ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ゲームレビュー  >  プレイステーション3 >  Fallout 3 (PS3)

Fallout 3 (PS3)

タイトル画面
・機種プレイステーション3
・メーカーベセスダ・ソフトワークス
・ジャンルロールプレイング
・発売日2009年1月15日
・価格7,600円



■ この腐敗と自由と暴力のまっただなか
 『The Elder Scrolls IV: Oblivion』の開発スタッフが作り上げた近未来RPGの『Fallout 3(フォールアウト3)』。第二次大戦後に枝分かれしたパラレルワールドの地球がこのゲームの舞台です。
 2077年にアメリカ合衆国と中華人民共和国との間で大規模な核戦争が起こり、中国が発射した核ミサイルでアメリカの首都ワシントンD.C.は壊滅的な被害を受けてしまいました。中国本土も報復の核ミサイル攻撃を受けてボッコボコのクレーター状態に。
 えっ、そのとき日本はどうなったのか? 当然の如く巻き添えを喰らっているでしょう。ヒャッハーなモヒカンやスキンヘッドが跳梁跋扈する、暗黒の無法地帯になっているのではないでしょうか。

 それから200年後の2277年、ワシントンD.C.の郊外にある地下シェルター「Vault 101」から一人の人間が脱出します。それがプレイヤーの分身である主人公の青年です。彼(または彼女)の目的は、先にVault 101を脱出した父親ジェームスの行方を探すこと。なぜ父親は自分を置いて消えてしまったのか、科学者である父親が行っていた計画とは何なのか、その答えはプレイヤー自身が見つけ出さなければなりません。

 基本システムは『Oblivion』とよく似ています。広大なオープンワールドを冒険し、各町にいるNPCと交流して、クエスト(イベント)を消化していくロールプレイングゲームです。父親の跡を追うメインシナリオのほか、大小様々なサブシナリオが用意してあります。
 自キャラの設定は、性別から人種まで自由自在。ステータスポイントやスキルポイントも自分の思いのままに振り分けることが可能です。基本ステータスのS.P.E.C.I.A.Lは、最初の設定でIntelligenceを最大の10にしておくと、レベルアップ時にスキルポイントが多く貰えて有利です。

 戦闘システムは少し変わっていて、V.A.T.S.(「Vault-Tec Assisted Targeting System」)と呼ばれる特殊な照準サポート機能が備わっています。腕に装着した高性能端末「Pip-Boy3000」で敵キャラをスキャンすると周囲の時間(動き)が止まり、じっくりと考えながら攻撃したい部位を選択できます(ただし、有限のアクションポイントを消費するため、何回も連続で使用できない)。銃で敵を撃つFPSは苦手だというプレイヤーに配慮した作りです。

オープニング  メガトン

■ ケンシロウにもジャギにもなれるフリーダム
 『Fallout 3』は善人プレイ・悪人プレイの両方を楽しむことができるゲームです。人々の願いを叶えて幸せにしてやるとNPCの対応が良くなり、残虐非道の行いを重ねるとNPCから嫌われるようになります。
 日本語版ではイベント自体がカットされていますが、オリジナル版ではメガトンの中央部にある不発弾を起爆して町の人々を抹殺するというとんでもない犯罪行為も可能です。まあ、唯一の正式な自宅があるメガトンが使えなくなって不便なだけなんですけどね(笑)。

 『Oblivion』やその続編の『Skyrim』は、雄大で美しい自然が広がるタムリエル大陸を舞台にしていました。この2つの作品は森林や野原を散策するだけで楽しかったのですが、『Fallout 3』は行けども行けども廃墟ばかりで、プレイしていると何だか疲れてきますね。鉄クズやコンクリートの塊があちらこちらに散乱していて、地面に落ちているものが有用なアイテムなのか単なるガラクタなのか判別しにくいのも疲労の要因でした。

 ほとんどの食料や飲料水は放射性物質に汚染されていて、体力回復のためにそれらを口にしていると徐々に被曝していきます。水たまりにも放射性物質が溶け込んでいて、水辺に近寄るとガイガーカウンターの警告音がピーピー鳴ります。
 放射能に冒された体は、謎の医療技術を持つ診療所で治療できるのですが、治療代がかなり高い。コツコツとヌカ・コーラのキャップを拾って貯めたお金がぶっ飛んでしまいましたよ。健康保険が利かない世界なんですかね。さすが盲腸の手術で数百万円を請求される国、アメリカ。ホントここは地獄だぜ、フハハハハ。(゚∀゜)

 武器の修理代さえ満足に稼げない序盤の段階では、ストレスが溜まってゲームを止めようと思いましたが、メインシナリオだけでもクリアしようと思い、頑張ってプレイを続けてみました。すると、メインシナリオ終盤にクッソ強いコンパニオンの「フォークス」と運命的な出会いを果たします。
 スーパーミュータントのフォークス先生は、ガトリングレーザーの熱線で汚物をガンガンと焼き殺してくれます。強い放射線に耐えられる優れた肉体を持ち、はぐれるとテレポートして、戦闘が終了すると自動で体力が満タンになるチート仕様。「スーパーミュータント最高や! 人間なんか最初からいらんかったんや!

 私はこれからフォークス先生のマネージャーとなり、悪党どもを叩き潰す放浪の旅に出るつもりです。

モイラ  ワシントン記念塔

にほんブログ村 ゲームブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ