堂の開発スタッフが最も重視した点は、3D空間でのアクションをストレスなく行えるようにすることでした。モニター上に描写された3D空間では自キャラと敵キャラの位置関係・距離関係を把握するのが難しくなり、攻撃を当てにくくなります。そこで考え出された仕組みが「Z注目システム」です。
 コントローラー裏側のZトリガーボタンを押すと注視モードになり、リンクの視界に入った対象物をナビィがロックオンします。ロックオン状態になるとリンクは対象物を常に注目するようになり、リンクの背後にあるカメラもそれに追随します。これにより攻撃も回避も容易に行えるようになりました。まさに「コロンブスの卵」的な発想です。

 さらに「オートジャンプ」の仕組みも見逃せません。崖から一歩踏み出すとリンクは自動的にジャンプします。崖の向こう側の高さが適正であれば自動的に着地。『スーパーマリオ64』のように細かい高低差に気を配る必要はなく、プレイヤーは快適にリンクを操作できます。リンクをただ動かしているだけで気持ちが良い、『時のオカリナ』の魅力はこの点に尽きますね。

 リンクが冒険するダンジョン(神殿)は、どれもが3Dを活かした立体的な構造になっていて複雑怪奇。特に水位を変えながら攻略する「水の神殿」は、ライトゲーマーを悶絶させるほどの難しさです。
 しかし仕掛けを一つ一つ解いていくと、最終的に道が開けるように設計してあります。どの順番で仕掛けを解いても絶対に詰むことがないように配慮されていて感心しました。言葉で表現するなら「芸術的な難易度」というべきダンジョンでしょうか。新しいアイテムを発見して、ダンジョンのボスを倒したときの喜びは格別でした。

 なんだかこのゲームを誉めてばかりで恐縮ですが、ゲームデザイン・ストーリー・操作性・演出・音楽が高い水準で融合した完全無欠の「神ゲー」だからね、しょうがないね。

ゴーマ      サリア

にほんブログ村 ゲームブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ