ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ゲームレビュー  >  ファミコン >  独眼竜政宗 (FC)

独眼竜政宗 (FC)

タイトル画面
・機種ファミコン
・メーカーナムコ
・ジャンルシミュレーション
・発売日1988年4月5日
・価格5,500円



■ 伊達政宗の性格は「ゆうもうかかん」
 ファミコンソフト『独眼竜政宗』は、戦国時代の英雄・伊達政宗を主役にした歴史シミュレーションゲームです。1987年にNHKの大河ドラマ『独眼竜政宗』が放送されましたが、本作とこの同名ドラマは無関係とのこと。タイアップ商品に見せかけた便乗商品・・・・・・、まあ、商売の世界ではよくある話ですね。

 この頃のナムコは光栄のシェアを奪おうと画策していたのか、戦国もののシミュレーションゲームに色気を出していました。『三国志』をモチーフにしたファミコンソフトも2作品(『三国志 中原の覇者』と『三国志II 覇王の大陸』)発売しています。ナムコとしてはこの「三本の矢」を放っただけで満足だったのでしょうか? これしきの生ぬるい攻撃では、『信長の野望』シリーズで築いた光栄の牙城は揺るぎませんよ。

 NHKの大河ドラマといえば、今年は『軍師官兵衛』をやっていますね。私は本能寺の変~中国大返しがあった時期に何回か視聴してみました。金髪豚野郎こと春風亭小朝率いる明智軍が崩壊する様を見たかったのに、「山崎の戦い」を丸々省略するという暴挙。「ちょwww そこカットするのかよ!? 予算の使い方がおかしいだろ! いい加減にしろ!!」とテレビに向かって吠えてしまいました(笑)。
 これでガッカリしてしまって、それ以降は見ていません。媚中媚韓のNHKのことだから、どうせ秀吉の朝鮮出兵もさらっと流したと思います。ええ、見なくても想像はつきます。

 閑話休題。このゲームの最終目的は、奥州12ヶ国を統一することです。プレイヤー=伊達家の本拠地は、マップのほぼ中央にある米沢城。最強のライバル最上家を加えた計5ヶ国と隣接しており、攻守共に難しい場所にあります(下右画面参照)。プレイヤー泣かせのいやらしい初期配置です。
 こういう場合、『信長の野望』だと強い国と同盟関係を結んで敵国を減らす事前工作をしますが、『独眼竜政宗』には外交の要素がありません。孤立無援のままCOM連合国と戦うことになります。

 戦国時代の勢力図を見てみると、伊達政宗が治めていた領地はあまり広くなく、版図を拡大しようとした矢先、秀吉そして家康ににらまれて身動きが取れなくなりました。史実では達成できなかった「政宗の野望」――奥州統一をゲームで成就させましょう!

コマンド画面      全体図

■ 流鏑馬の 猪射抜く 独眼竜
 ゲーム難易度は「初陣の章」(やさしい)と「激闘の章」(むずかしい)の2種類が用意してあります。初心者の人は、COMが積極的に攻めてこない「初陣の章」をプレイしてゲームのコツを掴みましょう。

 『独眼竜政宗』は1年4ターンでゲームが進行します。「視察」以外のどのコマンドを実行しても1ターン消費します。商人を呼んで取引するだけでも1ターンかかるのが辛いところ。支城を増やしても「1ターン1コマンド」の原則は変わらず、厳しい状況は続きます。
 つまり内政や調略を長々とやっている余裕はまったく無いということです。戦争をずるずると先延ばしにしていたら、あっという間に政宗は高齢の域に入ってしまいます。『独眼竜政宗』は優先順位が「軍備>内政」の“戦争ゲーム”です。

 オーソドックスな攻略法では、ゲームをスタートした後にまず「開墾」のコマンドを実行してある程度石高を増やします。目安としては、石高が100万石以上になるまで「開墾」を繰り返すのがセオリーです。
 備蓄米が増えたら、米相場をチェックして、高く売れる時期に売却して金に替えます。その金で兵力を整え、兵士の訓練度をアップさせたらいよいよ戦争シーズンに突入です。

 「訓練」のコマンドを実行すると、ときどきミニゲームの「流鏑馬(やぶさめ)」に挑戦するか訊かれます。この流鏑馬で高得点を叩き出すと、通常よりも訓練度を大きく上げることができます。
 が、この流鏑馬はタイミングが非常にシビアなゲームです。失敗してしまうと訓練度は全然上がらないため、腕に自信がないなら無理に挑戦する必要はないと思います。流鏑馬が上達しないと「激闘の章」はクリアできない、というゲームバランスではないのでご安心を。

 足軽隊、騎馬隊、鉄砲隊、旗本隊の4つの部隊を動かす「合戦モード」は面白かったですね。兵士の数が増えると、実際に部隊の厚みも増すのがリアルでした。同時代に発売された『信長の野望』の合戦は、部隊の数値を削るだけの単調なものでしたから、『独眼竜政宗』の合戦は上手く作っているなぁと感心しました。
 部隊の隊列は6つの陣形から選択します。敵の鉄砲隊の攻撃を一方的に喰らわない、逆に言えば味方の鉄砲隊の攻撃が一方的に当たる隊列にすれば、おのずと勝利が見えてきます。
待ってろ、秀吉!

やぶさめ      合戦モード

にほんブログ村 ゲームブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ