ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ブックレビュー  >  文学・評論 >  乱歩ワールド大全

乱歩ワールド大全

表紙

野村宏平『乱歩ワールド大全』(洋泉社)

■ 江戸川乱歩のディープな世界へようこそ
 江戸川乱歩全作品を舐め尽くすように解析し、作品に登場したキャラクターや作品で使われたトリックをまとめ上げた乱歩研究本の決定版! 昨年発売された『江戸川乱歩の迷宮世界』(洋泉社MOOK)では、全作品のあらすじを載せて解説していたが、本作はさらに乱歩ワールドに分け入ったマニア向けの内容になっている。

 乱歩は本格推理小説から幻想怪奇小説、子供向けの探偵小説シリーズまで様々な種類の作品を遺している。その中でも特に初期に書かれた短編小説が際立った出来映えである。
 新潮文庫の『江戸川乱歩傑作選』に収録されている作品(『二銭銅貨』、『D坂の殺人事件』、『心理試験』、『屋根裏の散歩者』など)は、掛け値なしに傑作・名作だらけである。今読んでも抜群に面白い。

 しかし、中編・長編小説になると――私個人の感想だが――人に勧められる作品は少ない。『陰獣』や『孤島の鬼』が乱歩の代表作になるのだろうが、短編小説に比べると出来が良くない。残り少ない歯磨き粉のチューブを絞り出すように、無理をして書いているのがヒシヒシと伝わってくる。何よりも今読むと古臭さが否めない。乱歩の筆は短編で生き、長編で死んでいるのである。

 乱歩は『探偵小説四十年』の中で、あらかじめプロットを構築して書くという作業が苦手であったことを吐露している。長編小説を細部が固まらないうちに書き始めてしまい、破綻してしまうことが多かったようだ。雑誌『新青年』で連載していた『悪霊』も、休載を繰り返したあげく、結局未完のまま終わった。このとき乱歩は、編集者をしていた横溝正史からこっぴどく叱られている。

 プロットを決めていない状態で長編ミステリーの連載を開始して、終了時にはきちんと一つの作品として完成している――そんな都合の良い話があるはずがない。だが、『天河伝説殺人事件』で有名な内田康夫氏は、それが出来る“変態”であるという。世の中は広いものである。

にほんブログ村 ゲームブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ