ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ゲーム攻略本

ゲームボーイパーフェクトカタログ

表紙

前田尋之『ゲームボーイパーフェクトカタログ』(ジーウォーク)

■ 女の子だって、ゲームボーイ。
 『メガドライブパーフェクトカタログ』、『ゲーム&ウオッチパーフェクトカタログ』に続く、前田尋之氏の「パーフェクトカタログ」シリーズ第3弾。本書は任天堂が発売した携帯型ゲーム機「ゲームボーイ」の全ソフトを紹介したカタログ本である。『メガドライブパーフェクトカタログ』と同じB5判型の大判サイズで、とても見やすい本になっている。

 ゲームボーイソフトのカタログ本といえば、2005年に発売された裏テク遊戯団の『GB1236タイトル完全カタログ』というムック本が存在していた。しかしこの本は、ゲームボーイ晩年のソフトのゲーム画面をほとんど掲載していない。
 まあ、不完全なりに重宝していた本ではあるが、以前から完全なカタログ本があればいいと思っていた。監修者の前田氏には「ゲームファンの願いを叶えてくれてありがとう」とお礼を言いたい。

 本書の構成について説明すると、基本的に1ページに8タイトルを収録している。各タイトルにつき、パッケージの写真1枚とゲーム画面の写真1枚(主要タイトルはゲーム画面の写真2枚)、それに簡単な説明文が付いている。個人的にはタイトル画面の写真も付けて欲しかった。
 ソフトが「通信ケーブル」や「スーパーゲームボーイ」など4種類の周辺機器に対応しているか、アイコンで明記している点が分かりやすい。特殊な仕様のソフトを探すときに便利だと思う。

 ゲームボーイの黄緑がかった液晶画面を見ると、ノスタルジックな感情が湧き起こる。発売当時は抜群に性能が良い携帯ゲーム機だとは思わなかったが、小さい画面でよくここまで作り込んだなと感心するソフトが多かった。『ポケットモンスター』シリーズを生んだ携帯ゲーム機として、ゲームボーイは私たちの記憶の中でいつまでも生き続けるだろう。

 なお、来年の2月には、レトロゲーム愛好会による『ゲームボーイコンプリートガイド』が刊行される予定になっている。「パーフェクトカタログ」と「コンプリートガイド」の戦いから、今後も目が離せない。

にほんブログ村 ゲームブログへ

メガドライブコンプリートガイドwithマークIII

表紙

レトロゲーム愛好会『メガドライブコンプリートガイドwithマークIII』(主婦の友社)

■ メガドライバー 秋の収穫祭
 メガドライブソフトをこよなく愛するメガドライバーにとって、今年は当たり年ではないだろうか。5月に発売された『メガドライブパーフェクトカタログ』に続いて、2冊目のカタログ本になる『メガドライブコンプリートガイドwithマークIII』が今月発売されたのだ。半年前に刊行された『PCエンジンコンプリートガイド』の姉妹本にあたる。

 特に注目すべき点は、書名に「withマークIII」の文字が刻まれていること。そう、メガドライブの先輩であるセガ・マークIIIのソフトについても、本書は完全網羅している。セガのゲームで青春を過ごしたセガ大好きっ子の諸君なら、決して見過ごすことはできない本であろう。

 『メガドライブパーフェクトカタログ』をすでに購入済みの人は、本書との違いが気になるところだと思う。『メガドライブコンプリートガイド』はA5判サイズの書籍で、B5判サイズの『メガドライブパーフェクトカタログ』より一回り小さいものの、ソフト紹介にパッケージとカートリッジの写真まで付いているのが特徴である。
 完全度・濃密度はこちらの方に軍配が上がると思うが、メガドライバーなら当然2冊とも買うだろうし、いやもう買っているだろうし、とにかく四の五の言わずに買って幸せになろうじゃないか。

 本書に掲載された完全体メガドライブの写真――本体にメガCDとスーパー32Xを合体させた「メガタワー」の雄姿――を見ると、セガはいろんな意味で常識外れだと思った(笑)。

にほんブログ村 ゲームブログへ

メガドライブパーフェクトカタログ

表紙

前田尋之『メガドライブパーフェクトカタログ』(ジーウォーク)

■ まさにパーフェクトなカタログ本!
 メガドライブ関連の全ハードと全ソフトを紹介した『メガドライブパーフェクトカタログ』が、先月の29日に発売された。B5判型の大判サイズの書籍で、オールカラーという贅沢な作りになっている。メガドライブカタログ本の“決定版”と言っていいだろう。
 2015年に増補改訂版が刊行された『メガドライブ大全』は、レビューの文章がおちゃらけた感じなので、それが気に入らないという人にオススメしたい。

 セガは任天堂のファミコンが発売された同じ日(1983年7月15日)に、家庭用ゲーム機のSG-1000を発売。翌年にマイナーチェンジ版のSG-1000IIを、さらに翌年の1985年にセガ・マークIIIを発売するが、圧倒的な人気を誇るファミコンの前では存在感が薄かった。
 1987年10月にファミコンのライバル機となるPCエンジンが登場し、セガは2つのマシンに対抗して、1年後の1988年10月に16ビットのCPUを搭載したメガドライブを誕生させた。いわゆる「ゲームハード三国時代」の到来である。

 メガドライブは1990年11月に発売されたスーパーファミコン(ファミコンの後継機)と性能面で比較されることが多い。同じ16ビットのゲーム機でありながら、メガドライブとスーパーファミコンは設計思想が大きく異なっている。
 メガドライブはCPUの処理速度を重視していて、アクションゲームやシューティングゲームが得意である。しかし同時発色数は512色中64色と少なく、グラフィック面で見劣りする。FM音源搭載で音質はややチープ。
 スーパーファミコンは表示色数、同時発色数ともに多く、グラフィックは鮮やか。PCM音源搭載で音質もメガドライブより上。しかしCPUの性能が低いため、シューティングゲームは劣化移植作品が多かった。シミュレーションゲームも苦手。ロールプレイングゲームが非常に多いのはこのためである。それぞれ一長一短があり、どちらが優れたマシンであるかは好みの問題だと思う。

 メガドライブソフトで私が一番印象に残っている作品は、カプコンの『大魔界村』である。この『大魔界村』はメガドライブとPCエンジンに移植されたが、スーパーファミコンには移植されなかった。カプコンは実におたんこなすである。
 えっ? スーパーファミコンには『超魔界村』があるじゃないかって?  『超魔界村』はアーサーの動きがモッサリしているところがねぇ……

にほんブログ村 ゲームブログへ

PCエンジンコンプリートガイド

表紙

レトロゲーム愛好会『PCエンジンコンプリートガイド』(主婦の友社)

■ PCエンジンの歴史がこの一冊の中に!
 ファミコンを凌ぐ性能を持ち、アーケードゲームを好むコアゲーマー層から熱い支持を得たPCエンジン。本書はそのPCエンジンの全ソフトを掲載したカタログ本である。ファミコンソフトやメガドライブソフトのカタログ本はすでに出版されているが、PCエンジンソフトのカタログ本は、(本格的なものとしては)これが初めての出版ではないだろうか。HuCARD とCD-ROM の2種類のソフトの写真がバッチリ載っていて、レトロゲームファンなら興奮すること間違いナシだ!

 PCエンジンが発売された1987年の頃は、家庭用ゲーム機のゲームとアーケードのゲームにはグラフィック面において大きな格差があった。アーケードゲームを自宅で思う存分遊びたいと、ゲーマーたちは日々悶々としていたのだ。
 ファミコンには数多くのアーケードゲームが移植されていたが、そのほとんどがファミコン本体の性能に合わせて劣化していた。キャラクターが小さくなり、色数が減り、敵の数が減り、BGMが貧弱になり、その惨状はとても正視できるものではなかった。劣化移植作品をつかまされて嗚咽を漏らしたゲームファンは日本に何十万人といただろう。

 だが1988年3月に発売されたPCエンジン版の『R-TYPE』はゲームファンの度肝を抜いた。アーケードの人気シューティングゲームが、驚異のグラフィック力によって再現されていたのだ。私はボスキャラのドブケラドプスの迫力に圧倒され、「任天堂なんてダッセーよな」、「PCエンジンのほうが面白いよな」と叫びたくなってしまった。

 アーケードゲーム至上主義者の私は、ナムコが積極的に自社のアーケードゲームをPCエンジンに移植していたことに心を動かされたが、次々と周辺機器や新型機が発売されたため本体を購入するタイミングを逸してしまった。
 最終形態のPCエンジンDuo-RXが発売されたのは、初代プレイステーション発売の半年前。さすがのPCエンジンも、32ビット機のプレステにはかなわない。PCエンジンの後継機PC-FXをギャルゲー専用機にしたのは誰だあっ!!

にほんブログ村 ゲームブログへ

非売品ゲームソフト ガイドブック

表紙

じろのすけ『非売品ゲームソフト ガイドブック』(ゲームラボ選書)

■ 知られざるレアソフトの世界
 ゲームソフトを集めていると、どうしても気になるのが「非売品」のレアソフト。中古品を扱っているゲームショップで、ガラスケースの中にこれ見よがしに飾ってある“お宝”だ。
 非売品ソフトとは、雑誌の懸賞品、ゲーム大会の記念品、企業が配ったプレゼント品など、一般には販売されなかったゲームソフトのことである。当然ながら流通本数は少なく、ネットオークションでは数十万円の値段が付くものまである。所有しているとちょっとばかり自慢できるかもしれない。

 本書はファミコン、スーパーファミコン、メガドライブ、PCエンジン、プレイステーションなどの、各ゲーム機の非売品ソフトを写真付きで紹介している。パッケージと中身の写真のみでゲーム画面は載っていないものの、カタログとしての価値は高い。今までありそうでなかった本である。
 私はファミコンとスーパーファミコンの非売品ソフトについてはだいたい知っているが、その他の機種の非売品ソフトについては詳しくないので、非常に参考になった。

 といっても、スマホが普及した現在では、リサイクルショップでこれらの商品を安く手に入れる機会など皆無であり、「あ~、こういうレアソフトもあるんだなぁ」としんみり鑑賞するだけである。
 私はレトロフリークを購入した後、PCエンジンのHuカードのソフトが欲しくなり、中古ショップを回ってみた。しかしめぼしい商品はほとんど発見できなかった。どうやら円安時代になって、外国人にあらかた狩られてしまったらしい。
 悲しい。(´・_・`)

 ちなみに、ゲーム芸人のフジタさんは、600本限定の『タッグチームプロレスリング スペシャル』(箱・説明書付き)を持っていたが、番組で自宅を撮影した後にソフトが消えていたそうだ。借パクした奴は誰だよw

にほんブログ村 ゲームブログへ

ファミコンコンプリートガイド

表紙

山崎功『ファミコンコンプリートガイド』(主婦の友社)

■ ファミコンの全てがここに!!
 レトロ風ゲーム機「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が発売されたことによって、ファミコンへの注目度が急上昇している今日この頃、まさにタイムリーなゲームカタログ本が刊行された。カートリッジとパッケージの写真付きで、ファミコン用ソフトとして発売された全1252本のゲームソフトを紹介している。「素晴らしい」の一言である。

 ファミコン、ディスクシステム、その他周辺機器の写真を、オールカラーで掲載! 圧巻の全320ページ! これだけ内容が充実していれば、2300円(+消費税)の本体価格も決して高くないだろう。「いやいや、たけーよ」とおっしゃる人は、そもそもターゲット層ではない。買って本棚に飾っておく、ファミコン好きの人間にとってはそれだけで価値がある本なのである。

 パッケージ写真の紙箱が擦り切れていたり、値札シールが付いたまま撮影されたパッケージ写真も少々あったが、特に目くじらを立てることではないと思う。無理に紙箱から値札シールを剥がそうとすると、取り返しのつかない事態になる可能性があるからね(コレクター目線)。

にほんブログ村 ゲームブログへ

週刊少年ジャンプ秘録! ! ファミコン神拳! ! !

表紙

「ファミコン神拳」伝承委員会・編『週刊少年ジャンプ秘録! ! ファミコン神拳! ! !』(ホーム社)

■ あたたたた! お前はすでにハマっている!
 1980年代に『週刊少年ジャンプ』で不定期連載されていたゲーム特集記事「ファミコン神拳」。ゆう帝(堀井雄二)、ミヤ王(宮岡寛)、キム皇(木村初)ら、伝説のファミコン神拳伝承者たちが作り上げた連載記事がここに大復活!!
 奥義袋とじ完全収録、あたたゲーム採点、伝承者インタビューなど、ファミコン世代どストライクの読み物がてんこ盛り! こいつは熱い! とてつもないゲーム愛を感じるぜ!!

 『スーパーマリオブラザーズ』の無限1UPの奥義(裏技)が、「ファミコン神拳」に掲載されていたのを、本書を読んで思い出した。ワールド3-1のゴール前の階段で、ノコノコを連続で踏む超有名なマリオ増殖技だ。この裏技を日本中に広めたのは「ファミコン神拳」で間違いないだろう。
 ただ、この裏技を初めて紹介したのが「ファミコン神拳」だったかは確証を持てない。この記事が出る前からすでに知っていたような気がするのだが、……うう、記憶が定かではない(泣)。

 ゆう帝たちのゲーム対する情熱は、他社のゲームを評価する「あたた独断採点拳」を見れば一目瞭然である。かなりの辛口レビューなのだ。悪いところは悪いとハッキリ指摘する。まったく遠慮がない。
 たとえば、任天堂の『メトロイド』について、ゆう帝はこう述べている。「エネルギーをいっぺんに回復できる場所が欲しかった」――そうだそうだ、なぜゲームを再開したときに、ザコ狩りに2、30分も費やしてエネルギーを満タンにしなければならないのだ。煩わしいだけじゃないか! 子供たちが感じた疑問を代弁してくれたゆう帝よ、本当に……本当に……「ありがとう」……。それしか言う言葉が見つからない……。

 ところが、『ファミコン神拳奥義大全書 特別編 キム皇のファミコン110番』に掲載されたコラムを読んで、私は目を疑った。キム皇は自力で『ウィザードリィII』のキャラクターを高レベルに育てたのに、ゆう帝はチートツールを使ってデータを書き換えしているというのだ。「なにぃ!? ゆう帝(=堀井さん)はチーターかよ! 汚い奴だな!
 この暴露のせいで、堀井さんに対する信頼が著しく低下したことを、ここで告白しておこうと思う(笑)。

にほんブログ村 ゲームブログへ

ファミコン攻略本ミュージアム1000

表紙

松原圭吾 編著『ファミコン攻略本ミュージアム1000』(GAMESIDE BOOKS)

■ ファミコン攻略本は冒険のお供だ!
 1000冊以上のファミコンゲーム攻略本を紹介した、前人未到・斬新奇抜・空前絶後のレビュー本! 徳間書店、ケイブンシャ、双葉社などから発売されていた攻略本を、出版社別・シリーズ別にまとめている。オールドゲーマー垂涎のカタログ本である。

 もちろん表紙の画像と簡単な紹介文のみで、一冊一冊詳しい内容を紹介しているわけではないが、あまりの懐かしさに過去にタイムスリップしたかのような気分になってしまった。ページに穴が空くまで、小口が手垢で汚れるまで何度も読み返した、愛しの攻略本の記憶が甦ってくる。

 そうそう、『スペランカー完全攻略本』には、無敵技の存在をほのめかす記述があった! このせいで『ファミリーコンピュータマガジン』に掲載されたウソテクにまんまと騙されてしまったのだ! どちらも徳間書店の本じゃないか! なんというマッチポンプ(笑)。

 高橋名人がゲーム道を語った本『ファミコン戦士に告ぐ 名人はキミだ!』も愛読していたなあ~。「裏ワザ本に頼ってはいけない」――これが高橋名人からの熱いメッセージだった。インターネットの攻略サイトに頼りっぱなしの今の私は、完全に道を踏み外してしまったよ・・・・・・ (´・ω・`)

にほんブログ村 ゲームブログへ

メガドライブ大全 増補改訂版

表紙

多根清史、原田勝彦、志田英邦、箭本進一その他『メガドライブ大全 増補改訂版』(太田出版)

■ メガドライバーの聖典が復活!
 さて先日、表面が黒光りしている物体がアマゾンから届いた。国内で発売されたメガドライブソフト全554本を紹介した、メガドライバーの聖典『メガドライブ大全』である。金箔をあしらった「16-BIT」の文字が神々しい。
 旧版の『メガドライブ大全』は古本価格が高騰していたため、入手しづらい状況が続いていた。だが、今回めでたく「増補改訂版」の刊行と相成った。せどらー涙目である。この機会を逃す手はない。

 1ページ1ページじっくりと鑑賞したいところではあるが、ビニールで綺麗に包装してある。このまま開封せずに、50年ぐらい蔵に保存しようかと考えている。半世紀後には再びプレミア価格が付いているだろう。見るんじゃない、感じるんだ。

 アマゾンのカスタマーレビューを見てみると、「ソフトの紹介文に愛を感じない」との不満が渦巻いていた。確かに思い入れがあるゲームを面白半分に貶されたり茶化されたりすると、ついムッとしてしまう。「一つのゲームを作るのにどれだけの時間と労力がかかると思っておるのか! 貴様それでもゲーマーか!!」

 ライターの人たちを擁護するなら、彼らは悪意を込めて文章を書いているわけではないと思う。面白い言い回しを書こうとして、ただ滑っているだけである。
 かくいう私もこのブログで滑りまくっている。この記事でも読む人を笑わせようとして、「金箔」などとくだらないことを書いている。後で記事を読み直してみると、誤字・脱字の多さに我ながら呆れる。

 書き手がダンディ坂野か猫ひろしだと思えば、特に腹は立たない。滑って当然であるからだ。ウケなくてもいい、元気があればそれでいい。それに、あなたがセガファンなら、自虐は慣れっこじゃないか。

にほんブログ村 ゲームブログへ

家庭用ゲーム機コンプリートガイド

表紙

山崎功『家庭用ゲーム機コンプリートガイド』(主婦の友社)

■ 永久保存版のゲーム資料集
 1972年に発売されたマグナボックス社の「ODYSSEY」から、ようやく日本での発売が決定したマイクロソフト社の「Xbox One」まで、歴代の家庭用ゲーム機を一堂に取り揃えたゲームファン必見の究極ガイドブック! 本書は昨年7月に刊行された『携帯型ゲーム機コンプリートガイド』の姉妹本である。本体カラー写真と主要ソフトのスクリーンショットが、読者のゲーム魂に火をつけること間違いない。

 最近ゲームがつまらない、ハマらない。スマホ全盛で家庭用ゲーム機は全滅。そんな噂が飛び交ってるけど、それはソフトのせいじゃない。ハードに限界があったからだ。
 アーケード版の『ゼビウス』や『ドルアーガの塔』を、ほぼそのままの形で移植できたのはファミコンの力。『バーチャファイター2』や『デイトナUSA』を、家で遊べるようにしたのはセガサターンの力だった。ハードが進化すれば、ゲームの世界はゲーマーの理想に近づいていく。現実と仮想の区別がつかないバーチャルリアリティの世界がやって来るのも遠い未来の話ではないだろう。

 そんなわけで、ゲームカタログ本に目がない人にオススメの一冊。撮り下ろしの本体写真は綺麗で見応えがあった。さらに、同じ売り場にあった『家庭用ゲーム機興亡史』も買ってみた。こちらは家庭用ゲーム機の変遷を文章で綴ったものである。
 SONYが試作したスーパーファミコンのCD-ROM機「プレイステーション」を任天堂が蹴った時点から、ゲームの歴史は大きく動いたのである。ゲーム業界の「天下三分の計」はいったい誰が画策しているのだろうか?

にほんブログ村 ゲームブログへ
プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ