ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ゲームレビュー  >  Wii >  忌火起草 解明編 (Wii)

忌火起草 解明編 (Wii)

タイトル画面
・機種Wii
・メーカーチュンソフト
・ジャンルノベル
・発売日2008年8月7日
・価格5,800円



■ 忌火起草の花言葉は「悔恨」
 チュンソフトが手がけたサウンドノベル作品の1つ『忌火起草(いまびきそう)』。2007年10月にPS3版が、2008年8月に新シナリオ2本を追加したWii版の『解明編』が発売されました。
 スーパーファミコン用ソフト『弟切草(おとぎりそう)』に次ぐ、「草シリーズ」(というのかな?)の第2弾ソフトですが、ストーリー的に『弟切草』との繋がりはありません。タイトルの忌火起草とは、ミカン科の植物「ヘンルーダ」をモデルにした架空の野草であるそうです。

ビジョンって薬知ってる? すげー盛り上がるぜ
 今から30年ほど前、若者の間で流行した麻薬ゲーム『きこりの与作』。カセットビジョンの代表作であるこのソフトについては、プレイした多くの者を「ヘイヘイホー中毒」にする危険性が指摘されてきました。
 そして現在――若者の間で流行する危険ドラッグ「ビジョン」。それを服用した者は、次々に謎の焼死を遂げていました。主人公の牧村弘樹は、野草研究サークルに所属する男子大学生。弘樹とサークルのメンバーたちは、ビジョンにまつわる忌まわしき呪いに巻き込まれていきます。

 ストーリーの骨子は、『リング』や『呪怨』のような、20世紀末に流行ったジャパニーズホラー映画を意識しています。既存のホラーサスペンス作品に似ているため、独創的なシナリオとは言えないのが弱点です。しかし、文章の質は『弟切草』よりも上だと思います。
 『忌火起草』では、地の文章を画面に表示して、登場人物のセリフを音声で流すというユニークなシステムを採用しています。目で読む文章と耳で聞く文章が同時に頭に入ってくる感覚は新鮮でした。すべての文章を画面に表示する方法よりもテンポが良くなっています。

 サウンドノベルの楽しみ方は、フローチャートの形を理解するところにあると思います。『弟切草』のようにいくつかのシナリオが並列しているのか、それとも『かまいたちの夜』のようにシナリオが完全に分岐していくのか、制作者の意図を読み解くことが重要になります。『忌火起草』のフローチャートの形は、上記の中間のタイプになるでしょうか。

健吾  イマビキソウ

■ サークル仲間に危険ドラッグを勧める健吾は人間のクズ
 以下の文章には重大なネタバレがあるので、まだプレイしたことがない人、これからプレイする予定の人は注意してください

 物語は月曜日に弘樹が大学で講義を受けているシーンから始まり、金曜日の夜にヒロインの早瀬愛美と一緒に事件の発端となった不気味な屋敷を探索することになります。この流れは各ルートともに共通です。
 屋敷の内部に入ると、フローチャートが使用できなくなります。この不便な仕様は、難易度と利便性を秤に掛けた末の決断だったのでしょう。ピンクルートを含めた全エンディング39本を見ると「金のしおり」に変化して、屋敷内のフローチャートも表示されるようになります。

 Wii版『忌火起草』の攻略の順番は、以下のとおりです。赤ルートの完エンディングに到達すると、ゲーム再開後に新しいルートへ進む分岐点が出現します。
 1.赤ルート……屋敷で呪いの薬「ビジョン」を作っていたよ編
 2.青ルート……狂信的なカルト教団は怖いよ編
 3.茶ルート……精神科の医院に通院してみたよ編
 4.紫ルート……吸血鬼と吸血鬼ハンターが出てくるよ編
 5.緑ルート……江戸時代にツンベルクという外国人が来日したよ編
 6.紺ルート(解明編の追加シナリオ その1)……愛美は僕の心の中にいるよ編
 7.ピンクルート……据え膳食わぬは男の恥だよ編
 8.車内編(解明編の追加シナリオ その2)……すべては弘樹の妄想だったよ編

 Wii版で追加されたシナリオ2本は、両方とも進入するポイントを自力で見つけるのが困難です。6の紺ルートはストーリーの大部分が5の緑ルートと重なっているため、車内編は8箇所ある分岐点候補のどこから進入するのか確定しないためです。
 特に車内編への進入方法は「攻略サイトを見ないと、まず気づかないよなぁ・・・・・・」と思いました。せっかくの追加シナリオを、「隠し要素」のような扱いにする必要があったのでしょうか?

 どのルートの完エンディングもハッピーエンドではなかった理由が、最後の車内編のシナリオで明かされます。夢オチ、あるいは妄想オチは、映画やドラマで多用されていますが、複数のシナリオをまとめる手段としては良いアイディアかもしれませんね。主人公の心の傷が上手く表現されていましたよ。
 しかしそうなると、車内編が含まれていないPS3版『忌火起草』は、未完成商品ということに・・・・・・

幻覚  選択肢

にほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2014/10/30 22:00 ] ゲームレビュー Wii | TB(0) | CM(2)
ふざけんな
ネタバレ書くなよクズ
書くなら警告文入れとけタコ
[ 2021/03/05 19:15 ] [ 編集 ]
Re: ネタバレ
少し古いゲームのレビューですから、ここでネタバレしても問題ないかなと思って書きましたが、配慮に欠けていたことをお詫びします。
ネタバレ注意の文章を追加しました。
[ 2021/03/05 23:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ