ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  エンターテイメント

「スター・ウォーズ」を科学する

表紙

マーク・ブレイク、ジョン・チェイス『「スター・ウォーズ」を科学する』(化学同人)

■ 素晴らしい、すべて間違っている。
 批評家とSWファンの間で評価が真っ二つに割れている新作映画『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』。「衝撃のスター・ウォーズ」という宣伝文句に釣られてレイトショーを鑑賞してきたが、旧三部作のファンが不快になるのも当然だと思わせる雑な脚本・演出だった。

・レイとフィンを恋仲にするのを避けるために、急遽登場させたアジア人のローズ。
・フォース(?)を使って宇宙空間から宇宙船に帰還するレイア。
・セイウチのおっぱいから緑色のミルクを搾乳して飲むルーク。
・「お前の考えはお見通しだ!」と豪語した直後に、腹を斬られて死亡するスノーク。
・カイロ・レンに首を絞められて、すぐに手のひら返しをするハックス将軍。
・今までのSW戦争の概念をぶち壊す「ハイパードライブ」による特攻。
 すべてがコントである。

 カイロ・レンがレイと交信する際に、意味もなく上半身裸で現れたシーンで、「ああ、これは監督のライアン・ジョンソンがふざけているんだな」と確信した。コントの流れ的には、次はズボンを脱いで現れるかなと思ったが、さすがにそこまではやらなかったw
 鷹の爪団VSデラックスファイターのような、バカ軍団VSアホ軍団の低レベルな戦いを見せられて、悲しまないSWファンがいるだろうか。昨年公開された『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は、過去作のファンを満足させる手堅い作りだっただけに、『エピソード8』のお粗末さは不可解である。
 次回作の『エピソード9』は、またJ・J・エイブラムスが監督を務めるそうだ。風呂敷を広げるのは得意だが畳むのは苦手というエイブラムスがこのシリーズをどのようにまとめるのか、非常に気になる。ぜひ2年後も映画館に足を運びたい。

 今回紹介する本は、映画『スター・ウォーズ』の世界を科学的に考察した『「スター・ウォーズ」を科学する』。「デス・スターの建造費を試算する」、「ライトセーバーは本当に切れるか」など、SWファンの興味を引くトピックスが満載である。『空想科学読本』のノリに近いが、本書はそれよりも真面目で学術的な内容だと思う。

 『スター・ウォーズ』シリーズは宇宙物理学を無視した描写が目立つSF作品である。もちろん『最後のジェダイ』でも首をかしげる描写が多かった。宇宙空間で爆弾を上から“投下”するって、どうなのよ?

にほんブログ村 ゲームブログへ

超常現象の科学

表紙

リチャード・ワイズマン『超常現象の科学 なぜ人は幽霊が見えるのか』(文藝春秋)

■ 脳は「見たいもの」しか見ない
 普段の生活をしているとき、以前にもこの光景を(夢で)見たことがあると感じたことはないだろうか。いわゆる「デジャブ(既視感)」と呼ばれている現象だ。子供の頃は、なぜ未来の出来事を夢の中で見るのだろうか、未来の出来事はすでに決定しているのではないか、と不思議な感覚に襲われたものだ。
 本書の著者であるリチャード・ワイズマン博士は、予知、念力、幽体離脱といった「超常現象」を、科学の視点から検証していく。かいつまんで言うと、それらはすべて人間の脳が作り出した「錯覚」なのですよ、と。

 ワイズマン氏はプロのマジシャンとしての経歴があり、人を騙すテクニックには精通している。相談者の悩みをずばり言い当てる占い師、手を触れずに物体を動かす超能力者、死んだ人間と交信できる霊媒師など、オカルトジャンルで商売している人々の手法を、ユーモアを交えながら批判的に紹介している。
 良く当たると評判の占い師は、観察眼が非常に鋭い。身につけているアクセサリーや仕草、そして誘導尋問から、相手の個人情報を引き出してしまう。なぜ自分のことを知っているのか、と驚いたら、もうその占い師のペースに嵌っているのだ。

 本書後半では、1978年に信者が大量自殺した宗教集団「人民寺院」のことが取り上げられていた。教祖ジム・ジョーンズの指示によって、900名以上の人間が自ら毒入りジュースを飲んだ痛ましい事件は、マインドコントロールの怖ろしさを教えてくれる。
 もし社会生活において、カルト宗教の手口――まず小さな要求から始めて、徐々に要求を高めていく「段階的要請法」――を感じる組織があったら、それとは距離を置くべきだろう。他人の幸福の追求のために、自分が犠牲になる必要はない。

にほんブログ村 ゲームブログへ

ゲームになった映画たち 完全版

表紙

ジャンクハンター吉田『ゲームになった映画たち 完全版』(マイクロマガジン社)

■ ゲームと映画 その高い親和性
 2008年に刊行されたムック本『ゲームになった映画たち』を大幅に加筆・修正した完全版。全ページカラーで作りが良く、資料的価値は高い。ゲーム好き、映画好き双方にオススメできるカタログ本である。ゲームと映画のどちらも大好きなら、保存用と合わせて二冊買うべきだと思う。

 ハリウッド映画を原作としたゲームは想像以上に多い。ファミコン時代から現在のHDゲーム機時代まで、その時その時のヒット映画がことごとくゲーム化されてきた。映画にアクションシーンが含まれているなら、とりあえずゲームも作っておこうというスタンスなのであろう。
 映画のゲーム化は高額な版権料がかかるため、基本的に儲かる企画ではないようだ。はたしてこれらの作品の中で採算が取れたゲームがどれだけあったのか、販売本数のデータを見たいと思った。

 本書では日本語版が発売されなかったゲームも数多く紹介している。ゲーム業界自体の評判を落とした“伝説のクソゲー”Atari 2600版『E.T.』ももちろん収録してある。個人的にはホラー映画を題材にしたシュールなレトロゲームがツボだったりした。

 最後の第7章では、逆パターンとしてゲームから映画になった作品をまとめている。近頃、興味本位で『TEKKEN -鉄拳-』のDVDをレンタルしてみたが、『ストリートファイター』以上の駄作で吹いた。ジャッキー・チェンをレイ・ウーロン役に起用するぐらいの遊び心が必要だったのではなかろうか。
 もし『ゴッド・オブ・ウォー』が映画化されるなら、(クレイトス役の俳優次第だが)『サイレントヒル』を超えるヒット作になるかもしれない。

にほんブログ村 ゲームブログへ
プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ