ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ゲームレビュー  >  ファミコン >  ドンキーコング (FC)

ドンキーコング (FC)

タイトル画面
・機種ファミコン
・メーカー任天堂
・ジャンルアクション
・発売日1983年7月15日
・価格4,500円



■ ドンキーコングは、若かりし頃のクランキーコング
 テレビは放送局から送られてくる番組を映し出すだけの機器――そのような認識が一変したのは、テレビに接続する家庭用ゲーム機が登場した1980年代初頭でした。テレビ画面に映った物体を自分の意のままに動かせる、私たちが子供の頃はそんな単純なことに感動していたのです。
 家の居間にあるテレビを瞬時に娯楽装置へと変える魔法のゲーム機、その代表格といえる存在が、任天堂が1983年7月に発売した「ファミリーコンピュータ」、通称「ファミコン」です。

 アクションゲーム『ドンキーコング』(FC)は、ファミコンのロンチタイトルとして発売された3本のカセットのうちの1本です(ほかの2本は、『ドンキーコングJR.』と『ポパイ』)。本作はゲームセンターで人気を博していたアーケード版『ドンキーコング』を移植したものです。
 問屋界隈では「ゲーセンに行けば遊べるもんを、なんでわざわざ家庭用ゲームとして売り出すんや」と否定的な意見もあったようですが、分かってないですね~。子供が安全な家で思う存分遊べるところに価値があるんですよ。

 『ドンキーコング』は画面固定型のジャンプアクションゲーム。ヒゲを蓄えた主人公の「マリオ」を操作して、ドジでまぬけなゴリラ「ドンキーコング」にさらわれた恋人の女性「レディ」を助けるという内容です。
 主人公のマリオという名前は、続編の『ドンキーコングJR.』(AC)が開発されたときに付けられました。初代『ドンキーコング』(AC)の発売時には「Mr.ビデオゲーム」や「ジャンプマン」などと仮名で呼ばれていて、特に決まった名前はなかったのです。

 アーケード版『ドンキーコング』は全4面構成になっていました。ステージ4でレディを助けると再びステージ1に戻ります。プログラム上の問題から、ファミコン版『ドンキーコング』は全3面にボリュームダウン。アーケード版のステージ2(ベルトコンベアー面)がカットされてしまいました。
 ディスクシステム版の『ドンキーコング』が発売される際には、ベルトコンベアー面が追加されるかも、という期待がありましたが、ファミコン版のベタ移植でしたね。残念。

 ヨーロッパで発売された特別仕様のWiiには、『ドンキーコング オリジナルエディション』というソフトがプリインストールされていました。ステージ2を加えた完全版の『ドンキーコング』です。ドンキーコングがレディを抱えてハシゴを登る演出もプラスされています。
 日本では、2012年のサマーシーズンに行われた3DSのキャンペーンで、指定ソフトを購入したユーザーにこのソフトがプレゼントされました。『オリジナルエディション』目当てに3DS本体を買った人もいたのではないでしょうか。

ステージ1      ステージ2

■ なんでや!キングコング関係ないやろ!
 ファミコン版『ドンキーコング』は、上から転がり落ちてくる「タル」や、火の玉「おじゃま虫」のアルゴリズムが簡略化されていて、アーケード版『ドンキーコング』よりも比較的易しくなっています。ファミコン版に慣れ親しんだ人がアーケード版をプレイすると、「あれ?こんなにタイミングが取りづらかったの?」と戸惑うと思いますよ。
 一応、ファミコン版には「GAME A」(初心者向け)と「GAME B」(上級者向け)の2種類の難易度はあるものの、総合的な難しさは「GAME B」<アーケード版です。

 『ドンキーコング』が登場したときは、プレイヤーの大多数が「これは特撮映画『キングコング』をモチーフにしたゲームである」と考えました。ゴリラが女性を担いで(建設中の)ビルを登るイメージ、そして「コング(Kong)」繋がりのタイトルから、自然と『キングコング』を連想しました。

 しかし、『ドンキーコング』をデザインした宮本茂氏のインタビューによると、『ドンキーコング』は『キングコング』をゲーム化したものではなく、アニメ『ポパイ』をモチーフにしたゲームだったのです。宮本氏は、『キングコング』の原案者が考えた造語のKongがゴリラを意味する単語だと勘違いをされていたみたいですね。

 アーケード版『ドンキーコング』を製作していた時点では『ポパイ』の版権が取れなかったため、宮本氏は主人公のポパイをマリオに、恋人のオリーブをレディに、乱暴者のブルートをドンキーコングに置き換えて、オリジナルのゲームを作りました。彼がこだわった点は、大きいキャラクターと小さいキャラクターの小競り合いです。
 上記のように、その後任天堂は『ポパイ』そのもののゲームも出しています。『ドンキーコング』の誕生秘話を読み解くと、興味深い事実が浮かび上がってきました。

 映画会社ユニバーサル・ピクチャーズとの著作権をめぐる裁判において、『ドンキーコング』と『キングコング』に類似性はないと結論づけられましたが、それもそのはず、本作は表面的には『キングコング』に見えて、中身は『ポパイ』なのですから。パワーアップアイテムの「ハンマー」は、ポパイでいうところの「ホウレン草」というわけです。

 だから、タイトルを『びっくりドンキー』にして、ゴリラを「ハンバーグ」にしていたら、ユニバーサル社からは訴えられることはなかったんですよ。まあ、別の問題が生じますけどね・・・・・・

ステージ3      レディ救出

にほんブログ村 ゲームブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ