ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ゲームレビュー  >  プレイステーション2 >  バイオハザード CODE:Veronica 完全版 (PS2)

バイオハザード CODE:Veronica 完全版 (PS2)

タイトル画面
・機種プレイステーション2
・メーカーカプコン
・ジャンルアドベンチャー
・発売日2001年3月22日
・価格6,800円



■ ドリームキャスト独占タイトルを、プレステ2に移植!
 『バイオハザード コード:ベロニカ』は、『バイオハザード3』(PS)の次に発売されたシリーズ第4作目です。無印版の『コード:ベロニカ』はセガのドリームキャスト専用ソフトでしたが、完全版の『コード:ベロニカ』はドリームキャストだけではなく、ソニーのプレイステーション2と任天堂のゲームキューブでも発売されました。カプコンが言う「独占」とは、「期間限定」と考えるのが正解です
 2011年9月には、HDリマスター版の『コード:ベロニカ』(『バイオハザード リバイバルセレクション』に収録)がPS3とXbox360の2機種でリリース。本作をまだ遊んでいないという人は、HDリマスター版がオススメです。

 無印版と完全版を比較すると、完全版にはウェスカー関連のイベントがいくつかプラスされています。攻略本の『解体真書』によると、DCソフトの完全版とPS2ソフトの完全版のゲーム内容については、ファイル「コード:ベロニカ報告書」の位置などの細かい点以外はほぼ同じです。大丈夫、ファミ通の攻略本だから、情報に間違いはないと思います。

 本作の舞台である「ロックフォート島」は、南米大陸の最南端にあるという絶海の孤島。こんな寒々とした辺境の地に秘密基地を作るとは、アンブレラは良い意味で頭がおかしい。
 ロックフォート島の基地の司令官は、アシュフォード家の七代目当主・アルフレッド・アシュフォードです。オズウェル・E・スペンサーとともに製薬会社アンブレラを設立したエドワード・アシュフォードの孫にあたる人物です。
 しかし、アシュフォード家はスペンサー家との主導権争いに敗れてしまったのか、アルフレッドはアンブレラ社内で冷遇されているようです。

 彼にはアレクシアという双子の妹がいて、二人は島の私邸で生活している気配を感じますが、どちらも神出鬼没で何か様子がおかしい。この島はおかしなことだらけです。推理小説のトリック・データベース的には、「双子」と聞くと「人物入れ替え」トリックを予想してしまいます。はてさて真相はどうなのか・・・・・・

 パリのアンブレラ研究所を調査中にアンブレラに捕まったクレアは、ロックフォート島に囚人として輸送されました。ところが収監された初日に島で異変が起き、クレアは刑務官ロドリゴの配慮によって、牢屋から解放されます。怪我をしたロドリゴは、クレアに対して「行け…どこへでも」と促します。えっ、こんな島からどうやって脱出しろと!?

クレア      アイテム管理画面

■ ベロニカはアシュフォード家の創始者
 『コード:ベロニカ』は、前編(クレアパート)と後編(クリスパート)の二部構成になったゲームです。前編はクレアが島から脱出して南極基地へ到達するまで、後編は妹のクレアを追ってきたクリスが島に潜入したところから始まります。前編と後編を合わせると、過去の作品より約1.5倍のボリュームがあるストーリーです。

 クリス・レッドフィールドは、現在の姿である“ゴリス”に変身する前のスマートな容姿で描かれています。まるで男性アイドルグループのメンバーのようです。これでは超人ウェスカーには勝てません。クリスが肉体改造に走ったのは、本作でウェスカーにフルボッコにされたからでしょう。
 ゲーム内のクレアのグラフィックについては、もう少しあか抜けた感じに仕上げてほしかったですね。何だか野暮ったく見えるのは、その重そうな髪型のせいでしょうか。

 初期3作品との大きな違いは、カメラが固定式から移動式に変わったこと。移動式といっても、『バイオハザード4』のようなビハインドカメラ方式ではなく、キャラクターの動きに応じてカメラの位置が少し変化する程度ですが、これは背景をフルポリゴンで描くことによって可能になった技術です。
 前半ラストのノスフェラトゥ戦や、後半ラストのアレクシア戦(第三形態)では、新要素であるFPS視点の銃撃戦が始まります。『バイオハザード3』から『バイオハザード4』への劇的なシステム転換は、本作を抜きにして語ることはできません。『コード:ベロニカ』は2つの作品の橋渡し役になりました。

 やり応え十分のシナリオ、武器やアイテムの豊富さ、初代『バイオハザード』の恐怖を再現した洋館ステージなど、シリーズのファンの期待を裏切らなかった良作。『コード:ベロニカ』に対しては、肯定的な見方が多いと思います。
 ザコゾンビがゲーム進行によって再配置されたり、ミス=即死の初見殺しはあるものの、総合的な難易度は平均的なプレイヤーの許容範囲に収まっています。初期『バイオハザード』シリーズが好きだった人は、ぜひこちらもプレイを!

南極基地      囚われのクレア

にほんブログ村 ゲームブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ