ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ゲームレビュー  >  ファミコン >  ダウンタウン熱血物語 (FC)

ダウンタウン熱血物語 (FC)

タイトル画面
・機種ファミコン
・メーカーテクノスジャパン
・ジャンルアクション
・発売日1989年4月25日
・価格5,900円



■ くにおとりきが共闘! 冷峰学園をぶっつぶせ!
 アクションゲーム『ダウンタウン熱血物語』(FC)は、ファミコンで発売された「くにおくんシリーズ」第3作目の作品です。シリーズの中でも人気が高く、万人が楽しめる良作として知られています。家族や友人がいれば、「くにお」と「りき」の共闘(2人同時プレイ)も可能です。
 基本的なシステムは、第1作目『熱血硬派くにおくん』(FC)と同じ、見下ろし視点の喧嘩アクションです。それに、敵がドロップするコインを貯めて商品を買い、くにおたちの能力値を上げるRPG要素が加えられました。

 ゲームはりきの母校である花園学園の校舎前からスタートします。最終目的地は近くにある冷峰学園。服部竜一と竜二の“ダブルドラゴン兄弟”が支配する悪の巣窟です。
 その冷峰学園の者に、りきの彼女・島田真美は連れ去られてしまいました。りきが一人で冷峰学園に乗り込もうとしたとき、熱血高校のくにおが現れます。「く、くにお!? お前、どうしてここに・・・・・・」
 りきはさらわれた彼女を助けるため、くにおはかつての仲間(山田)に会うため、異なる目的を胸に秘めた二人は冷峰学園へと歩き出しました。

 『熱血硬派くにおくん』と比較すると、キャラクターはデフォルメされて頭身が低くなり、子供に親しみやすい姿になりました。キュッと脇を締めたような姿勢が特徴です。
 全体的に動きはコミカルになりましたが、敵の懐に入ってパンチやキックを叩き込む爽快感は健在です。敵がダウンする際に自動的に「突き上げ攻撃」になる工夫が良いですね。ボタンを連打するだけで多彩な攻撃をしているように感じます。

 さらに、敵が持っていた鉄パイプやチェーンなどの武器を奪って振り回したり、古タイヤやゴミ箱を掴んで投げつけることもできます。なんでもありの派手な乱闘を上手く表現していると思います。
 投げたり蹴ったりした物体は、Bモードであっても味方に当たってしまうので十分に注意しましょう。敵と味方が重なって混乱状態になっているときは自重が必要です。

校門前      本屋

■ 全国の山田さんには申し訳ないが・・・
 くにおたちの軽快なアクションもさることながら、このゲームは商店街での買い物が非常に楽しいです。菓子パンからエロ本にいたるまで、商店街のお店には様々な種類の商品が並んでいます。喫茶店や定食屋に入れば、食事を満喫することもできます。
 不良たちから金を巻き上げて食べる飯は美味しいか? ――ええ、とっても。い、いや、意識してカツアゲしたわけじゃないんですよ。彼らが倒れて消滅した地点に、なぜかコインが跳ねていたんです。それが自然と学ランのポケットの中に入ってしまって・・・・・・単なる不可抗力です。

 これらの商品は体力を回復する効果のほかに、「ちから」や「すばやさ」などの能力値を上げる効果があります。値段が高い商品は、それだけの高い効果を期待できます。特に本屋で販売している「必殺技の本」は重要。マッハパンチやマッハキックを習得すれば、ボス戦がかなり楽になります。
 能力値を一気に上昇させたいときは、トンネルの中で秘密裏に営業している「謎の店」の商品を利用しましょう。お値段は少々張りますが、使えばチート級の効果を発揮します。このゲームには所持金が増える便利な裏技があるので、その気になれば短時間でくにおたちの能力値をMAXにすることができますよ。

 バンダイの『ポケットザウルス 十王剣の謎』(FC)のように、画面下には敵キャラの面白セリフが表示されます。「どっくーん と きたよー!」と意味不明の奇声を発したり、やられるときに「おかーちゃーん!」と断末魔の叫び声を上げたり、プレイヤーを大いに笑わせてくれます。ここは「修羅の国」のような荒れた土地柄ですねぇ。完全に危険ドラッグをキメているじゃないですか。
 冷峰学園の圧政が苛烈すぎて、この辺りの不良グループのメンバーは相当ストレスが溜まっているのでしょう。「これ以上、彼らに危険ドラッグを購入させてはいけない」、くにおとりきが不良たちから所持金を奪うのは、ある意味正しい行為なのです。

 『ダウンタウン熱血物語』は何回クリアしても飽きが来ない、不思議な魅力があるソフトです。短い時間で最初から最後まで一気にクリアできるテンポの良さは格別です。私が好きなファミコンソフトの一つでした。みなさんは「おたのしみ いただけましたか?」

長谷部      ぴゅぴゅぴゅのぴゅー

にほんブログ村 ゲームブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ