ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  2017年04月
月別アーカイブ  [ 2017年04月 ] 

≪ 前月 |  2017年04月  | 翌月 ≫

Axiom Verge (PC)

タイトル画面  謎の声

■ メトロイドヴァニアは滅びぬ! 何度でも蘇るさ!
 今回レビューするソフトは、ゲームプログラマーのTom Happ氏が5年の歳月をかけ、たった一人で開発したゲーム『Axiom Verge(アクシオム・ヴァージ)』。任天堂の『メトロイド』シリーズをオマージュした、探索型の2Dアクションゲームです。
 「メトロイドヴァニア」系のインディーゲームはたくさんありますが、『Axiom Verge』はその中でトップに君臨する作品です。実際にプレイしてみて出来の良さに感心しました。操作性は快適だし、ドット絵・BGMはハイクオリティ。このゲームを一人で作ったなんて信じられませんよ。

 『メトロイド』シリーズのファンとしては、『スーパーメトロイド』(SFC)を進化させた探索型の『Newメトロイド』を作って欲しいと思っています。しかし任天堂はなかなか重い腰を上げてくれません。Wiiで発売された『メトロイド アザーM』は探索要素が少なく、期待していたファンの間では不評でした。「顧客が本当に必要だったもの」はコレジャナイんです。

 『メトロイド』ファンに追い打ちをかけたのが、3DSの『メトロイドプライム フェデレーションフォース』ですよ。E3 2015の出展映像を見た海外のゲームファンは、ショックのあまり「Metroid f**kin' soccer(sucker)!!!!!!」と絶叫。その動画を見たときは声を出して笑いました。
 あの“サッカーもどき”はゲーム内のトレーニングモードに過ぎないのに、ゲームのメイン要素と誤解させるトレイラーを作るのが悪い(笑)。3頭身のデフォルメキャラクターも、正直な感想を言うと『メトロイド』の世界観にはそぐわないと思いました。

 「メトロイドヴァニア」系のゲームが大好物だというゲームファンにオススメなのが、この『Axiom Verge』です。初代『メトロイド』、『メトロイドII』、『スーパーメトロイド』の面白さを再現した「メトロイドクローン」作品ですから、楽しめること間違いなしです。大手のゲーム会社がほとんど作らなくなった「メトロイドヴァニア」を、こうやって提供してくれるのは嬉しい限りです。
 海外ではPS4版、PS Vita版、Xbox One版、Wii U版と、複数のコンシューマー機で遊べるみたいですね。日本に住んでいる人はSteam版が買いやすいと思います。

トレース  アイテム発見

■ ハードSFの世界観がグッド
 『Axiom Verge』の主人公は、何かの研究所で働いていたトレース。ある日トレースは、研究所の爆発事故に巻き込まれ、気を失ってしまいます。「…目を覚まして、トレース…」という呼び声で意識を回復したトレース。そこは異世界にあるタマゴ割り機のような回復装置の上でした。
 謎の声の主に誘導されたトレースは、「アクシオムディスラプター」というハイテク銃を手に入れます。ここはどこなのか全く分からないまま、トレース=プレイヤーは不気味なダンジョンの中を探索することになります。

 ゲームの目的は、アリの巣のように広がったダンジョンを攻略し、未知のアイテムを集めてキャラクターを強くし、ダンジョンの各所にいるボスキャラを倒すことです。新しいアイテムを入手することで行動範囲が広がり、先のステージに進めるようになります。「メトロイドヴァニア」ではおなじみのゲーム構成ですね。
 『メトロイド』でいうところの「ボム」の役割を持ったアイテムが、「レーザードリル」です。これで脆い岩を破壊して壁や床に穴を開けることができます。地形をバグらせる「アドレス攪乱機」や、遠隔操作できる「ドローン」もユニークなアイテムです。『メトロイド』そっくりにならないように、なるべく違いを出そうと努力しているのが伝わってきました。

 攻撃武器は全20種類と豊富。発射したあと着弾地点で破裂して周囲にダメージを与えるものや、炎で敵を焼き尽くす火炎放射器のようなものなど、様々なタイプの武器が用意してあります。状況に応じて有利な武器に切り替えるとクリアしやすいでしょう。

 ゲームスタート時点のトレースは体力が低く、油断しているとすぐにザコ敵の攻撃で死んでしまいます。死ぬと肉体が再生され、セーブルームから再スタート。画面左上の赤いバーが体力ゲージですが、ゲーム画面を見ていただけると分かるように、異常に短いと思いませんか?(笑) 雑にプレイしているとあっという間にセーブルーム送りになるので、序盤は慎重にプレイしましょう。最初のボスキャラ(下左画面参照)は、ゲーム序盤にしてはかなりタフで苦戦すると思います。

 エンディングまでの所要時間は、10時間ほど。アイテム獲得率を100%にしようとすると15時間くらいかかるかな? アイテムのいくつかは、「ドローン切り替え連続ジャンプ」のような上級テクニックが必要な場所に置いてあります。「ああ、あそこに隠しアイテムがあるな」とは何となく分かるものの、簡単には取れないもどかしさ。
 『スーパーメトロイド』で「連続ボムジャンプ」や「ブースト維持」がなかなかできない私は、100%クリアは難しいと感じました。下手すぎる自分が情けない。(´・ω・`)

 腕に自信がある人は、Steam版の追加要素であるスピードランモードで、クリアタイムを競ってみてはいかが?

ボス戦  エルセノヴァ

にほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2017/04/30 22:00 ] ゲームレビュー Steam | TB(0) | CM(0)

Newニンテンドー2DS LL 紹介映像

New 2DS LL

Newニンテンドー2DS LL ドラゴンクエスト はぐれメタルエディション+Amazon.co.jpオリジナルダンボー組立キット付

 任天堂の新型携帯ゲーム機「Newニンテンドー2DS LL」のプロモーションビデオです。3D表示機能を省いたことで、本体重量が3DS LLよりも軽くなっています。んー、やっぱり3D表示機能はあまり必要とされていなかったのかな?
 まあ、3D表示機能の搭載は山内会長の強い要望だったからね、しょうがないね。

プレステvsセガサターン 新マルチタイトル比較①

PS VS SS

 ソニーのプレイステーションとセガのセガサターンで発売されたマルチタイトルを比較してみた動画です。セガサターンは2D表示に命運を賭けたんですけどね~。結果的にそれがプレステに負けた原因となってしまいました。

星のカービィ タイムアタック

星のカービィ

 初代『星のカービィ』(GB)のTAS動画です。『大乱闘スマッシュブラザーズ』で有名な桜井政博氏の代表作です。開発中のタイトルだった『ティンクル★ポポ』のまま発売されていたら……大ヒットは難しかったかもしれませんね。

ゆっくり実況 マインドシーカー

マインドシーカー

 超能力開発ソフト『マインドシーカー』(FC)のRTA動画です。エスパーキヨタこと(自称)超能力者の清田益章氏が監修したソフトです。もちろん、このゲームをプレイしたからといって、超能力は身につきません。

ゆっくり解説 超時空要塞マクロス

マクロス

 PS2ソフト『超時空要塞マクロス』のRTA動画です。アニメ作品『マクロス』を題材にしたゲームはファミコン時代からいろいろと発売されていますが、本作はファイター形態での3Dシューティングがウリです。

ゆっくり実況 マクドナルド物語

マクドナルド物語

 ゲームボーイカラーの色物ソフト『マクドナルド物語 ほのぼの店長育成ゲーム』のRTA動画です。このゲームのRTAに挑戦した先駆者がいないため、投稿者が第一人者になりました(笑)。

セプテントリオン タイムアタック

セプテントリオン

 サバイバルアドベンチャーゲーム『セプテントリオン』(SFC)のTAS動画です。操作キャラクターは医師のジェフリー・ハウエル。ゲームバラエティ番組『ゲームセンターCX』で有野課長が挑戦していましたね。

シド王子と会わずにゾーラの里に辿り着いてみた

シド王子

 『ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド』より、ゾーラ川の下流でシド王子と会わないまま、直接ゾーラの里に行くとどうなるかを検証した動画です。これは私も気になっていました。

 2本目の動画は、カカリコ村のインパと初めて会う前に、4体の神獣を解放しているとどうなるかを検証した動画です。こちらは割とあっさり(笑)。

訳アリチートバグ4

デメント

 訳アリチートバグ動画の第4弾です。上の画像のゲームは、カプコンのホラーアドベンチャーゲーム『デメント』(PS2)。『北斗の拳』(PS)の唐突な「キン肉バスター」には吹きました。

ラゴクエ4

ラゴクエ4

 ロールプレイングゲーム『ドラゴンクエストIV』(FC)のチートバグ動画です。開発スタッフのキラ・オリヤマって人、かっこいい名前ですね。スタート地点の周囲にバリアがあったら詰みじゃないですか(笑)。

光の弓矢を持ってトンズラしてみた

光の壁

 『ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド』より、ラスボス・厄災ガノンとの戦いから抜け出したバグ動画です。厄災ガノンの最終形態とはハイラル城の南にある平原で戦いますが、その平原の周囲に出現する「光の壁」をすり抜けています。これには開発スタッフも苦笑い。

ゆっくり実況 夜廻

夜廻

 日本一ソフトウェアのアドベンチャーゲーム『夜廻(よまわり)』のRTA動画です。声が甲高いゆっくりが不気味な夜の町を探索しています。オープニングの残酷なシーンは、犬好きにはショック。

ストリートファイターV 画像集

ザンギエフ

 『ストリートファイターV』をプレイする格闘ゲーマーたちを撮影した画像集です。有名格闘ゲーマーたちのお茶目な姿を楽しむことができます。格闘ゲーマーの人の鋭い反射神経には感心しますね。

ファイアーエムブレム Echoes PV

FE Echoes

ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王 【早期購入特典】「TCGファイアーエムブレム0(サイファ)」限定カード1枚同梱

 新作ソフト『ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』(3DS)のプロモーションビデオです。1992年に発売された『ファイアーエムブレム外伝』(FC)のリメイク作品です。弓兵が異常に強いゲームバランスはそのままかな?

Minecraft マインクラフトリックアート

トリックアート

 サンドボックスゲーム『Minecraft』で、錯視を利用したトリックアートを作ってみた動画です。エッシャーのだまし絵《滝》を思わせる不思議な建造物です。『ゴッド・オブ・ウォーIII』に同じような仕掛けがありましたね。

ダービースタリオン99 借金有り凱旋門賞RTA

凱旋門賞

 『ダービースタリオン99』(PS)で、凱旋門賞に勝利するまでの最速タイムに挑戦したRTA動画です。『ダビスタ』が面白かったのは、この作品が最後だったのかもしれないですねぇ……

スーパーマリオボール タイムアタック

スーパーマリオボール

 マリオのピンボールゲーム『スーパーマリオボール』(GBA)のTAS動画です。カービィもサムスもピンボールになったし、当然マリオもピンボールにならないといけませんね。任天堂の看板キャラですから。

頭脳戦艦ガル (FC)

タイトル画面
・機種ファミコン
・メーカーデービーソフト
・ジャンルロールプレイング
・発売日1985年12月14日
・価格4,900円



■ RPGの定義を揺るがした問題作
 ファミコン初のロールプレイングゲーム(RPG)は何でしょう?というクイズに、『ドラゴンクエスト』と答える人はただの素人です。正しい答えは、1986年3月に発売された『ハイドライド・スペシャル』。ホビーパソコンを持っていなかった私にとって、『ハイドライド・スペシャル』は宝物のようなソフトでした。
 しかしそれ以前に、どこからどう見ても「シューティングゲーム」でありながら、ロールプレイングゲームを自称した不届きなゲームが存在しました。その名は『頭脳戦艦ガル』。

 1985年12月にデービーソフトが発売したこの『頭脳戦艦ガル』のパッケージには、「スクロール・ロールプレイングゲーム」という、今まで聞いたこともないような宣伝文句が書いてあったのです。――「は?ふざけんな! 本当のRPGとはどういうものか、俺たちが見せてやるよ!」と開発されたのがエニックスの『ドラゴンクエスト』です。
 これはウソのようなホラ話ですが、「『頭脳戦艦ガル』はRPGじゃねーだろw」とファミコンユーザーから総ツッコミを受けていたのは事実です。みうらじゅん氏が本作をクソゲーだとネタにする前から、すでにネタゲーとしての地位を築いていました(笑)。

 メーカーがRPGと強弁すればどんなゲームでもRPGになる、まあ、それは「表現の自由」ということでいいでしょう。スクウェアが『キングスナイト』をRPGと言うなら、ジャンルはRPGなのだと思います。
 では、「そもそもRPGとは何ぞや?」と考えると、その定義付けの難しさに気づきます。「『ドラゴンクエスト』のように、剣を持った勇者が世界を冒険して、敵である魔王を倒すゲームでしょう?」と言われると、確かにそれはRPGに対する私たちのイメージと合致します。

 しかし例えば『ゼルダの伝説』はまさにそういう物語のゲームでありながら、ジャンルは「アクションアドベンチャー」と表記されています。「アクションRPG」と「アクションアドベンチャー」の違い、具体例を挙げると『ダークソウル』と『ゼルダの伝説』の違いって、いったい何なのでしょうか?
 『聖剣伝説』(GB)のレビュー記事で少し触れましたが、この業界ではゲーム内に〔経験値による成長の仕組み〕を取り入れているか否かで、このゲームはRPGである、またはアドベンチャーゲームである、とジャンル分けします。

 『ダークソウル』は敵を倒して獲得した経験値=「ソウル」を使ってレベルアップするからRPG、『ゼルダの伝説』は「ハートの器」というアイテムを取って体力を増やすからアドベンチャーゲーム、……私には両者の本質的な違いがよく分かりませんが、一般的にはそういう慣習になっています。もし、アクションゲーム『ロックマン』が経験値で成長する仕組みを導入したとすれば、ジャンルは「アクションRPG」になるということです。

地底ステージ      コアステージ

■ ガルとはいったい……うごごご!
 このゲームの最終目標は、戦闘機「ジスタス-21」を操作して、敵惑星ガーネットスターの宇宙空間制御装置「ドラッグ」を破壊することです。この「ドラッグ」を破壊するためには、各ステージに散らばる「パーツ」(上左画面参照)を100個(!)集める必要があります。
 なお、タイトルの「頭脳戦艦ガル」は、味方の戦艦の名前であり、ゲームには一切登場しません。アニメ『宇宙戦艦ヤマト』でヤマトが出てこないようなものです。

 ステージは「地底ステージ」、「コアステージ」、「宇宙ステージ」の3種類があり、さらに合計30のエリアに分かれています。パーツはエリアに1つずつあり、3種類のステージを周回しながらパーツを収集していきます。
 パーツを100個集めた状態で宇宙ステージの最終エリアに行くと、宇宙空間制御装置「ドラッグ」が出現。「ドラッグ」がスクロールによって画面から消える前に連射攻撃で破壊すると、エンディング画面が表示されます。

 まず、このパーツ100個という数、どう考えても多すぎですよね。パスワード機能やセーブ機能があるなら、まあ分からなくもないですが、ファミコン初期のソフトにそんな便利なものはありません。2時間近く敵の攻撃を避け続けるなんて「苦行」というしかないです。シューティングが得意なゲーマーの人でも、これはきついでしょう。
 最近のゲームに置き換えて考えてみると、もし『ゼルダの伝説 BotW』が「コログ」を100匹見つけるまでセーブできない仕様だとしたら、非難が殺到すること間違いなしですよね(笑)。

 難易度的に考えて、ステージの順序も狂っています。宇宙ステージがいちばん易しくて、コアステージは中難易度、最も難しいのが地底ステージです。それなのにプレイする順番は「地底ステージ」→「コアステージ」→「宇宙ステージ」のステージ構成になっています。
 地底ステージは自機が移動できる範囲が狭く、両サイドの壁に激突するとミスになります。高度な動体視力と反射神経を要求されるステージです。プレイヤーの多くが最初の周回の地底ステージ(全12エリア)をクリアできず、どうにもならないクソゲーという烙印を押されてしまいました。
 3つめの宇宙ステージは『スターフォース』っぽくて、結構爽快な作りなんですけどね。全エリアが宇宙ステージだったら、評価も大きく変わっていたと思いますよ。

 実はこのゲーム、倒した敵の数によって自機が4段階にパワーアップする「RPG要素」があります。前述したRPGの条件(経験値があるかないか)を満たしているのです。
 だから、デービーソフトが本作を「RPG」と称したのは、決して間違いではないんですよ。デービーソフトはRPGの意味をちゃんと理解していたからこそ、シューティングゲームに「RPG」とジャンル付けした、つまりは確信犯なのです。

 『頭脳戦艦ガル』はRPG! 以上!


※【本作の無敵コマンド】
 タイトル画面で、Aボタン2回、十字キーの下1回、十字キーの左1回、十字キーの右3回、Bボタン1回、十字キーの上4回押してスタートすると、自機が無敵状態になる。ただし、壁に激突するとミスになる。

宇宙ステージ      ボス戦

にほんブログ村 ゲームブログへ

正直なゲームトレイラー ファイナルファンタジーXV

FF15

 シリーズ最新作『ファイナルファンタジーXV』を、ブラックユーモアを交えて紹介した動画です。本作の日本での評価はそれほど高くありませんが、海外では楽しんでプレイしているユーザーが多いようです。

ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド タイムアタック

厄災ガノン

 新作ソフト『ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド』のRTA動画(字幕解説付き)です。世界記録は4月15日現在41分25秒とのことですが、この動画の記録も十分速いです。夏のDLCで追加される「ハードモード」の内容が気になりますね。

※追記(2017年4月25日)
 記録更新版の動画を追加しました。

実況パワフルプロ野球 安部憲幸ボイス集

実況ボイス

 『実況パワフルプロ野球』シリーズ初期の実況を担当していた、安部憲幸アナウンサーのボイス集です。安部氏は今年の4月6日に、胃がんのため死去されました。ご冥福をお祈り致します。

ゆっくり実況 ワギャンランド2

ワギャンランド2

 ファミコンソフト『ワギャンランド2』のRTA動画です。ゆっくりが『ワギャン』シリーズの第2作目に挑戦しています。前作の主人公ワギャンの息子であるワギャンII世が本作の主人公です。

ニンテンドーダイレクト 2017.4.13

Nintendo Direct

 4月13日午前7時から放送された「ニンテンドーダイレクト」の動画です。今回から「ダイレクト」がリニューアルされ、ソフトの紹介方法が少し変わりました。格闘スポーツゲーム『ARMS』(NS)は、大化けの可能性を秘めたソフトかもしれません。

ドラゴンクエストXI PV

ドラクエ11

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて - PS4
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて - 3DS

 発売日が7月29日に決定した、シリーズ最新作『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』の最新プロモーションビデオです。個人的には3DS版の2Dモードが懐かしい感じで好印象。本作には簡易的な「復活の呪文」も搭載される予定です。

鳥人間チャレンジでハイラル城に突入してみた

ハイラル城

 新作ソフト『ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド』で、トロッコに鉄の箱を載せてその上に乗り、マグネキャッチでトロッコを持ち上げると空中に浮くことができるという裏技が発見されました。

 その裏技を使って、ミニゲームの「鳥人間チャレンジ」の途中でハイラル城の本丸に突入してみた動画です。これを行うと、ゲームの進行が不能になるバグが発生するようです。バグらしいバグがなかった新作『ゼルダの伝説』に、ついに大型バグが見つかってしまいましたか。

 とはいえ、普通のプレイヤーは、丘陵の塔の頂上にトロッコと鉄の箱を持って行かないんだよなぁ……

TASさんがWii Sportsで遊んでみた

野球

 TASさんが『Wiiスポーツ』収録のゲーム、「ゴルフ」と「野球」に挑戦した動画です。このシリーズ作品の競技でいちばん面白いのは「ゴルフ」ですよね。コース数を増やして、ツアーモードを搭載したゴルフゲームを出して欲しいです。

ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド 時系列考察

時系列考察

ハイラル・ヒストリア ゼルダの伝説大全 (任天堂公式ガイドブック)

 新作ソフト『ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド』のストーリーは、シリーズ作品の時系列でどの時代を描いているのかを考察した動画です。2011年に発売された公式本『ハイラル・ヒストリア ゼルダの伝説大全』の中で示されたシリーズ作品の時系列は、ゼルダファンに衝撃を与えました。

ドンキーコング & ドンキーコングJR. 同時プレイ

同時プレイ

 NES版(ファミコン版)『ドンキーコング』と『ドンキーコングJR.』を同じコントローラーを使って同時にプレイしたTAS動画です。片方がジャンプ中に片方が移動するなどして動きを調整しているようです。

ゆっくり実況 バイオハザードGAIDEN

GAIDEN

 人気シリーズ『バイオハザード』の黒歴史(?)、『バイオハザードGAIDEN』(GBC)のRTA動画です。某国製のパチモノゲームっぽい雰囲気に包まれていますが、歴としたシリーズ作品です。
プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ