ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ゲームレビュー  >  プレイステーション3 >  Sonic's Ultimate Genesis Collection (PS3)

Sonic's Ultimate Genesis Collection (PS3)

タイトル画面
・機種プレイステーション3
・メーカーセガ
・ジャンルバラエティ
・発売日日本未発売
・価格日本未発売



■ セガからメガドライバーへの贈り物
 本作は、セガ開発のジェネシス(メガドライブ)用ソフトを数多く収録したオムニバス作品です。かつてメガドライバー(メガドライブ派)であった人も、どちらかといえばPCエンジニア(PCエンジン派)であった人も、往年のセガのビッグタイトルを見れば、思わず目が輝いてしまうはず。

 全40本のジェネシス用ソフトに加えて、セガマスターシステム用ソフト2本とセガのアーケードゲーム7本を収録しています。絢爛豪華にして荘厳華麗なこのソフトのプラットフォームは、セガのライバル会社だった(過去形)ソニーのプレイステーション3。セガゲームの詰め合わせなのに、セガハードのソフトではないという屈辱。湯川専務が見た悪夢「セガなんていらないよ。帰ってプレステやろーぜ」が現実のものとなってしまいました。どうしてこうなった・・・・・・。

 具体的な収録タイトルは下の方に書いていますが、『アウトラン』や『スーパーハングオン』などのレース系ゲームが入っていないのは惜しいですね。『ザ・スーパー忍(1作目)』、『ランドストーカー ~皇帝の財宝~』、『ワンダーボーイ』シリーズも残念ながら未収録です。
 日本のメガドライブファンなら、『アドバンスド大戦略 -ドイツ電撃作戦-』は絶対に外せないところですが、海外では発売されていなかったかな? 『マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー』はおそらく版権的に厳しいと・・・・・・。

 こういうコレクション系のゲームは、すべてのゲームを完全収録しないと完璧とは言えませんからね。欠けているタイトルがあると、どうしても不満が出てしまいます。漫画『キン肉マン』にたとえるなら、超人強度は1500万パワーと高かったものの、完璧超人になりきれなかったケンダマンのようなソフトです。

 収録タイトルはすべて海外版であるため、言語は英語表記です。RPGの『ファンタシースター』シリーズやSLGの『シャイニング・フォース』シリーズを遊ぼうとすると、ある程度の英語力が必要となります。英語の教材に丁度良いかもしれません。
 『Decap Attack starring Chuck D. Head』 (海外版『まじかるハット』)は、丸ごとキモいキャラクターに改変されていて笑いました。主人公は包帯を巻いたデスピサロですか?
 『Dr. Robotnik's M.B.M』 (海外版『ぷよぷよ』)もアメリカ人好みのアニメ風キャラクターに差し替えられています。

獣王記  コミックスゾーン

■ セガのゲームは、「イージー」がイージーじゃない件
 それでは、収録ゲームの中から、個人的に「いいね♪」と感じた作品をいくつかチョイスしてご紹介したいと思います。下記に挙げたソフトは、いずれもメガドライブ後期に発売された作品であり、ハードの性能を存分に引き出しています。

 1本目は、アクションRPGの『Beyond Oasis』 (『ストーリー・オブ・トア』)。『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』タイプの見下ろし視点を採用しています。剣戟アクションは珠玉の出来映え。巨大なボスキャラとの迫力ある戦闘が楽しめます。

 2本目は、アメリカンコミックの演出を大胆に取り入れた怪作ソフト『Comix Zone』 (『コミックスゾーン』)。漫画のコマからコマへと移動するユニークなシステム、選んだ進路によって分岐するストーリー、格闘ゲームさながらの痛快バトル。中古市場でプレミアが付いているのも納得の完成度です。

 3本目は、主人公リスターが活躍するファンタジーアクション『Ristar』 (『リスター・ザ・シューティングスター』)。極彩色の美しいグラフィックと、ステージに仕掛けられた様々なギミックがウリ。この作品が存在しなければ『伝説のスタフィー』(GBA)も誕生しなかった!?

 4本目は、海外発のアクションシューティング『Vectorman』 (『ベクターマン』)。主人公の多関節ロボット・ベクターマンの滑らかな動きに、全米が驚愕。操作感覚が『スーパードンキーコング』(SFC)によく似た良作ソフトですが、難易度はめちゃムズ。ボリュームがアップした続編『Vectorman 2』 (『ベクターマン2』)はさらに手強いです。

 今回、各ゲームに触れてみた感想としては、セガのメガドライブソフトは総じて難しい、というか難易度調整に失敗しているものが多い、と感じました。セガは元々アーケードゲームが主要事業であったせいか、家庭用ゲームのバランス調整はあまり上手くないなぁと・・・・・・。
 難易度の「イージー」を「ノーマル」にして、さらに簡単にした真のイージーモードを作るべきではなかったのか、ヘタレゲーマーの私はそう思います。

 ただし、この『Sonic's Ultimate Genesis Collection』には、便利な「ステートセーブ機能」が搭載してあります。セーブ&ロードを繰り返せば、ゲームのセンスがない人でも全ゲームをクリアすることは可能です。
 エクストラゲームや開発者のインタビュービデオのロック解除条件は、トロフィーの獲得になっています。「Lots of Zeros」(『ソニックスピンボール』の最初のステージで10,000,000点)などのやや取得が難しいゴールドトロフィーは、ステートセーブ機能を活用するといいでしょう。比較的短時間でプラチナトロフィーをゲットできますよ。


収録ゲーム
 Alex Kidd in the Enchanted Castle (『アレックスキッド 天空魔城』)
 Alien Storm (『エイリアンストーム』)
 Altered Beast (『獣王記』)
 Beyond Oasis (『ストーリー・オブ・トア ~光を継ぐ者~』)
 Bonanza Brothers (『ボナンザブラザーズ』)
 Columns (『コラムス』)
 Comix Zone (『コミックスゾーン』)
 Decap Attack starring Chuck D. Head (『まじかるハットのぶっとびターボ!大冒険』)
 Dr. Robotnik's M.B.M (『ぷよぷよ』)
 Dynamite Headdy (『ダイナマイトヘッディー』)
 Ecco the Dolphin (『エコー・ザ・ドルフィン』)
 Ecco II: The Tides of Time (『エコー・ザ・ドルフィン2』)
 E-SWAT (『E-SWAT』)
 Fatal Labyrinth (『死の迷宮』)
 Flicky (『フリッキー』)
 Gain Ground (『ゲイングランド』)
 Golden Axe (『ゴールデンアックス』)
 Golden Axe II (『ゴールデンアックスII』)
 Golden Axe III (『ゴールデンアックスIII』)
 Kid Chameleon (『カメレオンキッド』)
 Phantasy Star II (『ファンタシースターII 還らざる時の終わりに』)
 Phantasy Star III: Generations of Doom (『時の継承者 ファンタシースターIII』)
 Phantasy Star IV: The End of the Millennium (『ファンタシースター 千年紀の終りに』)
 Ristar (『リスター・ザ・シューティングスター』)
 Shining in the Darkness (『シャイニング&ザ・ダクネス』)
 Shining Force (『シャイニング・フォース ~神々の遺産~』)
 Shining Force 2 (『シャイニング・フォースII 古えの封印』)
 Shinobi III: Return of the Ninja Master (『ザ・スーパー忍II』)
 Sonic 3D Blast (『ソニック3Dブラスト』)
 Sonic and Knuckles (『ソニック&ナックルズ』)
 Sonic Spinball (『ソニックスピンボール』)
 Sonic The Hedgehog (『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』)
 Sonic The Hedgehog 2 (『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』)
 Sonic The Hedgehog 3 (『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』)
 Streets of Rage (『ベア・ナックル 怒りの鉄拳』)
 Streets of Rage 2 (『ベア・ナックルII 死闘への鎮魂歌』)
 Streets of Rage 3 (『ベア・ナックルIII』)
 Super Thunder Blade (『スーパーサンダーブレード』)
 Vectorman (『ベクターマン』)
 Vectorman 2 (『ベクターマン2』)

エクストラゲーム
 Alien Syndrome (AC版『エイリアンシンドローム』)
 Altered Beast (AC版『獣王記』)
 Congo Bongo (AC版『コンゴボンゴ』)
 Fantasy Zone (AC版『ファンタジーゾーン』)
 Golden Axe Warrior (SMS版『ゴールデンアックス ウォリアー』)
 Phantasy Star (SMS版『ファンタシースター』)
 Shinobi (AC版『SHINOBI 忍』)
 Space Harrier (AC版『スペースハリアー』)
 Zaxxon (AC版『ザクソン』)

まじかるハット  ぷよぷよ

にほんブログ村 ゲームブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ