ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ゲームレビュー  >  Wii >  ドンキーコング リターンズ (Wii)

ドンキーコング リターンズ (Wii)

タイトル画面
・機種Wii
・メーカー任天堂
・ジャンルアクション
・発売日2010年12月9日
・価格5,800円



■ ドンキーとディディーがWiiで大暴れ!
 力強く空中にジャンプし、しなやかに地上に着地する――アニマルパワー全開のドンキーたちの躍動が気持ちいい『スーパードンキーコング』シリーズが、Wii用ソフトになって帰ってきました。
 2010年12月に発売された『ドンキーコング リターンズ』は、日本国内で95万本、全世界で500万本以上のセールスを記録した大ヒット作品です。開発元はレア社ではなく、『メトロイドプライム』シリーズを手がけたレトロスタジオ。マイクロソフトの傘下に入ったレア社は、現在キネクト関係のソフトを制作しているようです。

 2013年6月には、『ドンキーコング リターンズ3D』としてニンテンドー3DSに移植されました。新要素としてアクションが苦手な人でも楽しく遊べる「ニューモード」と、3DS版だけの新エリア「スカイハイエリア」を搭載しています。画面が一回り大きい3DS LLでプレイすると快適だと思います。

 『星のカービィ』シリーズと『スーパーマリオブラザーズ』シリーズが、アクションゲームの初等教育課程と中等教育課程だとしたら、『スーパードンキーコング』シリーズはアクションゲームの高等教育課程でしょう。発売前から難易度は高くなると言われていましたが、実際プレイしてみると・・・・・・やっぱりかなりの歯応えを感じますね。
 初見殺しのギミックがあちらこちらに仕掛けられていて、ステージの途中で必ず二、三度はミスをしてしまいます。トロッコやロケットバレルに乗って進む強制スクロールステージは、タイミング的に非常にシビアで、何度もやり直ししてしまいました。ドンキーの残機数が溶ける溶ける(笑)。

 それに各ステージ(コース)の距離が長くて、想像以上にボリュームがあるんですよね。「やっと中間地点か。先は長いな~」 → 「ええっ? 第2中間地点もあるのかい?」 → 「もうそろそろゴール地点だよね?」 → 「せっかくそろえたKONGパネルを無駄にしたくないから、早くゴールさせてください(泣)」――ゲームを楽しんでいるはずなのに、どうして半泣きになってしまうのか・・・・・・

 しかし難しいステージをクリアしたときの喜びは大きいです。特に各エリアに一つずつある激ムズステージの「Kコース」をクリアしたときの達成感は格別ですね。
 KコースはTASさん向きのコース設計になっていて、本当にとんでもなく難しいです。ゴール地点に到達するだけでもきついのに、変態的な場所にパズルピースが置いてあるんですよ! いやらしい! こんなのどうやって取るんですか!(怒) ヽ(`Д´#)ノ ウキキー!!

エリア1-1  マップ画面

■ ティキ族に狙われたDKアイランド
 『ドンキーコング リターンズ』でドンキーコングとディディーコングが戦う相手は、楽器のような姿をした「ティキ族」。ティキ族は島の動物たちに催眠術をかけて操り、バナナを大量に集め始めました。ドンキーが倉庫に保管していたバナナも盗まれてしまいます。
 催眠術など物ともしないドンキーは、相棒のディディーとともに、ティキ族を退治する冒険に出発しました。ドンキーは“おバカさん”だから、催眠術が効きにくいということでしょうか(笑)。

 本作に登場するコングファミリーは、前述のドンキーコングとディディーコング、それとコングファミリーの長老的存在であるクランキーコングです。クランキーはバナナコインと引き替えに便利なアイテムを販売してくれます。
 1人プレイでは、ディディーはドンキーの背中に乗ります。ディディーを背負っているときはホバリングが可能で、ジャンプした後の着地点の修正が容易になります。
 シリーズ初の2人同時プレイでは、1Pがドンキーを、2Pがディディーを操作して遊べます。2人で協力すればKONGパネルやパズルピース収集も捗りますよ。

 クランキーコングのお店では、残機数が増えるバルーンや、パズルピースの場所を鳴いて教えてくれるスコークスなどを買うことができます。ただし、スコークスは一帯のバナナをすべて取ると出現するパズルピースには反応しない場合があるので注意してください。ドンキーと同じで、ちょっとおバカなところが玉に瑕です。

 『ドンキーコング リターンズ』が難しい理由は、コースそのものが厳しいのもさることながら、アクション操作をマスターするのに時間がかかるためです。
 1.ダッシュがBダッシュではなく、ローリングダッシュである。
 2.踏みつけ大ジャンプはボタン押しっぱなしでは発動しない。踏みつける瞬間に再度ボタンを押す必要がある。
 初心者がつまずくポイントはこの2点ですね。つまり2Dマリオの感覚で操作すると、穴に落ちてしまうことが多いのです。

 移動しているときにリモコンを軽く振るとローリングしますが、止まっているときにリモコンを振ると地面を叩き、しゃがんでいるときにリモコンを振ると息を吹きます。
 リモコンを振るというアナログ的な操作に、いくつものアクションを割り当てているため、リモコン操作に慣れていない間はしばしば誤爆します。「クラシックコントローラで普通に遊びたかった」という保守的なユーザーの意見を、任天堂は無視してはいけないでしょう。

 「内容に興味はあるけど、リモコンを振るのは面倒だね・・・・・」という人は、『ドンキーコング リターンズ3D』がオススメ。こちらはローリングもL・Rボタンで一発ですよ。

クランキーコング  エリア1-4

にほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2015/04/16 22:00 ] ゲームレビュー Wii | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ