ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ゲーム攻略本

X68000パーフェクトカタログ

表紙

前田尋之『X68000パーフェクトカタログ』(ジーウォーク)

■ クリエイターを養成したパーソナルワークステーション
 シャープという電機メーカーがかつて日本に存在していたことを、皆さんは憶えているだろうか。「アホなことを言うな! シャープはまだ大阪の堺市にあるじゃないか!」とおっしゃる人がいるかもしれない。だが、決定的支援を受けたシャープに、いかほどの戦力が残っていようと、それはすでに形骸である。もうね、日本企業じゃないんだよね(涙)。

 X68000は、1987年3月28日にシャープが発売した高性能パーソナルワークステーションである。「パーソナルワークステーション」とはメーカーのシャープが作った造語で、現代の用語に変換すると、ずばり「ゲーミングPC」に該当する。
 見たまえ、そのツインタワー型の美しいフォルムを! 四角い箱形の本体の上にちっさなモニターを載せるPC-9800と比べると、X68000の方は古さを全く感じないではないか。

 なんとこのX68000、CPUにアーケードゲームの基板に使われていたモトローラ社のチップ「MC68000」を採用していて、ゲームセンターで大人気だったアーケードゲームを完全移植できる性能を持っていたのだ! シャープはX68000という“ビグ・ザム”を戦場に投入し、パソコン事業のライバル企業であったNECや富士通に徹底抗戦を挑んだのである。

 家庭用ゲーム機といえばファミリーコンピュータがあるだけで、PCエンジンもメガドライブもまだ発売されていなかった頃の話である。X68000が当時のゲーム小僧に与えた衝撃は容易に想像できると思う。とはいうものの、当時の私は、アーケードゲームがプレイできるパソコンがあるらしい、というあやふやな情報しか持っていなかった。値段が高すぎてとても手が出せる商品ではなかったからである。
 初代X68000の定価は369,000円で、この時代は消費税を考慮しなくてよかったが、現在の貨幣価値に換算すると440,000円~460,000円くらいの感覚である。排気量が少ないバイクなら買えてしまう価格だ。

 本書『X68000パーフェクトカタログ』は、X68000用に発売されたゲームソフトを紹介するカタログ本である。アーケードからの移植作品、『信長の野望』シリーズなどの戦略シミュレーションゲーム、そして男の子のリビドーを刺激するギャルゲーの数々と、過去の名作・秀作を偲ぶことができる。
 Amazonのカスタマーレビューを見ると、プログラミングソフトや音楽ソフトといったクリエイティブ系のソフトを紹介していないという不満の声があった。X68000はゲームをするだけのパソコンではなかったので、本書に低評価を付ける人の気持ちも分かる。

にほんブログ村 ゲームブログへ

MSXパーフェクトカタログ

表紙

前田尋之『MSXパーフェクトカタログ』(ジーウォーク)

■ どれを選ぶかMSX
 パソコンゲーマーが愛して止まない、ホビーパソコンの代名詞であるMSX。本書はMSXとその後継機MSX2で発売されたゲームソフトを年代順にまとめたカタログ本である。MSXのソフトを画像付きで紹介しているインターネットのサイトは少なく、紹介していてもソフト数が限られているため、これは非常に価値がある本だと思う。目の付けどころが「パーフェクトカタログ」の良さだ。

 MSXはマイクロソフトのビル・ゲイツやアスキーの西和彦らが旗振り役となって立ち上げたパソコンの共通規格である。ソフト事業に専念したかったビル・ゲイツはMSX事業に対してはやや消極的だったようだが、松下電器産業、ソニー、三洋電機、東芝、日立製作所、ヤマハ、三菱電機、日本ビクター、カシオ計算機、キヤノンなど、日本の有名電機メーカーがこぞってMSX事業に参入し、各社は規格に沿ったパソコン本体を発売していった。
 パソコン事業で独自路線を歩んでいたNECやシャープはMSXの理念には賛同したもののハードは販売せず、富士通は1機種のみを発売したあとすぐにMSX共同体から離脱してしまった。MSXはパソコン事業に乗り遅れていた企業にとって、まさに「渡りに船」の規格であったのだ。

 MSX、MSX2の価格は性能によって大きく異なり、数万円から十数万円とばらつきがあった。最も安い商品はカシオの低価格モデルで、そのお値段は19,800円。30万円以上したNECのPC-9800シリーズと比べるとかなり安く、一般家庭でも手が届く価格帯ではあったが、ゲームを遊びたい小中学生にとっては種類が多すぎて買いにくい商品であったことは否めない。もしファミコンが存在しなかったら、ゲームキッズはみんなMSXを買っていたのだろうか。いや、MSXがファミコンのように爆発的に売れたとは想像し難い。

 MSXで気を吐いていたゲーム会社といえば、何といってもコナミ。小島秀夫監督も関わった『夢大陸アドベンチャー』という屈指の名作もあり、MSXユーザーはコナミが良質なソフトを供給してくれることに感謝していたのである。
 私が好きなコナミのMSXソフトは『コナミのベースボール』。この作品は「アウト」「セーフ」「ストライク」の審判の声を電子音で表現した意欲作だった。『実況パワフルプロ野球』の元祖はここにあり!

にほんブログ村 ゲームブログへ

スーパーファミコンコンプリートガイド

表紙

レトロゲーム愛好会『スーパーファミコンコンプリートガイド』(主婦の友社)

■ ライバル機を蹴散らした任天堂の最強ハード
 先月の27日に刊行された、ゲームソフトカタログ『コンプリートガイド』シリーズのスーパーファミコン版。ページ数は448ページと、とても分厚い作りになっている。情報がぎっちりと蓄えられている感じがして幸せな気分になれる。
 『ファミコンコンプリートガイド』はノーマル版とデラックス版がすでに発売されていて、『スーパーファミコンコンプリートガイド』も後でデラックス版が発売される可能性は高いが、私は扱いやすいコンパクトサイズのノーマル版で十分満足している。

 スーパーファミコンは任天堂がファミコンの後継機として発売したゲーム機である。当初の計画から1年4ヶ月ほど遅れた、1990年11月21日にリリースされた。発売が延期されている間に、旧式のファミコンに見切りをつけてPCエンジンやメガドライブを購入した人がいたかもしれない。だが、私は他社のゲーム機に浮気をしないで待ちましたぞ!

 ローンチタイトルは『スーパーマリオワールド』と『F-ZERO』の2本だけだった。しかし1ヶ月後の12月21日には人気作品の『グラディウスIII』と『ファイナルファイト』が登場し、翌年には『シムシティー』、『ファイナルファンタジーIV』、『超魔界村』、『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』と今でも色褪せない秀作ソフトが途切れることなく発売されたため、ソフト数は特に気にならなかったと記憶している。
 またスーパーファミコンが発売されてファミコンがすぐに死に絶えたわけではなく、1991年頃は『ドラゴンクエストIV』や『ファイナルファンタジーIII』なども定期的に遊んでいた。ファミコンとスーパーファミコンの「二刀流」、大谷スタイルがその頃の主流であった。

 スーパーファミコンで発売されたソフトを年代順に振り返っていたら、スーパーファミコンのキラーソフトは1992年6月に発売された『ストリートファイターII』であったことを再認識した。『ドラゴンクエストV』でも『ファイナルファンタジーV』でもなく、『ストリートファイターII』こそがスーパーファミコンの起爆剤になったのである。そう考えると、カプコンって凄いゲーム会社だよね?

にほんブログ村 ゲームブログへ

ゲームボーイコンプリートガイド

表紙

レトロゲーム愛好会『ゲームボーイコンプリートガイド』(主婦の友社)

■ 君となら、どこまでも、いつまでも。
 発売が半年ほど延期になっていた『ゲームボーイコンプリートガイド』が、先月下旬になってようやく書店に並び始めた。某大型書店でサクッと購入。
 これで所有しているゲームボーイソフトのカタログ本は、『GB1236タイトル完全カタログ』、『GB1236タイトル完全網羅エミュレータブック』、『ゲームボーイパーフェクトカタログ』と合わせて4冊となった。うん、ゲームボーイの本については、もう充分かもしれない(笑)。
 ゲームボーイアドバンスソフトのカタログ本は、すでに『ゲームボーイアドバンスパーフェクトカタログ』が出たので、次はニンテンドーDSとニンテンドー3DSのカタログ本に期待したい。

 去年発売された『ゲームボーイパーフェクトカタログ』はB5サイズの大判本だったが、『ゲームボーイコンプリートガイド』はA5サイズの手頃な大きさである。ときどき本棚から取りだしてソフトの発売日や価格を確認するときは、こちらを使いそうな予感がする。
 『ゲームボーイコンプリートガイド』のソフト紹介には、タイトル画面の写真が掲載されている。タイトル画面は“ゲームの顔”であるので嬉しい。『ゲームボーイパーフェクトカタログ』がタイトル画面を載せていないのは不満だった。

 ゲームボーイソフトは基本的に3種類のカートリッジがある。ゲームボーイ用ソフトの灰色カートリッジ、ゲームボーイ&ゲームボーイカラー共通ソフトの黒色カートリッジ、ゲームボーイカラー専用ソフトのスケルトンカートリッジである。
 例外は『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド』で、初期に発売されたバージョンは灰色カートリッジだが、ゲームボーイカラーに対応している。また逆に、黒色カートリッジでありながら、ゲームボーイカラーに対応していないソフトもいくつかある。本書でそういう例外を探してみるのも面白いだろう。

 ちなみに、ゲームボーイ最後のソフトは、小学館が発売した『ドラえもんのスタディボーイ かんじよみかきマスター』という知育ゲームである。全世界で1億台以上売り上げたゲームボーイは、人知れず静かに終了していたのだ。

にほんブログ村 ゲームブログへ

NINTENDO64パーフェクトカタログ

表紙

前田尋之『NINTENDO64パーフェクトカタログ』(ジーウォーク)

■ ×ニンテンドー64 ○ニンテンドウ64
 最近、出版スピードが加速し、次々と新刊が出ている「パーフェクトカタログ」シリーズ。その最新刊の『NINTENDO64パーフェクトカタログ』が先月末に発売された。業界初となる、ニンテンドウ64用ソフトのカタログ本である。もちろんソフトだけではなく、本体のバリエーションから周辺機器に至るまで、名機ニンテンドウ64を余すところなく紹介している。

 一般的に、ニンテンドウ64は“失敗ハード”と認識されている。これは販売元の任天堂自身も認めていることだ。日本国内で発売されたニンテンドウ64のソフト数は200本程度。スーパーファミコンのソフト数(1450本)と比べて激減している。
 ゲームの種類もアクションものやスポーツものに偏っていて、コアゲーマーが好むロールプレイングゲームやシミュレーションゲームはほとんど発売されなかった。多くのサードがニンテンドウ64ではなく、プレイステーションを選択したためである。

 ニンテンドウ64はファミコン、スーパーファミコンと同じROMカセットを採用したせいで、CD-ROMを採用したプレイステーションに容量の面で大きく水をあけられ、映像を重視するスクウェアなどの有力ソフトメーカーの離反を招いてしまった。
 その結果、ファン待望の『ファイナルファンタジーVII』と『ドラゴンクエストVII』は、プレイステーション用ソフトとして出てしまう。関ヶ原の戦いにたとえるなら、小早川秀秋のみならず宇喜多秀家も裏切ったようなもので、石田三成=任天堂は負けるべくして負けたのである。はっきり言ってしまうと、すべては社長だった山内溥氏の判断ミスが原因である。映像や音声を垂れ流すことすらできなかったニンテンドウ64は、時代のニーズを読めていなかったのだ。

 だが、ちょっと待って欲しい。ニンテンドウ64は本当にダメハードだったのだろうか? プレイディアやピピンアットマークと同列に扱っていいハードだったのだろうか?
 否!決してそんなことはない! 断じてあり得ない! ニンテンドウ64には『スーパーマリオ64』がある、『ゼルダの伝説 時のオカリナ』がある。『大乱闘スマッシュブラザーズ』もあるし、『ゴールデンアイ 007』や『不思議のダンジョン 風来のシレン2』もある。ゲーム史に燦然と輝く名作ばかりではないか!

 私が特に強調したいことは、『実況パワフルプロ野球』と3Dスティックの相性は最高ということだ。『パワプロ』シリーズは3Dスティックを抜きにしては語れない。新作は64コントローラーとセットにして売って欲しい。たとえそれがプレステ用ソフトであったとしても……

にほんブログ村 ゲームブログへ

ゲームボーイパーフェクトカタログ

表紙

前田尋之『ゲームボーイパーフェクトカタログ』(ジーウォーク)

■ 女の子だって、ゲームボーイ。
 『メガドライブパーフェクトカタログ』、『ゲーム&ウオッチパーフェクトカタログ』に続く、前田尋之氏の「パーフェクトカタログ」シリーズ第3弾。本書は任天堂が発売した携帯型ゲーム機「ゲームボーイ」の全ソフトを紹介したカタログ本である。『メガドライブパーフェクトカタログ』と同じB5判型の大判サイズで、とても見やすい本になっている。

 ゲームボーイソフトのカタログ本といえば、2005年に発売された裏テク遊戯団の『GB1236タイトル完全カタログ』というムック本が存在していた。しかしこの本は、ゲームボーイ晩年のソフトのゲーム画面をほとんど掲載していない。
 まあ、不完全なりに重宝していた本ではあるが、以前から完全なカタログ本があればいいと思っていた。監修者の前田氏には「ゲームファンの願いを叶えてくれてありがとう」とお礼を言いたい。

 本書の構成について説明すると、基本的に1ページに8タイトルを収録している。各タイトルにつき、パッケージの写真1枚とゲーム画面の写真1枚(主要タイトルはゲーム画面の写真2枚)、それに簡単な説明文が付いている。個人的にはタイトル画面の写真も付けて欲しかった。
 ソフトが「通信ケーブル」や「スーパーゲームボーイ」など4種類の周辺機器に対応しているか、アイコンで明記している点が分かりやすい。特殊な仕様のソフトを探すときに便利だと思う。

 ゲームボーイの黄緑がかった液晶画面を見ると、ノスタルジックな感情が湧き起こる。発売当時は抜群に性能が良い携帯ゲーム機だとは思わなかったが、小さい画面でよくここまで作り込んだなと感心するソフトが多かった。『ポケットモンスター』シリーズを生んだ携帯ゲーム機として、ゲームボーイは私たちの記憶の中でいつまでも生き続けるだろう。

 なお、来年の2月には、レトロゲーム愛好会による『ゲームボーイコンプリートガイド』が刊行される予定になっている。「パーフェクトカタログ」と「コンプリートガイド」の戦いから、今後も目が離せない。

にほんブログ村 ゲームブログへ

メガドライブコンプリートガイドwithマークIII

表紙

レトロゲーム愛好会『メガドライブコンプリートガイドwithマークIII』(主婦の友社)

■ メガドライバー 秋の収穫祭
 メガドライブソフトをこよなく愛するメガドライバーにとって、今年は当たり年ではないだろうか。5月に発売された『メガドライブパーフェクトカタログ』に続いて、2冊目のカタログ本になる『メガドライブコンプリートガイドwithマークIII』が今月発売されたのだ。半年前に刊行された『PCエンジンコンプリートガイド』の姉妹本にあたる。

 特に注目すべき点は、書名に「withマークIII」の文字が刻まれていること。そう、メガドライブの先輩であるセガ・マークIIIのソフトについても、本書は完全網羅している。セガのゲームで青春を過ごしたセガ大好きっ子の諸君なら、決して見過ごすことはできない本であろう。

 『メガドライブパーフェクトカタログ』をすでに購入済みの人は、本書との違いが気になるところだと思う。『メガドライブコンプリートガイド』はA5判サイズの書籍で、B5判サイズの『メガドライブパーフェクトカタログ』より一回り小さいものの、ソフト紹介にパッケージとカートリッジの写真まで付いているのが特徴である。
 完全度・濃密度はこちらの方に軍配が上がると思うが、メガドライバーなら当然2冊とも買うだろうし、いやもう買っているだろうし、とにかく四の五の言わずに買って幸せになろうじゃないか。

 本書に掲載された完全体メガドライブの写真――本体にメガCDとスーパー32Xを合体させた「メガタワー」の雄姿――を見ると、セガはいろんな意味で常識外れだと思った(笑)。

にほんブログ村 ゲームブログへ

メガドライブパーフェクトカタログ

表紙

前田尋之『メガドライブパーフェクトカタログ』(ジーウォーク)

■ まさにパーフェクトなカタログ本!
 メガドライブ関連の全ハードと全ソフトを紹介した『メガドライブパーフェクトカタログ』が、先月の29日に発売された。B5判型の大判サイズの書籍で、オールカラーという贅沢な作りになっている。メガドライブカタログ本の“決定版”と言っていいだろう。
 2015年に増補改訂版が刊行された『メガドライブ大全』は、レビューの文章がおちゃらけた感じなので、それが気に入らないという人にオススメしたい。

 セガは任天堂のファミコンが発売された同じ日(1983年7月15日)に、家庭用ゲーム機のSG-1000を発売。翌年にマイナーチェンジ版のSG-1000IIを、さらに翌年の1985年にセガ・マークIIIを発売するが、圧倒的な人気を誇るファミコンの前では存在感が薄かった。
 1987年10月にファミコンのライバル機となるPCエンジンが登場し、セガは2つのマシンに対抗して、1年後の1988年10月に16ビットのCPUを搭載したメガドライブを誕生させた。いわゆる「ゲームハード三国時代」の到来である。

 メガドライブは1990年11月に発売されたスーパーファミコン(ファミコンの後継機)と性能面で比較されることが多い。同じ16ビットのゲーム機でありながら、メガドライブとスーパーファミコンは設計思想が大きく異なっている。
 メガドライブはCPUの処理速度を重視していて、アクションゲームやシューティングゲームが得意である。しかし同時発色数は512色中64色と少なく、グラフィック面で見劣りする。FM音源搭載で音質はややチープ。
 スーパーファミコンは表示色数、同時発色数ともに多く、グラフィックは鮮やか。PCM音源搭載で音質もメガドライブより上。しかしCPUの性能が低いため、シューティングゲームは劣化移植作品が多かった。シミュレーションゲームも苦手。ロールプレイングゲームが非常に多いのはこのためである。それぞれ一長一短があり、どちらが優れたマシンであるかは好みの問題だと思う。

 メガドライブソフトで私が一番印象に残っている作品は、カプコンの『大魔界村』である。この『大魔界村』はメガドライブとPCエンジンに移植されたが、スーパーファミコンには移植されなかった。カプコンは実におたんこなすである。
 えっ? スーパーファミコンには『超魔界村』があるじゃないかって?  『超魔界村』はアーサーの動きがモッサリしているところがねぇ……

にほんブログ村 ゲームブログへ

PCエンジンコンプリートガイド

表紙

レトロゲーム愛好会『PCエンジンコンプリートガイド』(主婦の友社)

■ PCエンジンの歴史がこの一冊の中に!
 ファミコンを凌ぐ性能を持ち、アーケードゲームを好むコアゲーマー層から熱い支持を得たPCエンジン。本書はそのPCエンジンの全ソフトを掲載したカタログ本である。ファミコンソフトやメガドライブソフトのカタログ本はすでに出版されているが、PCエンジンソフトのカタログ本は、(本格的なものとしては)これが初めての出版ではないだろうか。HuCARD とCD-ROM の2種類のソフトの写真がバッチリ載っていて、レトロゲームファンなら興奮すること間違いナシだ!

 PCエンジンが発売された1987年の頃は、家庭用ゲーム機のゲームとアーケードのゲームには性能の面において大きな格差があった。アーケードゲームを自宅で思う存分遊びたいと、ゲーマーたちは日々悶々としていたのだ。
 ファミコンには数多くのアーケードゲームが移植されていたが、そのほとんどがファミコン本体の性能に合わせて劣化していた。キャラクターが小さくなり、色数が減り、敵の数が減り、BGMが貧弱になり、その惨状はとても正視できるものではなかった。劣化移植作品をつかまされて嗚咽を漏らしたゲームファンは日本に何十万人といただろう。

 だが1988年3月に発売されたPCエンジン版の『R-TYPE』はゲームファンの度肝を抜いた。アーケードの人気シューティングゲームが、驚異のグラフィック力によって再現されていたのだ。私はボスキャラのドブケラドプスの迫力に圧倒され、「任天堂なんてダッセーよな」、「PCエンジンのほうが面白いよな」と叫びたくなってしまった。

 アーケードゲーム至上主義者の私は、ナムコが積極的に自社のアーケードゲームをPCエンジンに移植していたことに心を動かされたが、次々と周辺機器や新型機が発売されたため本体を購入するタイミングを逸してしまった。
 最終形態のPCエンジンDuo-RXが発売されたのは、初代プレイステーション発売の半年前。さすがのPCエンジンも、32ビット機のプレステにはかなわない。PCエンジンの後継機PC-FXをギャルゲー専用機にしたのは誰だあっ!!

にほんブログ村 ゲームブログへ

非売品ゲームソフト ガイドブック

表紙

じろのすけ『非売品ゲームソフト ガイドブック』(ゲームラボ選書)

■ 知られざるレアソフトの世界
 ゲームソフトを集めていると、どうしても気になるのが「非売品」のレアソフト。中古品を扱っているゲームショップで、ガラスケースの中にこれ見よがしに飾ってある“お宝”だ。
 非売品ソフトとは、雑誌の懸賞品、ゲーム大会の記念品、企業が配ったプレゼント品など、一般には販売されなかったゲームソフトのことである。当然ながら流通本数は少なく、ネットオークションでは数十万円の値段が付くものまである。所有しているとちょっとばかり自慢できるかもしれない。

 本書はファミコン、スーパーファミコン、メガドライブ、PCエンジン、プレイステーションなどの、各ゲーム機の非売品ソフトを写真付きで紹介している。パッケージと中身の写真のみでゲーム画面は載っていないものの、カタログとしての価値は高い。今までありそうでなかった本である。
 私はファミコンとスーパーファミコンの非売品ソフトについてはだいたい知っているが、その他の機種の非売品ソフトについては詳しくないので、非常に参考になった。

 といっても、スマホが普及した現在では、リサイクルショップでこれらの商品を安く手に入れる機会など皆無であり、「あ~、こういうレアソフトもあるんだなぁ」としんみり鑑賞するだけである。
 私はレトロフリークを購入した後、PCエンジンのHuカードのソフトが欲しくなり、中古ショップを回ってみた。しかしめぼしい商品はほとんど発見できなかった。どうやら円安時代になって、外国人にあらかた狩られてしまったらしい。
 悲しい。(´・_・`)

 ちなみに、ゲーム芸人のフジタさんは、600本限定の『タッグチームプロレスリング スペシャル』(箱・説明書付き)を持っていたが、番組で自宅を撮影した後にソフトが消えていたそうだ。借パクした奴は誰だよw

にほんブログ村 ゲームブログへ
プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ