ゲーム風呂

ゲームレビュー&ゲーム動画のブログ
ゲーム風呂 TOP  >  Wii U

ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド (Wii U)

タイトル画面
・機種Wii U
・メーカー任天堂
・ジャンルアドベンチャー
・発売日2017年3月3日
・価格6,980円



■ ゼルダの伝説を超えるのは、ゼルダの伝説だけ!
 任天堂の新型ゲームNintendo Switchのロンチタイトルであり、旧型ゲーム機Wii Uの最後のソフトになった『ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド』(以下『BotW』)。
 ゲームファンのみなさん、楽しんでプレイしているでしょうか? 「凄い!」の一言で表現するのは簡単ですが、私はそれ以外に上手い言葉が浮かんできません。いやはや、久しぶりに凄いゲームに出会いましたよ。

 本来なら性能が高いNintendo Switch版の『BotW』をレビューすべきだと思いますが、Wii Uのラストを飾るという意味で、Wii U版の『BotW』を選びました(本作がWii U最後のソフトになるというのは、NOAのレジー氏の発言がソースであり、これ以降に発売される作品がまだあるかもしれません)。
 う~ん、それにしても、Wii Uは予想以上に短命なゲーム機でしたね……。私自身は『スーパーマリオメーカー』1本だけでも十分元が取れるハードだと認めていますけど、海外では『GTA』、『CoD』、『FIFA』などの有力タイトルが移植されないと、ハード事業は軌道に乗らないんですよ。あれ?Wii Uの初期ソフトには『CoD』と『FIFA』があったのに、おっかしいなぁ(すっとぼけ)。

 私が購入したのはディスク版の『BotW』です。現物に拘らないユーザーの人は、ダウンロード版を選んだ方がいいと思います。ディスク版はデータ読み込み時のディスクドライブ音が大きくて、本体が壊れないか不安になります。

 ゲームの進行状況はまだまだ序盤の段階です。上からラネール地方、ハテール地方、フィローネ地方のマップをオープンにして、水の神獣「ヴァ・ルッタ」のイベントをやっと終えたところです。解放したマップはワールド全体の4分の1程度で、まったく底が見えてきませんね。まだ行っていない山や谷や森がたくさんあり、すべてを観光するだけでも長い時間がかかりそうです。

 プロデューサーの青沼氏は、広大なフィールドを冒険する本作のコンセプトを、「オープンエアー」と呼んでいます。頭の固い私は、「わざわざ新しい用語を作らなくても、従来の“オープルワールド”でええやん。何か問題でもあるの?」と考えていました。
 しかし本作の肝である「パラセール(小型ハンググライダー)」を手に入れて、「始まりの台地」から外の世界へ飛び出すと、「ああ、なるほど。“エアー”とはそういう意味だったのか!」と、池上彰のニュース番組のように理解しました。

 空中を縦横無尽に滑空するときに感じる「風の流れ」は、今までのオープンワールド系ゲームでは味わうことができなかった新しい体験でした。遠くを見渡せる高台から飛び立ち、鳥のように地上へふわりと舞い降りる気持ち良さは格別です。

 本作の主人公リンクは、木や崖を(スタミナの許す限り)自由に登ることができます。雨が降ると手が滑りやすくなるのも実にリアル。『BotW』のように“ロッククライミング”の面白さと難しさを再現したオープンワールド系のゲームは、ほとんど例がなかったのではないでしょうか。

焚き火  女神像

■ アップデートで「収納庫」を追加してほしい
 『BotW』の総評を述べると、細かな不満点はいくつかあるものの、全体的な完成度という面から見て『スカイリム』を超えた「神ゲー」だと感じました。『BotW』と肩を並べるオープンワールド系の作品は、現時点では『ウィッチャー3』を含めて2本くらいしかないですね。まだ最後までクリアしていませんが、本作が『ゼルダの伝説』シリーズの最高傑作であるという判断は変わらないと思います。おそらく100人中98人は私と同意見でしょう。

 「今日はハテノ村から少し離れたこの森一帯を探索しよう!」とプレイを開始して、キノコや野草を採取して、シカやイノシシを狩って、コログ(森の精霊)がいるか探し回って、ライティングに凝った写真を撮っていると、あっという間に1時間が経過しているという恐ろしさw  「ハイラルの森は生きているんだなぁ~」(C・W・ニコル並感)

 公正を期すため、細かな不満点も少し書いておきましょうか。
その1 ユニーク武器を保存しておく収納庫がない
 ワールドマップの東に位置するハテノ村では、3000ルピーを支払うことで自宅を購入することができます。しかしそこには装備品をストックしておく「収納庫」がありません。「飾り棚」を追加で買うことはできますが、武器・弓・盾それぞれ3つまでで、倉庫と呼べるものではないです。
 イベントでもらったユニーク武器や魔力が秘められた属性武器は、いざという時まで保存しておきたい、と考えるのは人間の性です。自宅の階段下の空いたスペースに、アップデートで収納庫を追加していただけると有り難いのですが。

その2 自由なキーコンフィグができない
 コントローラーのキー設定は、Rが武器投げ、ZRが弓構え、Lがアイテム使用、ZLが盾構えになっています。このキー設定だと、激しい戦闘中に誤爆しやすいんですよ(弓矢で敵を狙おうとして、武器を投げるモーションになったり、盾を構えようとして、アイテム発動モーションになったり)。
 オプションではジャンプ(Xボタン)とダッシュ(Bボタン)を入れ替えることしかできない(他にできることはカメラ操作の変更)ので慣れるまで大変ですね。というか、このキー設定は本当にベストなのかな?

その3 大規模なダンジョンが少ない
 本作で「大型ダンジョン」と言えるものは、四体の神獣(の体内)とハイラル城だけというのは寂しいですね。ミニパズルの祠が120個あるよりも、神殿のような本格的なダンジョンが10個くらいあった方が、ユーザーの満足度は高かったと思います。

その4 ジャイロ機能を用いた一部の仕掛け・ギミックがク○ゲー
 こんな じゃいろに まじに なっちゃって どうするの 完

 さてさて、一ユーザーのしょうもない愚痴を書き連ねてしまいましたが、『BotW』は今年の夏と冬の2回に分けて、ダウンロードコンテンツが配信される予定です。つまりフリーザ様のようにパワーアップする「変身」をあと2回も残しているのです。
 国民よ待て!不満を期待に変えて、待てよ!国民よ!

始まりの塔  ハイラル王

にほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2017/03/15 22:00 ] ゲームレビュー Wii U | TB(0) | CM(0)

スーパーマリオメーカー (Wii U)

タイトル画面
・機種Wii U
・メーカー任天堂
・ジャンルアクション
・発売日2015年9月10日
・価格5,700円



■ マリオメーカー職人の朝は早い。
 起床時刻は午前4時30分。今のような寒い季節だと外はまだ暗い。玄関のポストに朝刊が投函された音がする。さっそく職人は枕元に置いたアイディアノートを開く。夢で見たイメージを忘れないうちに書き写さなければならない。

 みんなをアッと驚かせたいなら、誰も見たことがないようなギミックが必要だ。しかし発売から5ヶ月経過して、まだ発見されていない新規ギミックを探すのは難しくなっている。ジャンプ台、砲台、Pスイッチ、ドッスン、ベルトコンベアー床をいろいろと組み合わせて試してはいるが、なかなか上手くいかない。職人は焦燥感に苛まれる。自分はここで終わってしまう人間なのかと。

 丈夫な体を維持するために朝のジョギングは欠かさない。いいね欲はなく、決して怒らず、いつもしずえさんのように笑っている。朝食には茸のソテーと桃のフルーツを食べ、あらゆる情報を収集し、おすすめのコースをチェックする。
 東に新しいコースを投稿した職人あればコースをセーブして解析し、西に新しいギミックを考案した職人あれば自分のコースに応用する。
 南にコース作りを止めてしまった職人あれば無理に引き留めず、北に伸び悩んでいる職人あればそっとコースにいいねを押す。
 一人のときはアイディアを練り、サラサランドで汗を流し、みんなには「マリオフリーク」と呼ばれ、褒められもせず、嫉妬もされず、そういうマリオメーカー職人にわたしはなりたい。

 『スーパーマリオブラザーズ』のコースを自由に作成して、作ったコースを全世界に公開することができる夢のソフト、『スーパーマリオメーカー』(Wii U)が昨年の9月に発売されました。
 私はコースを作りたいというよりも投稿作品をプレイしたいという気持ちで購入しましたが、本作は予想以上に楽しいゲームでした。アイディア満載・ギミック満載の良コースが続々と投稿されていて、アクションゲーム好きにとっては堪らないソフトです。
 任天堂がいつまでこのゲームのサーバーを維持するかは分かりませんが、現状では遊びきれないほどの膨大な数のコースが存在しています。コースのジャンルは多種多様。コストパフォーマンスが良すぎるソフトですね。

 これまでのWii Uソフトはゲームパッドを十分に使いこなせていなかった――うん、それは認めましょう。不自然な形で操作の一部をゲームパッドにしてしまい、逆に煩わしさを感じるソフトもありました。『マリオメーカー』のようなクリエイティブ系のソフトが早い時期に発売されていたら、Wii Uはもっと盛り上がっていたと思います。

初代マリオスキン  マリオ3スキン

■ 私の(潜在)いいね数は530000です。
 『マリオメーカー』で使用できるスキン(ゲームスタイル)は、初代『スーパーマリオブラザーズ』(FC)、『スーパーマリオブラザーズ3』(FC)、『スーパーマリオワールド』(SFC)、『Newスーパーマリオブラザーズ U』(Wii U)の4つ。ファミコン時代の懐かしいグラフィックから最新作の綺麗なグラフィックまで、ユーザーは自由に選択できます。

 4つのスキンはコース作成中にいつでも変更可能です。たとえば『マリオ3』スキンでコースを作っている途中で『ワールド』スキンに変えたいと思ったとき、わざわざブロック配置をやり直す必要はありません。左上のスキンアイコンをタッチすれば一瞬で変更できます。地上、地下、水中といったシーンの種類も同じように簡単に変えられます。

 コースに配置できるパーツは4つのスキンでほぼ共通ですが、初代『マリオ』スキンで使える「キャラマリオキノコ」は、『マリオ3』スキンでは「葉っぱ」(しっぽマリオ)、『ワールド』スキンでは「羽」(マントマリオ)、『New』スキンでは「プロペラキノコ」(プロペラマリオ)に変わります。
 また、初代『マリオ』と『マリオ3』のスキンで使える「くつクリボー」は、『ワールド』と『New』のスキンに変えると「ヨッシー」に置き換わります。これ以外にも、スキン変更によって敵キャラの挙動が微妙に変化するため、ゲームを始めたばかりの人は注意が必要でしょう。特に全自動コースはスキンを変えると正常に作動しなくなる可能性が高いです。

 不満点としては、まず第一に――これは多くの職人さんが抱いていることだと思いますが――斜線や曲線の地形を作れない点が挙げられます。これらはバグが発生しやすくなるので実装されなかったのかもしれません。
 幅が狭いリフト床や、上に消えて下から出現するリフト床も作れないですね。土管で接続できるステージ画面はメインとサブの2つだけで、一つのコースに3種類以上のシーンを盛り込むことも現時点では不可能です。縦に長いコースもシステム的に無理です。

 公式コースを再現しようとすると、どこかで妥協しなければならない、これは凝り性の職人さんにとっては歯痒いことだと思います。『Newスーパーマリオブラザーズ Wii』や『Newスーパーマリオブラザーズ U』のコースを確認してみると、地形自体が上下左右に動いたり回転したりしているコースが多いんですよね。ああ~、こういう仕掛けたっぷりのコースを作ることができたら・・・・・・

 もし大型アップデートで『スーパーマリオUSA』スキン&システムが追加されたら、ユーザーの不満も吹き飛ぶと思いますけど、・・・・・・やっぱり高望みなのかな?

マリオワールドスキン  マリオUスキン

にほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2016/02/08 22:00 ] ゲームレビュー Wii U | TB(0) | CM(0)

ドンキーコング トロピカルフリーズ (Wii U)

タイトル画面
・機種Wii U
・メーカー任天堂
・ジャンルアクション
・発売日2014年2月13日
・価格5,700円



■ ハードなアクションゲームがWii Uで再登場!
 Wii Uソフト『ドンキーコング トロピカルフリーズ』は、2014年2月に発売されたシリーズ最新作です。前作『ドンキーコング リターンズ』(Wii)が日本で発売されたのは2010年12月でしたから、正直なところ少し発売間隔が短いかなと感じました。
 Wii Uでは『Newスーパーマリオブラザーズ U』や『レイマン レジェンド』などの同種の横スクロール型アクションが先に発売されていましたからね。いくらトロ(横スクロール型アクション)が美味しいとはいえ、回転寿司でトロが乗った皿ばかり流れてきたら、さすがに飽きてしまいますよ。やっぱりイカやタコも食べたいじゃないですか。まあ、そのイカ(『スプラトゥーン』)は最近出ましたが(笑)。

 開発元のレトロスタジオは『ドンキーコング』の新作か『メトロイド』の新作のどちらを作るか迷ったそうですが、『リターンズ』ではやり残したことがあったという理由で前者が選ばれました。
 おそらくこれは表向きの理由であり、決め手はやはり売り上げ予想でしょうね。ファミリー向けの『ドンキーコング』とコアゲーマー向けの『メトロイド』を比べたら、経営陣が『リターンズ』の続編を選ぶのは仕方がないと思います。『Newメトロイド』はまた別の機会にお預けですな。

 今回の敵は、ドンキーコングアイランドを氷漬けにした謎のバイキング軍団。冒頭のムービーで、コングファミリーの面々は遠くの別の島(マングローブアイランド)まで飛ばされてしまいます。奪われてしまった安住の地を取り戻すため、ドンキーコングとその仲間たちが一致団結するというストーリーです。
 ん?『Newスーパーマリオブラザーズ U』のストーリー展開と酷似しているような気が・・・・・。これではユーザーに「マリオとドンキーで目的がダブってしまった。なるほど・・・Wii Uは『スーパーマリオ』で十分なんだな」と思われてしまいますよ。

 前作『リターンズ』は相棒ディディーコングとの二人旅でした。本作は操作キャラクターにディクシーコングとクランキーコングが追加されました。ドンキーの背中にディクシーが乗ると、ジャンプ終了時にふわっと浮き上がることが可能になります。また、ドンキーの背中にクランキーが乗ると、ダメージ床無効の「ホッピングジャンプ」を使用できます。
 新キャラを操作してみた感想を言うと、ディクシーはディディーの「上位互換キャラ」ですね。実質2段ジャンプができるというのは、アクションゲームでは大きなアドバンテージになります。彼女の能力が優秀すぎて、「もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな?」と思ってしまいました(笑)。

コングファミリー  マップ画面

■ ドンキーの髪の毛一本そよぐだけで面白い
 操作方法は「Wiiリモコンのみ(横持ち)」、「Wiiリモコン+ヌンチャク」、「Wii Uゲームパッド」、「Wii U PROコントローラー」の4種類から選択できます。PROコン対応は嬉しいですね。ゲームパッドを使う場合は、ゲームパッドの画面単独で遊ぶこともできます。

 Wii UのHD画質になったことで、グラフィックの水準は『リターンズ』よりも1ランクアップ。ドンキーのふさふさな毛並みを堪能できます。
 祖父のクランキーを背負ったとき、ドンキーはこう思いました。「じいちゃん、病気になってから痩せたな・・・・・・。こんなに体が縮んじゃって・・・・・・」
 ドンキーの瞳にきらりと光る一粒の涙。瞳からこぼれた涙は体毛を濡らし、南国の柔らかな風によって霧になり、マングローブを潤す息吹となります。高性能マシンWii Uならではの微細なグラフィック表現です(誇張)。

 『リターンズ』との違いで目を引く事項は、「水中ステージ」の存在です。陸上と水中はシームレスで繋がっていて、水たまりに“ウホウホザブーン”と飛び込むとドンキーは優雅に泳ぎ始めます。トルネード泳法を使うと魚雷のように水中を驀進! これは気持ちええー。
 水たまりに落ちるとミスになるという先入観は捨てて、積極的に水中を探索しましょう。特にゴール前の行き止まりには注意。水中にパズルピースを隠している場所もありますよ。

 残念ながら、ワールド数は全6ワールドに減少(『リターンズ』は全8ワールド。『リターンズ3D』は全9ワールド)。それに伴い、総ステージ数も減ってしまいました。各ステージはギミックが作り込まれているため、ボリュームの単純比較はできませんが、小麦などの原材料が高騰してお菓子の内容量が減った、みたいな寂しさを感じました。HD画質になると開発費もこれまで以上に掛かりますからねぇ・・・・・・
 んー、でも第1作目の『スーパードンキーコング』(SFC)も全6ワールドでしたよね。ステージ数が減ったんじゃない、これは「原点回帰」なんですよ、たぶん。

 『トロピカルフリーズ』そのものは間違いなく良作ゲームですが、『リターンズ』と『リターンズ3D』を先に楽しんだ人は、「驚きが少ない」「予定調和的だ」と感じるかもしれませんね。『ドンキーコング』シリーズはしばらく充電期間が必要ではないでしょうか。

ぶらさがりドンキー  ファンキーコング

にほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2015/07/21 22:00 ] ゲームレビュー Wii U | TB(0) | CM(0)

ファミコンリミックス1+2 (Wii U)

タイトル画面
・機種Wii U
・メーカー任天堂
・ジャンルバラエティ
・発売日2014年4月24日
・価格2,858円



■ ファミコンソフトを楽しくアレンジ!
 4月24日に発売されたWii Uソフトの『ファミコンリミックス1+2』。Wii Uのダウンロードソフト『ファミコンリミックス』と『ファミコンリミックス2』をセットにしたパッケージソフトです。タイトルに「ファミコン」という文字が付いているなら、コレクターとしては買わざるを得ませんね。
 バンナムは以前、『ぼくらのテレビゲーム検定 ピコッと!うでだめし』というDSソフトを発売していました。『ファミコンリミックス』はその任天堂版のような作品です。簡単に言うと、任天堂が過去に発売したファミコンソフトをアレンジしたミニゲーム集です。コンセプトとしては『メイド・イン・ワリオ』に近いと感じました。

 ファミコンに対して特別な感情を持っていない若い世代、特に〈PSワールド〉の住人は歯牙にも掛けないソフトであることは重々承知しております。私の目から見ても、コンピュータゲームの表現力が劇的に進歩した2014年の今になって、レトロゲームをWii Uユーザーに遊ばせるというのは、懐古趣味に走りすぎている感があります。

1.「これ、携帯ゲーム機の3DSで出すべきソフトだよねw」
 ごもっとも、ごもっとも。しかし、開発スタッフのインタビュー記事によると、細かい部分の表現(リミックスver.の「影」など)に据え置き機のマシンパワーが必要だったようです。性能以外の面でも、解像度や操作性を考えると、やはりWii Uで出したのは正解だったと思いますよ。
 それに、昔テレビ画面で遊んだファミコンソフトのリミックスですから、テレビ画面で遊べるWii Uで出すのは至極当然のことなのです。

2.「いまさらスマホゲー以下のファミコンのミニゲームなんてww」
 ごもっとも、ごもっとも。しかし、「ミニゲーム=つまらない」と脊髄反射的に決めつけるのは早計だと思います。実際にプレイしてみると、良ファミコンソフトの名シーンをいいとこ取りしていて、予想以上にハマりました。
 このソフトのキモは、ミーバースと連動しているところです。他のプレイヤーが出した好記録の動画をチェックして、自分のプレイの参考にすることができます。上達すると自然と記録を更新したくなるんですよね。

3.「元のファミコンソフトは収録されてないの? 容量的に余裕で入るだろwww」
 ごもっとも。ごもっとも。しかし、VCで単品ソフトを514円で販売していますし、この価格ですべてのソフトを入れると整合性が取れなくなります。いや、任天堂自身はファミコンソフトのVCがバカ売れするとか、VCでガッポリ儲けようなんてこれっぽっちも考えていないと思いますよ。あの514円という価格設定には3つほど理由があって・・・・・・(以下省略)。

リミックス その1  リミックス その2

■ ミーバースで答え合わせ
 第1弾『ファミコンリミックス』の収録タイトルは、『スーパーマリオブラザーズ』、『ゼルダの伝説』、『ドンキーコング』、『マリオブラザーズ』、『バルーンファイト』、『エキサイトバイク』、『アイスクライマー』、『ゴルフ』、『クルクルランド』、『レッキングクルー』、『ドンキーコングJR.』、『ピンボール』、『ドンキーコング3』、『ベースボール』、『アーバンチャンピオン』、『テニス』の計16本。

 第2弾の『ファミコンリミックス2』の収録タイトルは、『スーパーマリオブラザーズ2』、『メイトロイド』、『光神話 パルテナの鏡』、『リンクの冒険』、『パンチアウト』、『アイスホッケー』、『スーパーマリオブラザーズ3』、『ドクターマリオ』、『マリオオープンゴルフ』、『スーパーマリオUSA』、『星のカービィ 夢の泉の物語』、『ワリオの森』の計12本です。
 『ファミコンリミックス2』には、おまけとして『スーパーマリオブラザーズ』を左右反転させた『スーパールイージブラザーズ』も収録されています。

 本作には各ソフトの名シーンを厳選した「ファミコンステージ」と、新要素をプラスした「リミックスステージ」の2種類が用意してあります。リミックスステージでは、ゲームの垣根を越えた共演(リンクが『ドンキーコング』のステージに挑戦するお題など)を楽しむことができます。

 クリアしたときのタイム・状況によって、クリア結果が「☆1つ」「☆2つ」「☆3つ」、そして3つの☆が虹色に輝く「レインボースター」の4段階で評価されます。
 評価基準はゲーム内には明記されていません。大きなロスをしないでクリアすれば☆3つ、さらにスムーズにクリアすればレインボースター、というのが大体の目安となります。

 『ファミコンリミックス1+2』は、単純にお題をクリアするミニゲームではなく、実は最適解を見つけるパズルなんです。たとえば、『ゼルダの伝説』の「ルピーをためてアイテムを買おう!」というお題。ここでは敵を倒してルピーを稼ぐのではなく、爆弾を使って隠し洞窟へ行き、モリブリンからルピーを貰って買うのがエレガントな解法です(ミンナニ ナイショダヨ)。
 普通にやると手間取るお題を、どうやれば華麗に素早くクリアできるのか、その方法を探るゲームだと思います。つまり「ただのミニゲーム集」という先入観は間違っているんですよ。

 ミーバースに投稿された中で最も速い記録の動画が、そのお題の最適解になるという仕組みです。このあたりのミーバースの活用法は上手いなと感じました。

リミックス その3  リミックス その4

にほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2014/05/24 22:00 ] ゲームレビュー Wii U | TB(0) | CM(0)
プロフィール

udontaro

Author:udontaro
FC2ブログへようこそ!

ども、ブログ管理人のうどん太郎です。
主にレトロゲームのレビューと関連ゲーム動画の紹介をしています。

当ブログはリンクフリーです。

カテゴリ
Wii (4)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ