ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ブックレビュー  >  ビジネス・経済・キャリア >  ファミコンとその時代

ファミコンとその時代

表紙

上村雅之+細井浩一+中村彰憲『ファミコンとその時代』(NTT出版)

■ ファミコンの誕生とゲーム文化史
 革命的な家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」が発売されてから、今年でちょうど30年が経過した。本書は、ファミコンの開発責任者であった任天堂開発第二部長(当時)の上村雅之氏ほか二名が執筆したファミコン小論である。内部事情に詳しい上村氏が執筆に携わっており、ゲームライターが書いた類似のファミコン解説本とは一線を画する学術的な内容になっている。

 第1章と第2章でファミコン以前の家庭用ゲーム機の歴史を丹念にたどり、第3章でようやく本書のテーマであるファミコンが登場する。携帯型液晶ゲーム機「ゲーム&ウオッチ」のブームが下火になり、次の一手を模索していた任天堂は、各家庭にあるテレビを利用した新しいゲーム機を考案していた。

 技術的な問題として、カセット式テレビゲームを製品化する際に重大なリスクになると想定されたのは、カセットの「接触不良」と「静電破壊」である。結局のところ、この2つの懸念材料はメーカー側が対策を施したため大きなトラブルとはならなかったのだが、仮に解決の見通しが立たなかった場合、ファミコンは全く別の形になっていた可能性がある。
 アメリカ発のアタリショックによるゲーム専用機アレルギーが、流通業界や小売業界に蔓延していたさなか、ファミコンの仕様にかなり神経質になっていたことを伺える。

 ファミコンが発売されてから1年間は、任天堂製のソフトしか発売されなかった。ゲームセンターで人気があった『ドンキーコング』や『マリオブラザーズ』が主力タイトルであったが、それらはアーケード版から劣化しており、コアなゲームファンの視点から見ればやや求心力に欠けていたことは事実である。
 ファミコンが爆発的に売れ始めたのは、ナムコがサードに参入して『パックマン』や『ゼビウス』をファミコンに移植してからである。他社の有名ゲームの後押しがなければ、ファミコンが一時代を築くことはなかったかもしれない。

 そこで気になったのは、故・山内溥元社長がビジネス誌で語った「任天堂というのは、独りぼっちの企業なのです」という言葉。ファミコンという歴史に残る名ゲーム機を誕生させ、道なき道を開拓してきたという自負から発言したものだと思うが、任天堂がこれから先も独自路線を続けていけるのか一抹の不安を感じるのである。

にほんブログ村 ゲームブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ