ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  Steam

Salt and Sanctuary (PC)

タイトル画面  深淵に潜む者

■ 伯方の塩を捧げよ
 フロム・ソフトウェアの大ヒット作『ダークソウル』シリーズにインスパイアされた、探索型の2DアクションRPG『Salt and Sanctuary(ソルト アンド サンクチュアリ)』。『ダークソウル』を2Dにしたようなゲーム、という評判を聞いて興味を持ち、Steam版を買ってプレイしてみましたが、想像以上に『ダークソウル』でしたw

 いやもう、根幹部分のゲームシステムから、UIやHUDに至るまで、『ダークソウル』にそっくりです。3Dと2Dの違いはあるにせよ、ここまで似せていいんでしょうか(笑)。『ダークソウル』シリーズを遊んだことがある人なら、すんなりとゲームの世界に入っていけること間違いなしですね。何回も死んで攻略法を指に覚えさせるところも『ダークソウル』と同じ。難易度はかなり高めで、やり応え十分なゲームだと思います。

 ゲームを開始する前に、まずはプレイヤーが操作するキャラクターを作成しましょう。クラス(職業)は、「騎士」「魔法使い」「パラディン」「盗賊」「料理人」「聖職者」「平民」「狩人」の8つの中から選択します。ネタに走るなら、最も弱い「料理人」がイチオシです。
 このゲームはレベルアップ時に獲得する「黒の真珠」を使い、スキルツリーを伸ばしていくことでキャラクターを強くします。スキルツリーの伸ばし方はプレイヤーの自由です。途中で育成方針を変えることもできますよ。

 ゲームを初めてプレイする人は、筋力と体力を重点的に上げる「戦士タイプ」のキャラクターがオススメです。鍛えた大剣をブンブン振り回す脳筋プレイが、(1周目だけを考えると)クリアしやすいと思います。「技量タイプ」や「純魔タイプ」のような、距離を取って戦うキャラクターは、ゲームに慣れた後で試してみるのがいいでしょう。

 ストーリーは嵐に見舞われている船の中から始まります。主人公はある国の王女を護衛している付き人のようですが、王女の姿は見えません。どこかに消えてしまったようです。
 甲板に出てみると、巨大なモンスター「深淵に潜む者」が襲いかかってきました(上右画面参照)。攻撃を一発でも喰らうと瀕死の状態に。ここはいわゆる「負けイベント」ですが、モンスターにダメージを与え続けると倒すこともできます。『デモンズソウル』の冒頭で出てきた初見殺しのボスキャラ「拡散の尖兵」を彷彿とさせますね。

 このあと主人公は見知らぬ島に漂着します。この不気味で恐ろしげな島が『Salt and Sanctuary』の冒険の舞台です。岸辺で出会う最初のNPCと会話をすると、主人公が信仰している宗教が決まります。宗教は全部で7つあり、宗教によってプレイ中に得られる「特典」が異なります。

レベルアップ  首吊り死体

■ 潮干狩りの夜がはじまる
 「塩と聖域」というタイトルの日本語訳から分かるように、『Salt and Sanctuary』では、塩が重要なモチーフになっています。敵を倒して得られるものは、お金、そしてお塩。なんと“塩”がこのゲームの経験値なのです。「ソウル」ならぬ「ソルト」というわけですね。ソルトを貯めて祭壇で祈ると、キャラクターはレベルアップします。

 ステージの道中で死ぬと、持っているすべてのソルトをドロップ。ドロップしたソルトを回収する前にまた死んでしまうと、ドロップしたソルトは永遠に失われてしまいます。
 とにかく初見プレイの際は頻繁に死ぬゲームなので、レベルアップできる分のソルトが貯まったら、こまめに祭壇に戻ってレベルアップしておきましょう。特にボス戦の前はソルトを消費しておくと、後腐れがなくて戦いやすいです。

 戦闘システムも『ダークソウル』シリーズとよく似ています。重い武器を振ったり、盾で敵の攻撃を防いだり、ローリング回避をするとスタミナを消費するため、常に残りスタミナ量を確認しながら、緩急をつけて戦う必要があります。敵の攻撃をタイミングよくパリィで弾くと、カウンターの致命攻撃を入れることができます。
 また、攻撃(小)→攻撃(大)の連続攻撃で特殊コンボが発生します。このコンボがとても爽快で、ザコ敵はこれで吹っ飛ばしていました。

 装備品にはすべて重量があり、防御力が高い重装備の防具を着込むと、移動速度やローリング速度が低下します。プレイヤーの多くは動きが軽快になる軽装備の防具を好むと思いますが、ボスキャラによっては「ガン盾戦法」が非常に有効です。
 私は「嵐の城」にいるボスキャラ「クラウケン・ドラゴン」に苦戦しましたが、ヒット&アウェイ戦法をやめて、炎耐性が高い盾に持ち替えて敵が吐いてくる炎を防ぎながら戦ってみると、楽に倒すことができました。
 『ダークソウル』シリーズの場合、「ガン盾戦法」はジリ貧になるというイメージがあったので、「こういうオーソドックスな戦い方もありなのか!」と目から鱗が落ちましたよ。

 ゲームを進めていくと、NPCたちから「焼き印」や「烙印」を授かります。これで壁キックジャンプや空中スライドジャンプが可能になり、いままで行くことができなかった場所へ行けるようになります。
 メトロイドヴァニア系ゲームの何が楽しいかと言えば、新しい能力を獲得するたびに行動範囲が広がっていくところなんですよね。制作者はよく分かっているなぁ。インディーゲームながら、じっくりと腰を据えて遊べる良質なゲームでした。

腐食の晩餐会場  水被りの騎士

にほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2017/06/02 22:00 ] ゲームレビュー Steam | TB(0) | CM(0)

Axiom Verge (PC)

タイトル画面  謎の声

■ メトロイドヴァニアは滅びぬ! 何度でも蘇るさ!
 今回レビューするソフトは、ゲームプログラマーのTom Happ氏が5年の歳月をかけ、たった一人で開発したゲーム『Axiom Verge(アクシオム・ヴァージ)』。任天堂の『メトロイド』シリーズをオマージュした、探索型の2Dアクションゲームです。
 「メトロイドヴァニア」系のインディーゲームはたくさんありますが、『Axiom Verge』はその中でトップに君臨する作品です。実際にプレイしてみて出来の良さに感心しました。操作性は快適だし、ドット絵・BGMはハイクオリティ。このゲームを一人で作ったなんて信じられませんよ。

 『メトロイド』シリーズのファンとしては、『スーパーメトロイド』(SFC)を進化させた探索型の『Newメトロイド』を作って欲しいと思っています。しかし任天堂はなかなか重い腰を上げてくれません。Wiiで発売された『メトロイド アザーM』は探索要素が少なく、期待していたファンの間では不評でした。「顧客が本当に必要だったもの」はコレジャナイんです。

 『メトロイド』ファンに追い打ちをかけたのが、3DSの『メトロイドプライム フェデレーションフォース』ですよ。E3 2015の出展映像を見た海外のゲームファンは、ショックのあまり「Metroid f**kin' soccer(sucker)!!!!!!」と絶叫。その動画を見たときは声を出して笑いました。
 あの“サッカーもどき”はゲーム内のトレーニングモードに過ぎないのに、ゲームのメイン要素と誤解させるトレイラーを作るのが悪い(笑)。3頭身のデフォルメキャラクターも、正直な感想を言うと『メトロイド』の世界観にはそぐわないと思いました。

 「メトロイドヴァニア」系のゲームが大好物だというゲームファンにオススメなのが、この『Axiom Verge』です。初代『メトロイド』、『メトロイドII』、『スーパーメトロイド』の面白さを再現した「メトロイドクローン」作品ですから、楽しめること間違いなしです。大手のゲーム会社がほとんど作らなくなった「メトロイドヴァニア」を、こうやって提供してくれるのは嬉しい限りです。
 海外ではPS4版、PS Vita版、Xbox One版、Wii U版と、複数のコンシューマー機で遊べるみたいですね。日本に住んでいる人はSteam版が買いやすいと思います。

トレース  アイテム発見

■ ハードSFの世界観がグッド
 『Axiom Verge』の主人公は、何かの研究所で働いていたトレース。ある日トレースは、研究所の爆発事故に巻き込まれ、気を失ってしまいます。「…目を覚まして、トレース…」という呼び声で意識を回復したトレース。そこは異世界にあるタマゴ割り機のような回復装置の上でした。
 謎の声の主に誘導されたトレースは、「アクシオムディスラプター」というハイテク銃を手に入れます。ここはどこなのか全く分からないまま、トレース=プレイヤーは不気味なダンジョンの中を探索することになります。

 ゲームの目的は、アリの巣のように広がったダンジョンを攻略し、未知のアイテムを集めてキャラクターを強くし、ダンジョンの各所にいるボスキャラを倒すことです。新しいアイテムを入手することで行動範囲が広がり、先のステージに進めるようになります。「メトロイドヴァニア」ではおなじみのゲーム構成ですね。
 『メトロイド』でいうところの「ボム」の役割を持ったアイテムが、「レーザードリル」です。これで脆い岩を破壊して壁や床に穴を開けることができます。地形をバグらせる「アドレス攪乱機」や、遠隔操作できる「ドローン」もユニークなアイテムです。『メトロイド』そっくりにならないように、なるべく違いを出そうと努力しているのが伝わってきました。

 攻撃武器は全20種類と豊富。発射したあと着弾地点で破裂して周囲にダメージを与えるものや、炎で敵を焼き尽くす火炎放射器のようなものなど、様々なタイプの武器が用意してあります。状況に応じて有利な武器に切り替えるとクリアしやすいでしょう。

 ゲームスタート時点のトレースは体力が低く、油断しているとすぐにザコ敵の攻撃で死んでしまいます。死ぬと肉体が再生され、セーブルームから再スタート。画面左上の赤いバーが体力ゲージですが、ゲーム画面を見ていただけると分かるように、異常に短いと思いませんか?(笑) 雑にプレイしているとあっという間にセーブルーム送りになるので、序盤は慎重にプレイしましょう。最初のボスキャラ(下左画面参照)は、ゲーム序盤にしてはかなりタフで苦戦すると思います。

 エンディングまでの所要時間は、10時間ほど。アイテム獲得率を100%にしようとすると15時間くらいかかるかな? アイテムのいくつかは、「ドローン切り替え連続ジャンプ」のような上級テクニックが必要な場所に置いてあります。「ああ、あそこに隠しアイテムがあるな」とは何となく分かるものの、簡単には取れないもどかしさ。
 『スーパーメトロイド』で「連続ボムジャンプ」や「ブースト維持」がなかなかできない私は、100%クリアは難しいと感じました。下手すぎる自分が情けない。(´・ω・`)

 腕に自信がある人は、Steam版の追加要素であるスピードランモードで、クリアタイムを競ってみてはいかが?

ボス戦  エルセノヴァ

にほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2017/04/30 22:00 ] ゲームレビュー Steam | TB(0) | CM(0)

Dungeon Warfare (PC)

タイトル画面  マップ画面

■ ハハッ、見ろ!人がゴミのようだ!!
 『Dungeon Warfare(ダンジョン・ウォーフェア)』は挑戦的なタワーディフェンスゲームです。あなたはダンジョンを支配する悪魔の王。ダンジョンに侵入したクソザコナメクジの冒険者たちを、数々のトラップを駆使して木っ端微塵に粉砕してやりましょう!
 敵はモンスターではなく人間。このゲーム設定は実に刺激的です。愚かな人間どもが悲鳴を上げながら惨たらしく死んでいく様を見ると、……クックックッ、魔族の血が騒ぎますねえ。

 本作のルールは一般的なタワーディフェンスゲームとほぼ同じです。入り口からゴール地点に向かう敵の集団を、ダメージを与えるトラップを設置して撃退していきます。倒した敵はゴールド(お金)を落とすので、増えたゴールドでトラップを増設できます。
 ゴール地点のポータルに到達した敵1人ごとに画面右上のハートの数が1つ減り、ハートの数が0になるとゲームオーバー。最終Waveまで耐えるとステージクリアになります。まあ、この辺は特に解説する必要はないでしょう。

 ステージをクリアすると、クリア報酬+経験値に応じて「ジェム」を獲得。このジェムを使ってトラップを強化し、次のステージに備えます。設定画面でトラップを強化していないと、ゲーム中にトラップをレベルアップ(最高LV.4まで上昇)することができないので注意してください。
 ジェムを使うことで、ゲーム開始時点の所持ゴールドを増やしたり、ハートの数を増やすこともできます。

 トラップは「床に設置するタイプ」と「壁に設置するタイプ」の2種類があります。スパイク・トラップやグラインダー・トラップは前者、ダート・トラップやハープーン・トラップは後者です。複数のトラップの効果がうまくかみ合うように、地形を考慮して設置することが大事です。
 また通常のトラップ以外に、「消費トラップ」というものも使えます。敵が踏むと作動する「爆弾」や、壊れたバリケードを補修する「修理道具」など全8種類があります。ただし、消費トラップは1つだけしか選択できません。

 各ステージの難易度は、プレイヤー側で調整することが可能です。敵の体力をアップさせたり、敵の移動速度をアップさせる「ルーン」をゲーム開始前にセットすると、より難しくなります。難易度が上昇すれば、その分得られる経験値も上昇。
 ルーンは全部で12種類です。ジェムをたくさん稼ぎたいなら、ルーンを複数個セットした状態でのステージクリアに挑むといいでしょう。

設定画面  迷える貴族

■ 見せてあげよう、ライトニング・トラップの雷を!!
 『Dungeon Warfare』のセールスポイントは、敵の人数の多さ。最初は“小波”程度だった敵の軍勢が、Waveが進むにつれて“大波”に変わり、最後はビックカメラ有楽町店のプレイステーション3初売りの如く大量のお客さんが押し寄せます。まさに「物売るっていうレベルじゃねぇぞ!」といった勢いです。あの~、別に新年恒例の「福男」を選んでいるわけじゃないですよ。皆さん少し落ち着きませんか?

 農民のようなHPが低くて弱い敵は何人来ようが楽に倒せますが、騎士や重武装兵のようなHPが高くて強い敵が大量にやって来ると、「数の暴力」で押し切られてしまいます。
 こういう体力自慢の敵には、プッシュ・トラップやスプリング・トラップが効果的です。ステージにある落とし穴に突き落としてしまえば、どんなにHPが高くても一発でお陀仏。次々と奈落の底に落ちて行く愚かな人間どもを見ると、……クックックッ、魔族の血が沸騰しますねえ。

 魔族直伝のトラップを使えば、全ステージクリアは簡単、人類抹殺など朝飯前――そんなふうに考えていた時期が私にもありました。しかし、このゲームはラストステージ「ショーダウン」の直前、ステージ「山」で急激に難易度が上がります。
 ここは敵の大軍が3方向から侵入してきて、しかもプッシュ・トラップやスプリング・トラップを上手く使える場所が敵の進行ルート上にない……。はてさて困りましたねえ。

 クリアが難しいステージは、トラップのバリケードを使って軍勢の進行ルートを1本に絞りましょう。そして道が狭くなる地点に、死者の墳墓(LV.4)、呪詛・トラップ(LV.4)、凍結トラップ(LV.4)、スパイク・トラップ(LV.4)を集中的に設置。これで軍勢をせき止めることができます。さらに近くにソウル・ハーヴェスター(LV.4)を設置すれば、ゴールドをがっぽり稼げます。この「黄金パターン」でステージの9割方は攻略可能です。

 序盤のステージ「落石地帯」には、右上に赤線で囲まれた落とし穴があります。ここにスプリング・トラップを使って敵5体を誘導して落とすと、隠しステージの「捨てカジノ」がマップ画面左下に出現。「捨てカジノ」をクリアすると、隠しトラップの「スロット・マシン」がゲットできます。

 この「捨てカジノ」は現バージョンで最も難しいステージですが、スピン・ブレードトラップの手前にスプリング・トラップを敷き詰め、スピン・ブレードトラップを消費トラップの機械加速で回し続けると、完封勝利も容易です(下右画面参照)。凍結トラップで動きが鈍くなった敵の軍勢が、ゴミクズのように落とし穴に転落。クックックッ、愉快痛快とはこのことですよ。

 ところどころ日本語がおかしいのを気にしなければ、買い。

こだまする悲鳴  捨てカジノ

にほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2016/11/15 22:00 ] ゲームレビュー Steam | TB(0) | CM(0)

Banished (PC)

タイトル画面  森林地帯

■ 牧歌的な農村を作りたい人向けのゲーム
 独立系開発会社Shining Rock Softwareが手がけた村経営シミュレーションゲーム『Banished』。本作は未開拓の土地に入植した村人たちを動かし、中世ヨーロッパ風の農村を築き上げていくゲームです。
 ゲーム販売サイトSteamでは、現在のところ定価1980円で販売中です。もし購入するなら割引セールを待って、半額以下になっている時を狙いたいですね。まあ、たとえ定価で購入しても損はしない優良ゲームだと思いますが。

 ゲームシステム的には、『SimCity』よりも『Age of Empires』のようなRTS系ゲームに近いと思います。『Age of Empires』の内政部分を発展させたゲーム、という表現が正確でしょうか。ユニットである村人たちに指示を与えて、木や石などの資源を収集し、その集めた資源を使って施設を建設します。

 『Age of Empires』では町の人をマウスでクリックして直接的に指示を出しますが、『Banished』では村人(の人数)を各施設に割り当てることによって働かせる仕組みになっています。資源収集については、収集したい資源をマウスでドラッグして印を付けておくと、手が空いている労働者が資材置き場まで運んでくれます。

 難易度やマップの広さ、災害の有無などを設定したらゲームスタート。難易度がEASYだと最初から木の家が何軒が建っているので序盤が楽です。ゲームに慣れていない初心者は災害OFFで始めるのがいいでしょう。
 まずは木が多く生えている森林地帯に「山菜採りの小屋」、「狩猟小屋」、「木こりの小屋」を建てるのが基本です。山菜、きのこ、野いちご、鹿肉などの食料を確保し、服の材料となる鹿の皮、そして寒い冬に暖を取るための薪の材料となる木材を集めます。
 見栄えが良い農場や牧場を早く作りたくなりますが、それは村人の生活が安定した後で開始した方が上手くいきます。なぜなら作物の種子や家畜を手に入れるためには、運搬船を使って交易をする必要があるからです。

 村人は家族単位で家に住み、夫婦になったカップルは出産可能な年齢の間に3、4人の子供を作ります。子供が成長して仕事が可能な年齢になると、自動的に人手が不足している施設で働き始めます(もちろんプレイヤーは村人の仕事を自由に変更することが可能です)。
 村に学校を建設している場合、子供は10歳から17歳の間学校に通います。学校で教育を受けると効率的な生産者になり、その後村の発展に寄与してくれます。
 食料が豊富で健康状態が良いと、村人はより長く生き続けます。村を拡大するために最も重要な点は、健康的で効率的な生産者をいかにして増やすのか、ということです。

教会  小麦畑

■ 村を襲う少子高齢化の恐怖
 『Banished』のゲームバランスは、見た目に反してシビアというか、運営のコツを知らない初心者だと、おそらくゲーム内で10年から15年が経過した時点で破綻してしまうでしょう。私が初めてプレイしたときは、薪の重要性を認識していなかったために、村人たちをバタバタと凍死させてしまいました。最後は村から人間が消滅(笑)。「済まぬ、済まぬ、村人たちよ……」

 気を取り直して2回目のプレイ。薪を十分に用意していたら村人を死なせることはないでしょう、と甘く見ていたら、子供の数がなかなか増えずに村全体が高齢化。最初に入植した村人たちが寿命でバタバタと死んでいき、村は廃村状態になりました(笑)。「グレートな難易度ですよ、こいつはァ……

 『Banished』は食料、燃料、衣服の需給バランスを保つことが難しいゲームです。需要が供給を上回る状態がしばらく続くと、村人たちの健康状態が悪化して死亡率が上昇します。人口を増やして村を拡大させることがこのゲームの目的ですが、その人口の増やし方にコツがいるのです。
 たとえば、子供の数が一気に増えたときは要注意。子供は大人になるまで生産活動ができないため、食料不足に陥りやすくなります。食料の備蓄が底を突くと村全体が飢餓状態に。こうなると立て直しは困難です。新しい家を建てて新しい家族を作るのもタイミングを見計らう必要があるのです。

 本作は初心者から中級者へステップアップするのに、少々時間がかかるゲームかもしれません。食料生産はできる限り増やすこと、そして薪も余分に生産して交易で食料品を買い込みましょう。『Banished』では食料が腐ることはないので、あればあるほど安心できます。このゲームでいちばん怖いことは、やっぱり食べ物が無くなることなんですよ。

 少人数で開発しているため仕方がないとは思いますが、バニラの状態だと施設の種類が少ないと感じました。村から町へ、村の規模だけではなく質も向上できたら、もっと面白いゲームになる可能性があります。
 スクリーンショットにある「風車」や「水車」は、MODで導入できる施設です。村のシンボルとなる建物を建てると、全体の雰囲気がグッと良くなりますねぇ。公式には日本語版はありませんが、日本語化できるMODも配信中です。ありがたや、ありがたや。

晩夏  初冬

にほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2016/08/07 22:00 ] ゲームレビュー Steam | TB(0) | CM(0)

Terraria (PC)

タイトル画面  海の家

■ すなブロックを なめると しにます。
 『Terraria(テラリア)』は、独立系開発会社のRe-Logicが開発したサンドボックス系アクションRPGです。ドット絵で描かれた広大な世界を探索し、装備品や建物の素材となるアイテムを集め、巨大なボスキャラクターを撃破するゲームです。
 PC版とCS版を合わせて、全世界で1200万本以上の売り上げを記録。現在でも売れ続けている大人気ソフトです。

 地下に眠っている鉱石や、モンスターがドロップするアイテムを組み合わせて、より強いアイテムを作成していく。そのアイテムを使って強いボスキャラを倒し、さらにアイテムの製錬を重ねていく。――ハック&スラッシュこそがRPGの本義であると考えているゲームファンなら、『Terraria』にハマること間違いなしです。

 『Terraria』は同じサンドボックス系ゲームの『Minecraft』に触発されて開発されたゲームです。『Minecraft』は3Dグラフィック、『Terraria』は2Dグラフィックであるため、一見すると『Terraria』が先に発売されたように思えますが、順序は逆ですね。
 『Minecraft』が建築重視のゲームであるのに対して、『Terraria』は戦闘重視のゲームである、と思います。プレイヤー自身が面白さを発見するゲームと、開発者が面白さを用意しているゲームの違いというのでしょうか、「ゲーム性が高い」という表現が後者のことを意味するのであれば、『Terraria』は『Minecraft』よりも取っつきやすいゲームと言えるでしょう。

 『Terraria』の最終目標は、ver.1.3で追加されたラスボス「Moon Lord(ムーンロード)」を倒すことです。しかしキャラクターを強化してラスボスを倒すというのは、このゲームの楽しみ方の一つに過ぎません。
 ランダム生成されるワールドを隅々まで開拓してマップを完成する、膨大な数のアイテムを収集する、自分が理想とする住宅を建築する、等々、やり込み要素満載です。

 建築のことをいうと、極端な話、地形をすべて削って人工的なブロックでワールドを埋め尽くすことも可能です。キャラクターが活動する世界をプレイヤーが自由自在に構築できるのは、サンドボックス系ゲームならではの楽しみ方ですよね。
 水や溶岩が溜まっている地形の底を削って穴を開けると、そこから水や溶岩が低い方へ流れ始めます。個人的に『Terraria』の面白さはこの「流体表現」にあると思います。レトロゲームっぽいグラフィックをしていますが、システムは現代的というギャップが魅力なんですよ。

大きな木  ピラミッド

■ クトゥルフの目を覗くとき、クトゥルフの目もまたこちらを覗いているのだ。
 『Terraria』はSteamのPC版だけではなく、CS版も複数存在しています。2013年5月にスパイク・チュンソフトがPS3に移植。2014年にはPS Vitaに、2015年にはPS4にも移植されました。メモリ容量が重要なゲームであるため、家庭用ゲーム機で遊ぶならばPS4版を選択するのがベストだと思います。

 コントローラーで操作するCS版は戦闘がやりやすく、キーボードとマウスで操作するPC版は建築とアイテム整理がやりやすいと思います。巨大な建造物を作って遊びたい人は、PC版一択ですね。
 PC版とCS版はアイテムやモンスターの種類が微妙に異なっています。CS版にしか存在しないアイテムがあったり、CS版オリジナルのボスキャラもいるので、両方遊んでも損はしないですよ。

 ゲームを進めていくと、アイテムを売買してくれるNPCが次々とワールドに登場します。拠点となる建物を建てるか否かはプレイヤーの自由ですが、基本的にはNPCを収容できる部屋を備えた建物は作るべきです。
 ブロックで囲まれたある程度の広さの領域、隙間のない背景の壁、光源、机と椅子があると、NPCが滞在できる「部屋」と自動認識されます。

 建物は縦または横に長い「豆腐マンション」でまったく構いません。要塞のような堅固な建物を造ったところで、モンスターの襲撃からNPCを守ることができないからです。
 モンスター軍団が襲来したときはすぐに拠点から離れないと、NPCが次々と殺される大惨事になります(笑)。ワープする敵、壁をすり抜ける敵、壁を貫通する魔法弾を撃ってくる敵がたくさんいて、壁が壁の役割を果たしていないんですよ。『Terraria』に「タワーディフェンス」の要素があれば、もっと面白いゲームになったかも。まあ、これは贅沢な要求だとは思いますが。

 BGMやSEは非常に優秀ですね。土や石を削るときの音、ザコモンスターがグシャッと潰れる音が心地良いです。同じ作業を続けていてもそれほど苦にならないのは、BGMとSEの効果だと思います。夜になると流れるBGMを聞くと気分が落ち着きますね。

 『Terraria』は現在「ハロウィンイベント」が開催中です。10月20日~11月10日の期間、モンスターが低確率で「goodie bag(おもちゃ袋)」をドロップします。珍しい衣装が欲しい人は、この機会に狙ってみるといいでしょう。
 そして12月後半には「クリスマスイベント」が開催されます。自分のワールドにサンタクロースがやって来るなんて、夢があるよね?

地下世界  クトゥルフの目

にほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2015/10/30 22:00 ] ゲームレビュー Steam | TB(0) | CM(0)

FEZ (PC)

タイトル画面  ゴメズ

■ 魔の四角を見たんだ!
 PCゲーム販売サイト「Steam」では、『Terraria』や『Magicite』など、「ドット絵」という一昔前の表現方法を使いながら、現代のゲームファンでも十分楽しめるハイセンスな作品を購入できます。本作『FEZ(フェズ)』はその中でも特に評価が高いゲームです。2012年4月にXbox Live Arcadeで配信が開始され、その後PS ストアでもリリースされました。
 昨年、夏の一時期に、PS Plus会員向けのフリープレイソフトとして(実質的に無料で)配信されたので、ダウンロードした人も多いのではないでしょうか。

 スクリーンショットを一目見て、「よくありがちなジャンプアクションゲームかな?」と早合点してはいけません。『FEZ』は「2.5次元パズル」という斬新なアイディアを盛り込んだ人気作品なのです。もし『FEZ』がファミコンのゲームであったなら――もちろんファミコンの性能では表現不可能な内容ですが――大絶賛されていたことでしょう。

 主人公のゴメズくんは、X軸とY軸しかない2次元世界の浮遊島に住む住人です。香川県のゆるキャラ「うどん脳」のような真っ白な体をしています(上右画面参照)。お餅みたいで非常に可愛らしいキャラクターです。
 あるとき彼は、謎の「黄金六面体」に導かれ、フェズ(赤いトルコ帽子のこと)を授かります。フェズを身につけたゴメズくんは、世界を90度ずつ回転する能力、つまりZ軸を加えた3次元世界を垣間見る能力を得ます。

 くるりと世界を回転させて物体の角度を変えてみるとあら不思議、回転前の2次元世界では見えなかったものが、回転後の2次元世界に出現します。真横から見た2次元世界の形を変え、奥行きがある3次元世界では繋がっていない足場やハシゴを、2次元世界では繋がっているように合わせます。こうやって進路を切り開くのです。
 本作のルールを文章で説明するのは難しいですが、マウリッツ・エッシャーの有名な騙し絵「滝」をイメージすれば判りやすいと思います。同種の錯視パズルゲームには、『無限回廊』や『Monument Valley』などがありますね。

 錯視パズルのアイディアはもちろんのこと、アート性を追求した幻想的なグラフィックと神秘的なBGMには感動すら覚えました。この『FEZ』の世界を体験することの心地良さを、ぜひ他の人にも味わって欲しいものです。

助けが必要  宝箱

■ アンチキューブ発見は上級者への課題
 ゲームの目的は、世界に散らばった黄金六面体のかけらを集めること。金色のキューブと青色のアンチキューブがそれぞれ32個あり、2種類のキューブをすべて集めると4×4×4=64の正六面体キューブが完成します。金色のキューブはさらに小さな8個に分裂しているものもあります。小さなかけらを8個集めると自動的に金色のキューブ1個に変化します。『ゼルダの伝説』でハートのかけらを4つ集めると、ハートの器1つになるのと同じ仕組みです。

 『FEZ』はジャンプとステージ回転を基本操作とする純粋なパズルゲームです。主人公のゴメズくんを攻撃したり追いかけてくる敵キャラはいないため、じっくりとステージ攻略に取り組むことができます。PC用コントローラーを使用する場合、L・Rボタンでステージを回転させます。
 ジャンプに失敗して下に落ちてしまった場合、落ちる直前の足場に復活します。リトライが容易でストレスを感じることはほとんどありませんでした。

 金色のキューブは比較的楽に発見することができますが、青色のアンチキューブは文字解読や数字解読を行わないと発見できないものがたくさんあります。石碑に書いてあることを解読して、その通りに操作(「コナミコマンド」のような特殊なキー入力)を行うとキューブが出てくるのです。
 この部分が『FEZ』の欠点というか、面倒臭いなと感じさせる要因なんですよね。錯視パズルオンリーではないんですよ、このゲームは。美術の時間にゆったりと油絵を描いていたら、いきなり「数学の問題を解け」と言われるようなもので、これは自力で100%クリアを目指さなくてもいいかな、と途中で投げてしまいました。

 64個のキューブのうち、半分の32個を集めると、エンディングへの扉を開けることができます。青色のアンチキューブ収集は、やり込み派向けのおまけ要素みたいなものですね。
 一度エンディングを見て、「新しいゲーム+」からゲームを再開すると、今度は冒頭で「サングラス」を授かります。するとコントローラーの左アナログスティックを押し込むことで、周囲を3Dで観察できるようになるのです。今まで見ることができなかった床などを調べてみると、謎を解くヒントが書かれていたり・・・・・・(笑)。いやー、さすがにこの高難易度では、ライトユーザーには厳しい。

 完全クリアは攻略サイトに頼ることにして、とりあえず集められるキューブだけを集めてエンディングを見てみましょう。それだけでも十分満足が得られる作品だと思いますよ。

キューブ  扉

にほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2015/07/11 22:00 ] ゲームレビュー Steam | TB(0) | CM(0)
プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ