ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  ニンテンドースイッチ
カテゴリー  [ ニンテンドースイッチ ]

スーパーマリオメーカー2 (NS)

タイトル画面
・機種ニンテンドースイッチ
・メーカー任天堂
・ジャンルアクション
・発売日2019年6月28日
・価格5,980円



■ システムが強化されたシリーズ第2弾!
 本作はWii Uの唯一無二のソフトだった『スーパーマリオメーカー』の続編です。今年2月14日の「ニンテンドーダイレクト」で映像が初めて公開され、その約4ヶ月後の6月28日にソフトが発売されました。今日は実際に『スーパーマリオメーカー2』をプレイした感想をざっと書いてみようと思います。
 5枚のスクリーンショットは、スイッチ本体のキャプチャー機能を使って撮りました。元の画像は1280×720ピクセルのJPGファイルで、掲載しているスクリーンショットは画像処理ソフトを使って加工しています。

 まずはコース作成の「つくる」について、良かった部分と悪かった部分を、前作と比較しつつ述べていきましょう。

●良い点
 ・『スーパーマリオ 3Dワールド』スキンの追加。
 ・滑ることができる「坂」を作れるようになった。
 ・2枚目マップ限定だが、縦長ステージを作れるようになった。
 ・森シーン限定だが、水面(とその高さ)を設定できるようになった。
 ・「昼」と「夜」を切り替えることができるようになった。
 ・壁によってオートスクロールを止めることができるようになった。
 ・細かいゴール条件を設定できるようになった。
 ・「ON/OFFスイッチ」の追加で仕掛けを作りやすくなった。
 ・その他、「マグナムキラー」、「ツララ」、「スネークブロック」など、作成パーツ大量追加。

●悪い点
 ・「キャラマリオキノコ」の削除。
 ・1枚目と2枚目のマップをともに縦長ステージにすることはできない。
 ・水面を森シーン以外で使うことができない。
 ・地上シーンで城シーンのBGMを流すといったBGM変更の自由さがない。
 ・敵キャラとアイテム、土管と土管など、パーツを重ねて設置することができなくなった。

 「つくる」に関しては、満足度が不満度を大幅に上回っています。「坂」によってつっかえることなく走って登れるコースが作れますし、縦長ステージは確実にコースのバリエーションを増やす効果があります。
 「コインを○○枚取ってからゴール」、「一度もジャンプしないでゴール(地面から足が離れてはダメ)」など、前作では無理だったクリア条件を設定できるのも非常に面白いですね。

 個人的には「キャラマリオキノコ」の削除が悲しいです。私は他のゲームの再現コースが好きだったのですが、他のキャラクターに変身できるキノコがなくなったため、そういうコースを作る職人さんは減りましたね。最近ではトロール系コース(騙しコース)が流行っているようです。
 砂漠シーンに水面を作ってオアシスを表現するとか、BGMを変えていつもとは違った雰囲気を出すとか、もう少しコース作成の自由度を高めてくれれば表現可能になることもあるのに惜しいな、と感じた部分がありました。今後のアップデートに期待ですね。

ストーリーモード  ステージ例1

■ 「足跡」の不可解な仕様
 次は「ストーリーモード」に収録してある公式コースや、ユーザーが投稿したコースをプレイする「あそぶ」について。「ストーリーモード」はクリア必須ではありませんが、クリアすることによって「スーパーボールフラワー」と「スーパーハンマー」のパーツがコース作成で使えるようになります。Miiの着せ替え衣装も増えるので、本格的にゲームを始める前に全クリアしておきましょう。

●良い点
 ・オンラインまたはオフラインで4人同時プレイが可能になった。
 ・職人ポイントによって、職人の実力がより厳格に査定されるようになった。

●悪い点
 ・公式コースの質がイマイチ。
 ・ダウンロードした投稿コースを遊ぶと足跡数が増える。
 ・「100人マリオチャレンジ」から「どこまでマリオチャレンジ」に改悪。
 ・「みんなでクリア」と「みんなでバトル」モードに、4人同時プレイ向きではないコースが出てくる。

 『スーパーマリオメーカー2』最大のセールスポイントは、世界中のプレイヤーと4人同時プレイが可能になったところです。「みんなでクリア」モードでは和気藹々とした協力プレイが、「みんなでバトル」モードではバトルレートを競う熾烈な対戦プレイが楽しめます。
 ただ、この2つのモードには4人同時プレイを想定していない投稿コースが出てくる場合があります。先頭の人がリフトに乗って進むと、後続の人は先に進めなくなるようなコースですね。コース投稿者にはまったく罪はありませんが。マルチ用のタグが付いているコースだけが出現するようにする、といった改善が必要ではないでしょうか。

 「ストーリーモード」の公式コースは短くて単純なものが多く、これだけで満足できる内容ではないです。みんなのお手本となるような“神コース”が用意されていたら文句はないですけど、明らかに開発スタッフは本気で作り込んでないです。これは前作のサンプルコースでも感じたことでした。
 10月2日のアップデートで任天堂の公式職人のコースが簡単に遊べるようになりましたが、どうしようもないクソコースが混じっていて半笑いになりました。

 本作の最大の問題点は、ダウンロードした投稿コースを遊ぶと、それだけで足跡数が増えてしまうこと。傑作コースは何回も繰り返し遊びたいのに、遊ぶと「いいね率」を下げて職人さんに迷惑をかけてしまいます。オフライン状態のときに遊んでも、オンラインにつなぐと自動的に同期されて足跡数が増えます。どうしてこんなへんてこりんな仕様になっているのか……。前作ではダウンロードしたコースは独立していて自由に遊べたのに……。

 ダウンロードした後にオフラインにして遊び、再びオンラインにつなぐ前にダウンロードリストからコースを削除すれば、足跡は付かないという裏技(?)はありますが、なぜ余計な気遣いをユーザーにさせるのでしょうか(笑)。なるべく早めに、ダウンロードしたコースは遊んでも足跡が付かないようにして欲しいですね。アップデートでの修正は難しくないと思います。

 以上、現時点での『スーパーマリオメーカー2』の感想でした。

ステージ例2  ステージ例3

にほんブログ村 ゲームブログへ
プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ